らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0624

塩田館 (木曾義仲史跡関連 上田市五加)  

◆義仲の臣「塩田八郎高光」が本拠としたと伝わる居館跡◆

最近、スマホで猫を飼い始めて(というか集めて・・というのが正しいと思う)ハマっている・・(笑)

いかにお金を使わず(課金ともいう)楽しく遊べるか?が課題なのだが案外楽しめるのだ。

ねこあつめ①

ピンきりの猫の中で、いかに戦闘能力の高い猫に士官してもらえるか・・(笑) まさに戦国ゲ―と良く似ている・・・(爆)

謙信公並みの高い戦闘能力を持つ猫がいるらしいので、昌幸公なみの謀略を巡らせている最中ですが・・(笑)

今回ご案内するのは、義仲の臣の中では知名度がイマイチの塩田氏の館跡である。

塩田館見取図①
Yahoo地図の航空写真に縄張り図を描き込んでみる。

【立地】

塩田平の中央部に位置し、独鈷山の中腹にある沢山湖(人造湖)を水源とする産川の左岸にある。
地形から河床の跡地だったようにも思える場所が残る。

塩田館 (1)
中屋敷から見た北東方面。古い時代の産川の広大な河床跡のようだ。

【館主・館歴】

里傳によれば、塩田八郎高光の居館と伝わるが裏付ける資料は見つかっていない。小県郡史にも長野県町村誌の五加村の項にも記述は見当たらない。
伝承の居館跡の中心部に「内堀」「中屋敷」「城村」という古い地名が残っているので、鎌倉時代の塩田氏の居館跡ではないかと推定されている。

塩田館 (2)
東側からみた中屋敷。

「参考源平盛衰記」に「木曾は落合五郎兼行・塩田八郎高光・望月太郎・同次郎・八島四郎行忠・今井四郎兼平・樋口次郎兼光・館六郎親忠・根井・大室・小室を先として、指南・上野両国の勢催集め二千騎を相具して白鳥河原に陣をとる・・・・・・」とあり、義仲挙兵に関係した人物とされる。

しかし、その後の義仲軍において塩田氏の名前は出てこない。義仲の上洛軍には参加せず、頼朝の信濃侵攻に備え守備部隊として残ったというのも的を得ているような気もする。

塩田館 (3)
中屋敷跡の北側には土塁のようなものがあるが、宮沢氏に確認したら、後世の造作物だという。

【館跡】

五加に残る館跡は三つの地域に分かれていて、これらは同一館主に関わるものと考えられているという。

1.内堀(うちぼり)

・産川の流れに近く、南北200m、東西10mの台地で、現在は団地が建っている。西側の低地は水田になっているが、往時は産川の河床で堀を形成したと思われる。

塩田館の内堀地籍①
団地の立ち並ぶ内堀地区。道祖神以外に往時を偲ぶものは何も無い。

2.中屋敷

・たまたま農作業をしていた宮沢氏にお話しを伺う事が出来た。周囲には堀形があったといい、西側の墓地周辺には土塁があったという。「中屋敷」という地名は「妾さんの屋敷」の通称だという。道路を挟んだ南側の上沢邸あたりが「城村」という名が残るので、館主の屋敷跡ではないか?との事でした。

塩田館 (6)
中屋敷北側

3.城村

中屋敷の道路を挟んだ南側が「城村」という地籍なのだが、全くの住宅地であり遺構のカケラも見出す事が出来なかった。
※個人情報保護に配慮し写真も撮影していません。

塩田館 (8)
城村からみた北に位置する中屋敷。

なんせ800年以上も前の話なので、伝承を辿るのも極めて難しい状態なのですが、現地に立つと「そうかもしれない」という思いに駆られるのでしたあ・・・(笑)

≪塩田館≫ (しおだやかた 五加の内堀・中屋敷・城村)

標高:464m 比高:-m 
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:上田市五加
攻城日:2015年5月17日
お勧め度:★★☆☆☆ 
城跡までの所要時間:-分 
駐車場:無し
見どころ:-
参考文献:「信濃の山城と館③上田・小県編」(2013年 宮坂武男著 戎光祥出版)
注意事項:私有地なので無断侵入不可
付近の城跡:塩田城、女神山城、手塚館、馬伏城など、

塩田館 (10)
中屋敷の北側。



スポンサーサイト

Posted on 2015/06/24 Wed. 22:51 [edit]

CM: 4
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top