らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1111

縦走しなければ得られない戦国の距離感  

◆週末は山城三昧でゲップですw◆

佐久もまだまだ食べ残しの山城があるので、イッキに踏破しようと思い尾根から尾根への渡り鳥・・(縦走とも?)

ってな訳で(どんな訳かい?)、信濃先方衆の「ていぴす」殿を道連れに佐久の山奥徘徊ツアー。

内山城縦走図①

企画立案に無理があったのは、終わってから分かったというお粗末さ。毎度の事である(笑)


【内山城】

内山城201411 (17)

先月も登ったので、これで三度め。佐久有数の宿城で、戦国末期まで使用されている。
今回見たかったのは井戸跡。

内山城201411 (33)
立派な石組の井。伊那大島城や塩田城にも同じような井戸があったっけ。

ま、ここもそのうちリテイク記事で。

【内山古城】

尾根で迷ってしまい、「ここはどこ?私は誰?」

内山古城 (16)
周囲を土塁で囲んだだけの古い形式の城。逃げ込み城か?

【五本松城】

内山城の支城とも志賀城の支城とも云われるが、志賀城攻めの前哨戦の際には信玄がここから見学していたという。(マジっすか?)

五本松城 (62)
数字が「5」ってマジかよ・・(汗)

五本松城 (70)
志賀城よりもデカくて防御性もそれなりにあります。ここも武田さんに改修されたんでしょうか。

4時間も縦走した城は久々です。見応えありましたねえ。疲れ果ててしまいましたが。

そんな城のご紹介は、またのちほど・・・。




スポンサーサイト

Posted on 2014/11/11 Tue. 07:44 [edit]

CM: 10
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top