らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1223

勝見城 (南佐久郡佐久穂町海瀬余地)  

◆余地峠・十石峠を抑える要衝の地に築かれた監視砦◆

信濃における山城巡りの醍醐味といえば、どうしても甲越紛争の主戦場となった北信濃に偏ってしまうが、若き日の武田晴信(のちの信玄)が苦心して攻略した佐久は凄惨な城攻めの記述があるせいかどうしても敬遠されがちである。

花岡城①
蟻城(佐久穂町)の麓より見た花岡城。この城は住民の緊急避難用の地下横穴が発見されている。単なる烽火台ではなかったようだ。

侵略者である武田に対して「叛く佐久衆」、そして武田領となった佐久の経営において武田方によって改修された山城をつぶさに見て歩く事は、ある意味で北信濃よりも深い洞察と感慨が得られるのかもしれない。(あくまで一個人の感想である)

今回ご案内するのは、武田軍の佐久経由の武州・上野攻めの軍道を監視したと伝わる勝見城。(佐久穂町)

勝見城 (1)
登り口が不明なので、とりあえず尾根伝いに登ると神社と貯水タンク。往時は物見台だったようだが水の手に変貌(笑)

【立地】

甲斐から野辺山高原を越え、千曲川流域を北上すると蟻城や花岡城の位置する八千穂周辺から盆地が開ける。そこから約2km北の海瀬は武州(埼玉)、上野(埼玉)へ通じる交通の要衝であり、勝見城は二つの街道の分かれ目の険しい尾根を利用して築城されている。

勝見城 (2)
巨大な水の手(笑)。平時はこの場所に兵士が常駐したのであろう。

勝見城 (111)
貯水タンクが面倒な方は右へ迂回して尾根に入ると良かろう。

【城主・城歴】

建武二年(1335)山城国大徳寺文書には「伴野庄郷々村々御年貢存知分事」として、「余地村六〇貫文」とある。鎌倉時代には余地村は伴野庄に属していた事がわかる。
勝見城を築いたのは「嫡男忠常殿代に至り城内水乏しく相成り候に付き、関東の通路を兼ね、依路(よじ)という所へ左近中将自成引き移り住居仕り候」と下海瀬村の土屋忠右衛門が「鳥渡聞覚書」に書き綴っている。
花岡城が水で苦労したので余地(よじ)へ移ったらしい。

勝見城 (5)
どんなに嫌でもこの道を登らねば目的地には着けません・・

また、余地の古寺自成寺い伝わる「自成寺記」には、永正三年(1506)に寺を開くため訪れた俊庵和尚を、村の長である郷士伴野左近自成が迎え、また開基に尽力した旨が記されている。
これらのことから、勝見城は15世紀末期から16世紀初期に築かれた事が推測されるという。

勝見城縄張図①
尾根上の二つのピークを縄張りとした全長約1kmの城域。

武田の佐久占領下における勝見城がどのような使われ方をしていたのかは史料が無いので何とも言えないが、余地峠を越えて上野国へ何度か進軍しているので、甲州街道から余地峠への分岐点を抑える位置に立地する勝見城は、兵站基地あるいは烽火台として重要な役目を背負っていたと思われる。

勝見城 (7)
堡塁1.

勝見城 (14)
堡塁2。何を血迷ったか、岩崖を迂回したら郭4まで通り過ぎてしまうという失態を犯してしまう(笑)

●城跡

細長い痩せ尾根を利用して二つのピークが主な城域となる。長野県の「中世城館跡」の報告書では、最初のピークである郭4の烽火台とその周辺を主郭跡として、その先400mの城域については触れていない。
南方の大日方側の斜面は断崖で人を寄せ付けず、北側の余地側の斜面もなかなか急傾斜でまさしく要害の地である。水の手は余地の勝見沢の湧き水を汲みあげたのであろう。(現在は湿地帯だが嘗ては池だったようだ)

勝見城 (17)
堡塁3。まだ歩くの??

