らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0125

脚色不要の実録「真田三代」  

◆史実のみで語られる真田家の実像◆

小生の「戦国の城」ヲタクのルーツは新田次郎の「武田信玄」と池波正太郎の「真田太平記」である。

いずれもノンフィクションの小説でありながら、キチンと現場を取材し史実を確認しながら脚色し展開する歴史小説なので臨場感が凄い。読み耽る書物に出逢えるというのは至福の時である。

001.jpg

昨年、某国営放送局の2016年大河ドラマが「真田丸」になり、戦国時代最後の大物で地上波未登場だった真田幸村が主人公になる事となった。脚本は三谷幸喜氏で主演は堺雅人さんに決まったのは周知の通りである。

上田市民の悲願であった(?)大河ドラマの誘致に成功したものの、自治体が推進していたのは「天地人」の火坂雅志氏の「真田三代」。柳の下に泥鰌は二匹いないのだが、お役所の思考回路が短絡であることを証明した(笑)

小生のお勧めは平山優氏の「真田三代」(2011年 PHP新書)

先日、残雪厳しい砥石城で平山センセに初めてお目にかかりました。
日本中世史専攻の研究者の第一人者でありますが、現役の高校教師でもあるので、分かり易い表記や記述には定評があり、武田氏研究会副会長でもある。

真田丸の誘致効果もあり、地元の書店「平安堂」ではベスト5の売上にランクインしている。(凄)

税別860円。こんな価格でいいの?と思うようなのだが、幸村の章は極端に短いのでそこだけが難点か・・・(汗)

002.jpg

平山優氏の「武田遺領をめぐる動乱と秀吉の野望」(2011年 戎光祥出版)は、信州の城跡と地侍の興亡を語る上では欠かせない名著である。



スポンサーサイト

Posted on 2015/01/25 Sun. 21:22 [edit]

CM: 10
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top