らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0506

現城 (松本市会田岩井堂)  

◆立峠を監視する会田虚空蔵山城の西端の砦◆

家人の冷たい目に耐えながら、GWの5連休のうち、4日間は何処かの山城を攻め続けた「大バカ者」である・・(笑)

残念ながら新緑の生い茂る山城の遺構は写真映えしないのだが、「行ってきましたという自己満足」に納得・・(爆)

今回ご紹介するのは、いつか登りたいと思い続けた「現城」(うつつじょう)。やっとこさ夢を「うつつ」にした。

会田虚空蔵山城砦群(2015) (147)
会田虚空蔵山城砦群の全景。砦の数では村上連珠砦には及ばないが完成度の高さはこちらのが上だと思う。

【立地】

虚空蔵山城の西へ延びる尾根が岩井堂へ落ち込み、南へ折れ曲がる中段の小山に立地し、西下の岩井堂沢沿いに登る立ち峠への道(善光寺街道)を目の下に見る場所である。この砦は会田虚空蔵山城砦群の一つで、筑北・麻績地方へ通じる立峠(たちとうげ)を抑えるには格好の立地である。

城の名の由来は、砦のある山麓を通る善光寺往還の傍らに湧き出る冷泉がありこれを「うつつの清水」と云い、立峠に登る旅人がこの清水で喉をうるおした。そこから付けられた名ではないかと思われる。

現城(松本市四賀) (1)
ていぴす殿に教えて頂いた岩井堂集落からの入口。橋を渡ったら右へ進み、脇道の竹藪へ入る。

嘗ては人家があったと思われる平坦部への入口の竹林は、手入れも放棄されて久しいようで「とおせんぼ」の状態。僅かな隙間を匍匐前進(笑)。岩崖の斜面で四つん這いになった経験は多々あるが、平地で四つん這いになるとは初体験(汗)

まあ、こんな思いをするなら無量寺の裏山から尾根を登るのが単純明快。ちゃんと道形もあるし・・・・(笑)

現城(松本市四賀) (2)
無量寺の裏山の尾根をひたすら登ると約20分で堀切㋐がお出迎えしてくれます。

尾根伝いには目印として赤いテープが枝に付けられているので迷う事はありません。有り難い事です。

現城縄張図①
見張り砦なので、この程度で充分でしょう。

【城主・城歴】

会田岩下氏の虚空蔵山城砦群の一つである。天文二十二年(1553)四月に武田軍による攻撃で刈谷原城が落ち、その後青柳城、麻績城への攻撃が始まるので、その頃に会田岩下氏が武田に降り虚空蔵山城砦群も武田により改修されたと思われる。
その後、天正壬午の乱(1583)が勃発し、父の小笠原長時時代の裏切り者の復讐に燃える貞慶によって会田岩下氏は滅亡する。

現城(松本市四賀) (4)
堀切㋐(上巾12m)

現城(松本市四賀) (6)
西の尾根を遮断する唯一の堀切㋐の拡大写真。

【城跡】

小山の丁部を平削して主郭と副郭の二段の郭を設営し、背後に片掘を穿っただけのシンプルな砦である。主郭の南側には虎口の窪みがあるので、堀切㋐の堀底を介して南に通路を置いてそこから入ったと思われる。

現城(松本市四賀) (18)
堀切㋐に接続する郭2(郭1から撮影)

現城(松本市四賀) (20)
主郭と南側の虎口。

主郭も副郭も特段に土塁が巡る訳でもないが、落差のある堀切㋐があるのでその必要は無かったのかもしれない。また、主郭背後は結構な急斜面なので堀切㋑も北斜面のみの方掘としている。想定すべきは北側からの敵なので傾斜のキツイ南斜面まで貫通させる必要は無かったのかもしれない。

現城(松本市四賀) (24)
主郭背後から見た堀切㋑。

現城(松本市四賀) (25)
近くで撮影しても実感の無い堀切㋑(笑)

現城(松本市四賀) (28)
鞍部を郭と認識するかは微妙な判断である。

宮坂武男氏は、鞍部の先についても郭という認識を持たれているが、小生にはそうには見えず自然地形と思われた。

現城(松本市四賀) (29)
鞍部から見た虚空蔵山城。ここからの比高270mというのはハンパ無い・・・(汗)

立峠の監視砦としては申し分ない位置にあり、対岸の唐鳥屋城とタイアップして侵入する敵に対して伏兵で対応するには絶好のロケーションである。(残念ながら今は現地からの見晴らしは良くないが・・・)

たかだか堀切二本に郭二つの出城である。
それでも、会田虚空蔵山城砦群を語る上では絶対に訪れて欲しい場所である・・・・

現城(松本市四賀) (41)
主郭(25×17)

≪現城≫ (うつつじょう)

標高:860m 比高:140m (無量寺より)
築城年代:不明
築城・居住者:会田氏、武田氏
場所:松本市会田岩井堂
攻城日:2015年5月4日
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:20分
駐車場:道路脇に適当に路駐
見どころ:堀切、虎口
参考文献:「信濃の山城と館④ 松本・塩尻・筑摩編」(2013年 宮坂武男著 戎光祥出版) 
注意事項:特に無し
付近の城跡:唐鳥屋城、会田虚空蔵山城砦群など
その他:会田虚空蔵山城砦群を語るなら行くべし(笑)

会田虚空蔵山城砦群(2015) (148)


スポンサーサイト

Posted on 2015/05/06 Wed. 23:00 [edit]

CM: 8
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top