らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1025

蓮城 (飯山市蓮)  

◆黙して語らぬ境目の城◆

申し訳無いのですが、小生は郷土史研究家でもなければ、中世の城郭専門家でもありません。

「好きこそ、ものの上手なれ・・・」

戦国の城を巡り歩きながら、自分のふるさとの歴史に興味を持って頂く方を一人でも多く増やしたい。それだけの事です。

今回ご案内するのは、壮絶な争奪戦の舞台となった飯山口の蓮城(はちすじょう)。

蓮城(飯山市) (1)
北側から見た蓮城の全景。道路脇から適当に直登すればすぐに城域となる。


【立地】

すぐ脇を飯山線の走る千曲川の左岸で、飯山への南の入口に当たる独立した山の上に築かれている。ここからのロケーションは優れていて、千曲川沿いの城が全て見渡せる位置にある。南方2kmには甲越戦争において争奪戦が行われたであろう壁田城(へきだじょう)があり、上杉軍の飯山防衛のための拠点であった事が理解出来る場所だ。

蓮城見取図①
比高は50mほどの正三角形の小山だが、底辺に当たる南側は千曲川に面し、残り二辺は急傾斜という天然要害である。

中野市から北に位置する山城は、保存状態は良好なのであるが、豪雪地帯特有の地面と平行に育った灌木や常緑樹の椿の群生の支配下に置かれているので、写真写りは最悪になる。まるで小生の免許証の写真が凶悪犯と間違えそうなのと一緒であろうか・・・(笑)

蓮城(飯山市) (3)
道路脇から急斜面を適当に直登すると、傾斜が緩くなり上巾8mの堀切がお出迎えしてくれる。(東側に落ちる堀切)

蓮城(飯山市) (27)
西側に対しては結構な鋭角で竪掘になっている。

【城主・城歴】

長野県町村誌には「古城址」として記載はあるが、築城者や築城年月は不明としている。
飯山地方は高梨氏に従属していた土豪の泉氏の所領であり、飯山方面の防衛拠点として高梨氏により砦が築かれ、甲越紛争に際して上杉軍によって改修されたものであろう。

蓮城(飯山市) (8)
郭2と郭1の間には土塁があり、横堀の造作中に放棄されたような痕跡が残る。

蓮城(飯山市) (11)
蓮城の一番の見どころは主郭北側の切岸。藪が無ければさぞかし圧巻なのだが・・・。

永禄十一年(1568)七月、武田軍によ飯山城総攻撃が行われるが、肝心の飯山城は落とす事が出来ずに蓮城周辺までを制圧したという。その後、飯山口の武田軍の前進基地として機能していたと思われるが、飯山城が目と鼻の先にあるので壁田城を含めた攻城戦が繰り広げられたのであろうか。

蓮城(飯山市) (12)
垂直に近い切岸。この角度なら堀切など不要である。

蓮城(飯山市) (20)
もはや藪と笹が密集し何が出てくるかお楽しみの主郭1。

堀切一条の取るに足りない砦跡であるが、甲越戦争の緊迫感が伝わる。

甲軍にしても越軍にしても最前線に駆り出されたのは信濃の兵である。
被征服地での争いに自国の兵隊など投入するはずも無かった。

そんな現実を知ると、何とも言えない気分になる・・・・。
境目の城とはかくも悲しき定めの城なのであろうか・・・。

蓮城(飯山市) (32)
北側の急傾斜地。

≪蓮城≫ (はちすじょう)

標高:389m 比高:65m
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:飯山市蓮
攻城日:2014年5月11日 
お勧め度:★★★☆☆
城跡までの所要時間:5分 駐車場:付近の公民館借用。
見どころ:堀切、土塁、切岸など
注意事項:付近の方がいたら挨拶を。
参考文献:「信濃の山城と館⑧水内・高井編⑧ 2013年 宮坂武男著」

蓮城(飯山市) (33)
蓮城と共に飯山口の最前線だった岩井城。この城の詳細はそのうち・・。



Posted on 2014/10/25 Sat. 00:07 [edit]

CM: 4
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top