らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1104

閼伽流山城 (佐久市香坂)  

◆南北朝時代の香坂氏発祥の地に眠る山頂城◆

建武中興から南北朝時代にかけては、信濃の国も例外無く北朝側、南朝側に分かれた。
南朝方に与した佐久地方の武士団には、落合氏、志賀氏、そして香坂氏の名前が出てくるが、落合氏の活動拠点は善光寺平に移り、香坂氏は牧野島(信州新町)⇒伊那谷の大河原へと舞台を移している。

閼伽流山城(あかるさんじょう)が香坂氏の築城なのかは不明であるが、志賀氏の高棚城(たかだなじょう)とともに断崖絶壁上に築かれた古い形式の山城で、ベースは千早城や赤坂城などの峻険な山頂城だと伝わる。

閼伽流山城 (2)
閼伽流山城へは山麓の明泉寺から観音堂への参道が整備されていて、観音堂の手前を山頂へ分け入る。

【閼伽流山の由来】

フリガナが無ければ全く読めない地名だが、「あか」をPCやスマホで漢字変換するとこの難解な文字がイトも簡単に候補で表示されるのには驚く。(汗)
「閼伽」(あか)とは本来は仏教用語で仏前や墓前に供えられる水を指す言葉だという。

閼伽流山城 (3)
参道の7合目までは四駆の軽トラか軽のハコバンなら登れるかもしれない。歩いて楽しむのが良かろう。

明泉寺の入口の説明板には以下の記載があるが、地名の由来には全く触れていない・・(汗)

「平安朝の初期、天台宗慈覚大師が諸国を巡錫した頃、香坂一帯は湖だったという。その風光が比叡山から琵琶湖周辺の景色に似ていたので、この地に閼伽流山明泉寺を建立したと伝えられている。」

閼伽流山城 (5)
「何が楽しくてあんな山の上を目指すのか?」自問自答が始まる瞬間である・・・(笑)

【立地】

佐久市岩村田から東へ約5kmの場所に香坂集落がある。その北側に屏風のように岩肌を垂直に露出した閼伽流山があり、その山頂に砦がある。断崖の直下には明泉寺の千手観音堂があり、古来より霊山として信仰を集めている。
城跡は観音堂の手前から沢筋に岩壁の間の沢を登った場所にある。これが嘗ての大手道と伝わる。

閼伽流山城 (7)
7合目の歌碑。ここまでは軽自動車の四輪駆動なら上がれるが、麓から自然と対話しながら登るのが風流であろう。

閼伽流山城 (10)
観音堂の手前のカーブに城跡の標柱がある。

閼伽流山城 (11)
標柱はあってもその先に明確な登山道など何も無い。まっ、道無き登山などいつもの事なので気にしない・・(笑)

【城主・城歴】

信濃の中世の豪族である香坂氏発祥の地だとされる。

「文応年間(1260~1261)更級郡南内・北内の二牧を賜り、牧監として移住し、きたうちの牧ノ島に館した。高棟の父小太郎心覚は建武三年(1336)正月公家方に応じて牧城に義兵を挙げたが、守護司小笠原経義・村上信貞・高梨経頼等の鋭鋒を塞ぐ能わず、城を捨てて伊那郡大河原の山中に逃ぐ」(「信濃閼伽流山」)と伝えられているので、閼伽流山城も香坂氏の築いたものと考えられようか。
史料・文献等も無く不明である。

閼伽流山城 (13)
こんな「そそり立つ」岩壁の間を這うように沢を登って行く。

閼伽流山城 (14)
「止めときゃよかった・・・」人生とはいつも後悔の連続である・・・(笑)

閼伽流山城見取図①
単郭の逃げ込み城に近い古い形式の城のようだ。

【城跡】

水の手と思われる沢を適当に北に登り尾根に辿り着く。東側に「登り土塁」があり、その先に50m×13mの低い土塁が周回する楕円の郭が出現する。
切岸の下方に平削された腰郭が確認出来るが、途中で放棄されたような中途半端な作りである。作成途中で放棄されたようだ。

閼伽流山城 (22)
沢筋へ直線で落ちる竪土塁。

閼伽流山城 (28)
低い土塁の周回する本郭(北側)

閼伽流山城 (29)
大手に対する南側の土塁は北よりも若干高く盛土されている。

閼伽流山城 (34)
軍事施設というよりは避難施設と言うべき単純さ。

苦労して登って単郭一つである。「続・山城紀行」(2008年 中央プリント出版部)を執筆された清水長久氏はこの閼伽流山城の記事で、「遺構が少ない城跡びのうえに、辛苦の思いで荒れ果てた登路を往復することを思うと、山城探訪をする方々に推奨出来る山城ではなかった」と記述している。

果たしてそうであろうか?

古い形式の山城を知る事は、縄張りの変化を学ぶ上で貴重なのだと思う。武器や戦術の変化に対して、山城がどのように変化していったのかを教えてくれるのだから、堀切一本しかなくても、土塁しか無くても学ぶべきことはあると思うのだが、生意気な中年男の反抗期の戯言だろうか(笑)

閼伽流山城 (35)
南にあいている虎口。

閼伽流山城 (40)
北側の帯郭。割と丁寧に平削されているので驚いた。

主郭の鞍部を挟んだ東側には防塁のような土塁と平削地があると宮坂氏の縄張図に示されているが、それを南北朝時代の遺構と取るのか、近年の炭焼き窯の址と捉えるのかは判断が難しい。今回の掲載は割愛させて頂く事とする。

閼伽流山城 (68)
登り口の沢には水の手がある。

≪閼伽流山城≫ (あかるさんじょう)

標高:1008m 比高:260m  
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:佐久市香坂西地
攻城日:2014年10月25日 
お勧め度:★★★☆☆
城跡までの所要時間:40分 駐車場:明泉寺駐車場借用
見どころ:土塁
注意事項:登山道は消えかかっているので注意。
参考文献:「信濃の山城と館①佐久編」(2013年 宮坂武男著) 「続山城紀行」(2008年 清水長久著)「定本 佐久の城」(1997年 郷土出版社)
付近の城址:ねぶた城、高棚城、翼城、志賀城、笠原城など

閼伽流山城 (77)
明泉寺の観音堂。城跡探訪の後には是非訪れて頂きたい風光明美なお寺である。



閼伽流山城 (82)
街道から見上げた閼伽流山城と昭和天皇が登られたという仙人ヶ岳。

スポンサーサイト

Posted on 2014/11/04 Tue. 23:03 [edit]

CM: 4
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top