らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0803

塩島城 (北安曇郡白馬村北城)  

◆四ヵ庄平(しかじょうだいら)の北端を抑える要害城◆

先日、白馬村役場から電話があり三日市場城の原状回復の途中経過報告と協力要請があった。
宮坂武男センセも笹本教授にも来て貰いご教示を受けたとか・・。アマチュアの小生に何が協力出来るの??

詳細はまた追々とアップしますが、とりあえず下調べの為に破壊前の写真を持って現場確認に出掛けた。

まあね、覚悟はしていたけど、現場の悲惨な破壊の痕跡には絶句!(怒)

三日市場城20140802 (26)
破壊された三日市場城の北側の二重堀合流部分。沢へ落ちる竪堀も土砂と伐木で埋めてあり、観るも涙、語るも涙・・・

現場で3時間縄張図と写真とニラメッコ。ホントに元通りになるのかしら・・チョッと心配になった・・(汗)
まっ、出来る限りの事は協力させていただく覚悟です。


そんな訳で、せっかく白馬まで来たので、藪の少ない城無いかな~と思い・・・・あった、あった塩島城、まだ行ってなかったよ!(笑)

【立地】

四ヵ庄平(青木湖以北から姫川手前までの白馬村のある盆地一帯を指す)の北端で、松川と姫川が合流する左岸の小山に位置する。鬼無里街道(きなさかいどう)と千国街道(ちくにかいどう)の陸路が交わる交通の要衝で、低い小山ながら東と西を断崖で囲まれた要害の地である。

塩島城(白馬村) (2)
思わず通り過ぎてしまった入口の看板。駐車場が無いので適当に路駐するしかない。

城跡は白馬村が遊歩道として整備されたらしいが、所詮お役所仕事なのでその後の手入れはしてないようで荒れ放題。

塩島城(白馬村) (4)
城跡入口にある八幡社。ここから城跡を一周出来る遊歩道があるので、迷う事は無い。

【城主・城歴】

塩島村は室町期にその名が見え、安曇郡千国荘に属したと云う。
塩島城は、安曇地方を領有した名族仁科氏の家臣で塩島氏の居城と伝わる。弘治二年(1556)、塩島但馬守勝雄が城主の時に武田軍の山県昌景に攻められ落城、降伏して武田に降ったという。
一説によれば、その後塩島氏は謀叛の疑いをかけられ、正命寺において浴室で斬殺されたが、やがて疑いは晴れて弟の昌賢が塩島家を継承し再興を赦されたという。城に隣接する塩島氏の菩提寺である日光寺は、武田軍の城攻めの際に焼失したらしい。

塩島城見取図①


塩島城(白馬村) (9)
城域で最も低い城跡の北側。鬱蒼とした遊歩道は薄気味が悪い。

年にこの遊歩道を何人の方が訪れるのだろうか?

要望があって設置した訳でもなく、予算消化の為に作られた遊歩道や公園。長野県下にはそんな場所を多く見かける。

塩島城(白馬村) (10)
日光寺跡の北側を横堀㋐が貫通している。寺も防御施設と看做していたのであろう。

【城跡】

城域の背後を松川が流れ、南端をピークに北へ向けて低くなる台地形で、この地を要害として選ぶのは正しい判断であろう。しかしながら、兵士数の限られた土豪が守るにはいささか広すぎて、後詰めが見込めないのであれば籠城すら難しいと思われる。

塩島城(白馬村) (11)
日光寺跡の郭の東側の高台。物見櫓が置かれたのであろうか。

塩島城(白馬村) (14)
北側に対する防御を意識した堀切㋐。小山を貫通する厳重な横堀である。

横堀㋐から南側のピークへ向けて城の中心部が構成されている。小山全体が耕作化されたとも伝わるので、往時の遺構がどこまでなのかハッキリしないらしい。それにしても鬱蒼とした林は薄気味悪く、寒気がする・・(汗)

塩島城(白馬村) (17)
少し傾斜のかかった郭4.

塩島城(白馬村) (20)
南端の郭3.両サイドは松川への深い崖となっている。

主郭は52×18の長方形をしたピーク部分になり、西側は土塁付きの帯郭(郭2)が厳しい防御を敷いている。現地では郭2は空堀として表示されており、通路も兼用していたと見るべきかもしれない。

郭4の西側に隣接する郭5と6は、間に堀切が貫通していたものと推定され、耕地化に伴い埋められたようだ。

塩島城(白馬村) (22)
長方形の主郭。

塩島城(白馬村) (32)
空堀跡と表記されている郭2。武者溜まりのような構造でもあるが。

塩島城(白馬村) (39)
郭5に接続している堀切㋐。貫通していたと思われる。

塩島城(白馬村) (41)
郭6。このあたりに掘立建て物があったのだろうか。

塩島城(白馬村) (43)
郭6の端には三峯社。

塩島城(白馬村) (47)
武田軍の攻撃で焼失したという日光寺跡。武田さんも敵対する族のお寺を焼くのか好きな武将です・・(汗)

いかん、またツラツラと写真を並べてしまった・・・・・(笑)

どうもねえ、こういう場所は民家が近くにあっても気味が悪いので早く退散したい・・・・・(汗)

風呂に入っているところを斬殺されるなんぞ、源義朝さんみたいです。おいたわし・・・。

塩島城(白馬村) (48)
塩島城から見た「青鬼の城峯(あおにのじょうみね)」。晩秋に攻め込みたいと思っています。鬼はマストですもの(笑)



≪塩島城≫ (しおじまじょう)

標高:717m 比高55m 
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:北安曇郡白馬村北城
攻城日:2014年8月2日 
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要:-
駐車場:無し、適当に路駐。
見どころ:堀切、郭など
付近の城跡:中込城の山城、青鬼の城峯、西通山城、立の間浅間山城など
注意事項:特に無し
参考文献:「信州の山城と館⑦安曇野・木曾編」(2013年 宮坂武男著)

塩島城(白馬村) (49)
北側から見た塩島城遠景。




スポンサーサイト

Posted on 2014/08/03 Sun. 21:03 [edit]

CM: 12
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top