らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0121

グンマー侵攻作戦でカモシカとのゲリラ戦  

◆大雪警報前の上野国遠征◆

信濃国上田も17日の夜半からカミ雪に見舞われ一面の銀世界となり申した。

恐らく2月末までは南信濃の一部を除いて、信濃の山城は冬季休業に入る。

今シーズン、暖冬だったおかげで例年よりは遅くまで城跡を堪能したし、致し方あるまい・・・・(笑)

IMG_4681.jpg
村上連珠砦では和合城と共に大きな縄張の飯綱城(上田市秋和)。※2016年1月19日に上田大橋方面より撮影。

IMG_4682.jpg
真田丸の第三話でロケ地として登場する真田本城(上田市真田町本原)。※2016年1月19日に信綱寺方面より撮影。


【雪の降る前のグンマーへの侵攻作戦】

1月17日(日)かねてよりの計画通り、氷点下8℃の鳥居峠(通称:信州街道)を越えて群馬県の東吾妻町へ進軍。
真田丸でもお馴染みとなった真田昌幸の上野国の拠点である岩櫃城の支城三ヶ所の調査が目的だった・・・。

●岩下城(東吾妻町)

岩櫃城の西の防衛拠点を抑える要衝の地にある山城で、嘗ての主君で吾妻群を支配していた岩櫃城の大野氏を滅ぼす前の斎藤氏の居城。斎藤氏が岩櫃城へ移った後は、その家臣富沢但馬守が入城しこれを守る。隣接する領土の境界を巡り斎藤氏が鎌原氏と争うに及び、武田氏が調停に入り鎌原氏の主筋にあたる真田幸隆(幸綱)を介入させる。斎藤氏は真田氏と対立し岩櫃城を攻められて落城し、上杉謙信を頼り越後に逃れる。岩下城主の富沢但馬守は真田氏に降りのちに昌幸に仕えたという。

IMG_4632.jpg
城域を分割する中央の巨大な堀切。上巾25m、堀底から主郭までは落差15m以上の垂直に近い壁で加工されている。

岩下城 (49)
堀底から東側の郭6と7を仰ぐ。まさに「壁(へき)」と呼ぶにふさわしい切岸加工である。

IMG_4640.jpg
主郭より一段下がった西側の郭2にある秋葉社。

岩櫃城が斎藤氏・真田氏により改修されると共に、西の砦である岩下城も拡張改修が行われたようである。
大堀切の威圧感は凄まじいものがある。


●三島根小屋城(東吾妻町)

吾妻川の右岸に位置し岩下城とは対の関係となる。大戸浦野氏の配下の江見氏の居城だったと伝わる。城域は「鉄塚」と呼ばれる麓の根小屋らしき台地部分と斥候山(せっこうやま)と呼ばれる城山の砦部分で構成されている。オーソドックスな縄張で加工度は低いが戦国期の緊張感を感じる事の出来る山城であった。

三島根小屋城 (10)
鉄塚と呼ばれる麓の台地。見事な竹林に覆われている。

IMG_4648.jpg
斥候山(城山)に登る途中の尾根でカモシカのカップルに遭遇し「通せんぼ」状態。完全に「お怒りモード」でした・・(汗)

ここね、深く考えもせず登り始めてしまい、後で気が付いたら比高235m。逢引きを邪魔したらしく、カモシカに威嚇されてルートを迂回してやっとこさ城山の主郭へ。背後を五重の堀切で遮断する厳しい防御に圧倒された。

IMG_4657.jpg
主郭の眺望は良いが狭い。天水溜めもある。

IMG_4655.jpg
岩櫃城の真田氏時代にも西側を守る砦として重要視されたであろう。(写真中央が岩櫃山)

IMG_4658.jpg
主郭背後の尾根は結構な高低差があり、ここに五本の堀切を穿つ厳重さである。


●柳沢城(岩鼓の要害 東吾妻町)

何かと話題の「真田丸」に登場する真田昌幸の上野国の居城である岩櫃城の北東にある。番匠坂と呼ばれる岩櫃城の大手口の途中の不動沢を東に折れた観音山の東山(通称:岩鼓)が城域となる。小生もこの出城については噂に聞いていたものの、今回が初訪問であり、その規模と縄張には正直なところ驚いた。

IMG_4660.jpg
観音山の登り口に駐車したら案内図の「東山」に向かう。約10~15分の岩登りで城域となる。

柳沢城(東吾妻町) (11)
主郭の石造物。物見櫓が置かれていたと思われる。

IMG_4666.jpg
素晴らしいロケーションである。

柳沢城(東吾妻町) (23)
郭2と郭3の間の堀切(上巾15m)。

柳沢城(東吾妻町) (38)
郭3と郭4の間の堀切(上巾14m)

柳沢城(東吾妻町) (46)
西端の最終郭5。

ここは時間切れが迫り、駆け足で一周した程度に留まり、竪堀の先端など調査できずに終わったのでまたトライしたいと思う。

例の如く、いつ記事になるかわからない・・・・(笑)

グンマーの城も恐るべし・・・そんな事を思いながら「また攻め込むぞ!」と誓いを新たにしたのでありました・・・(爆)



















スポンサーサイト

Posted on 2016/01/21 Thu. 06:42 [edit]

CM: 8
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top