らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1116

西通山城 (北安曇郡白馬村西通)  

◆水運と街道の謎を知っていたはずの砦◆

山城の位置を地図上にプロットしていくと、往時の古道が見えてくる。時として、集落から離れた険しい山奥にひっそりと眠る砦もあるが、よくよく辿ると廃れた間道の脇だったりする。

山国ゆえに陸路ばかりが注目されるが、千曲川、天竜川、木曽川などの河川を利用した水路(水運)について、江戸時代以前はどうだったのであろうか?
信濃の戦国時代の謎.を解くヒントがそこにまだ眠っているような気がしないでもない・・・(笑)

青鬼の城峯・西通山城201409 (94)
西通山城の脇を流れる姫川。城域は河川によって浸食された可能性がある。

今回ご紹介するのは、青鬼の城峯から北北西700mの姫川沿いにある「西通山城」(にしかようやまじょう)

【立地】

姫川の左岸にあり西通集落(にしかよいしゅうらく)の北400m。国道148号線と姫川の間に位置する。西側から張り出した山塊を姫川が削り取り、中州のような形で取り残された岩盤に作られた物見である。国道の改修工事と除雪基地の設置で城域の西側は見る影も無いが、ここだけ破壊されずに残ったのは奇跡に近い。

西通山城見取図①
こんな山奥で河川沿いの砦とは珍しい。スケールは小さいが連郭式になっている。

青鬼の城峯・西通山城201409 (74)
城域の西側には横堀址が確認出来る。往時は水堀だったのだろうか?

【城主・城歴】

「長野県町村誌」にも記載が無く、史実・伝承等は全く不明の城なのだが、白馬村誌には「北方1kmの河岸にあった、小谷村川内下(壊滅)と連携するものであろう」とあるようだ。現地に立てば塩島城との連携は考えられるので、蒼鬼の城峯とともに街道と海運を見張る砦と考えるのが良さそうである。

青鬼の城峯・西通山城201409 (81)
郭2から見下ろした郭4。

青鬼の城峯・西通山城201409 (83)
郭2。

青鬼の城峯・西通山城201409 (84)
郭1に立つ石碑(水神碑)

青鬼の城峯・西通山城201409 (86)
郭1(21×13)。しっかり平削された郭には驚く。

【城跡】

ミニチュアながら四つの郭を持つ砦で、人工的な手が加えられているのがハッキリと分かる。
近世城郭であれば縄張りに川を取り入れて防御を強化するのだが、この砦にはそういう意図など無く、東側は自然の摂理で壊されてしまったと見るべきであろう。

青鬼の城峯・西通山城201409 (88)
切岸に施された土留めの石積み。

青鬼の城峯・西通山城201409 (92)
北側から見た郭3.藪の中にいるのは毎度お馴染みの「ていぴす」さん。

国道として改修される前の千国街道(ちくにかいどう)がどの辺りを通過していたのか興味深いところである。四ヵ庄平(しかじょうだいら 白馬の中心盆地)から小谷への出入りを監視したのであろう。
経歴は不明だが、大事に残して欲しい砦跡である。

≪西通山城≫ (にしかようやまじょう)

標高:626m 比高:20m  
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:北安曇郡白馬村西通
攻城日:2014年9月27日 
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:歩いて5分 駐車場:国道148号線除雪ステーション
見どころ:堀切、郭
注意事項:特に無し
参考文献:「信濃の山城と館⑦安曇・木曽編 宮坂武男著」
付近の城址:塩島城、青鬼の城峯など

青鬼の城峯・西通山城201409 (89)
主郭から見た姫川。高さ約20mはあろうか。

スポンサーサイト

Posted on 2014/11/16 Sun. 07:12 [edit]

CM: 6
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top