勝見城 (18)
いーかげん歩き疲れて堡塁4へ。アプローチの長い城域に閉口する。

勝見城 (24)
堡塁4からの風景。武州街道沿いに大崖城が見える。

大崖城~木曽義仲の父である源義賢の従兄弟で上野国多胡庄矢田を本拠とする矢田判官代義清の私牧経営拠点の一つで、義賢が討たれた際に武州より十石峠を越えて逃れてきた義仲が匿われた居館との伝説が残る。

●郭3(50×13)

城内最大の郭で長方形。郭2とは土手付きの堀切㋐で遮断されている。

勝見城 (29)
入口付近。

勝見城 (32)
東半分。

勝見城 (33)
堀切㋐(上巾5m)

●郭2

北側に二段の腰郭を備える城の中心部。東側に天水溜め(井戸)があるので、両サイドを堀切で仕切られ防御もなかなか厳しい仕様である。

勝見城 (40)
北の斜面に備えた段郭。

勝見城 (41)
天水溜めは石積みで周囲が囲われていたと思われる。

勝見城 (43)
郭2の中心部。

●主郭とその周辺

城域の最高地点にあり、北斜面に向けて「コの字」で土塁が囲んでいた形跡が残る。搦め手側に一条の堀切㋓を穿ち、その先に緩衝用の郭を置いているがあとは断崖絶壁である。辛うじて通路があるようだが東尾根からの攻撃は不可能に近いと思われる。

勝見城 (44)
土塁を伴う二重堀切。

勝見城 (54)
主郭(25×8)

勝見城 (55)
奥の山は松山砦。うっすらと盛り上がっている土塁がお分かりになるだろうか。(ビミョーですね)

勝見城 (63)
搦め手方面から見た郭1と堀切㋓

●要衝を抑える抜群のロケーション

武州街道そして十石峠を抑えるには最適の場所である事はこの城跡に立つと理解出来る。

勝見城 (73)
余地集落を見下ろす(余地峠を越えて上野国へ)

勝見城 (53)
木曽義仲四天王の一人だった館六郎親忠(根井幸親の子)の居館跡も手に取るように見える。

勝見城 (59)
尾根先は深い断崖で人を寄せ付けない。

●郭4(烽火台)とその周辺

国土地理院の地図上922m地点が郭4になる。中心部は土塁が全周し、周囲を円状の平削地が囲み東西の尾根に平場の段郭がある。北斜面に対して放射状に腰郭が五重程度取り巻く中々面白い縄張りである。

勝見城 (98)
郭4の中心部。

勝見城 (93)
外周を土塁が回る(薄く補助線を引いてみた)。切岸を形成して一段高くしてある事がお分かりだろうか。

勝見城 (91)
中心部を囲むように半円形の郭が巡る。

勝見城 (96)
東の段郭。その先は岩場。

勝見城 (86)
北側の斜面に放射状に段郭がある。所々寸断されているが、かつては繋がっていたようだ。

特筆すべきはここにも天水溜め(井戸)があることだ。花岡城の水不足に対する教訓からだろうか・・。

勝見城 (103)
立派な天水溜めでございます。

勝見城 (108)
こんな巨石の裏側に烽火台があるとは思いませんよね(笑)

さて、ツラツラと例の如く写真ばかりをならべておりますが、如何でしたでしょうか?

南佐久で覇を唱えようとした伴野さんですが、この城の遺構は伴野時代のものではなく、武田さんちの土木工事による改修の跡でしょうネ。
信玄さんもここから余地峠を越えて上野に攻めに行く将兵を見送った事かと思われます。


≪勝見城≫ (かつみじょう)

標高:990m 比高190m
築城年代:不明
築城・居住者:大井氏、武田氏(推定)
場所:南佐久郡佐久穂町余地
攻城日:2014年12月13日
お勧め度:★★★★☆
城跡までの所要時間:45分
駐車場:無し。適当に路駐。
見どころ:堀切、土塁、天水溜め、ロケーション
参考文献:「信濃の山城と館①佐久編」(2013年 宮坂武男著) 「定本佐久の城」(1991年 郷土出版社)
注意事項:岩場が続くガレ山なので転落、落石注意。途中の足場が悪いので靴はしっかりしたものを履く事。体力勝負。また、松茸シーズンは止め山になるので9月から10月末の訪問は避けたほうが良いでしょう。

勝見城 (112)
南の大日方方面からみた勝見城主郭付近。

勝見城 (114)
全長約1kmなので2分割しないと写真に収まりません・・(汗)




スポンサーサイト

Posted on 2014/12/23 Tue. 12:44 [edit]

CM: 4
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top