らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0319

備前屋敷館 (北佐久郡軽井沢町追分)  

◆とうとう別荘が建ってしまった軽井沢町の館城◆

純粋に中世の城郭が好きな方は某国営放送局の大河ドラマ「真田丸」には、あまり興味がないらしい。

小生のように大河ドラマ「国盗り物語」を見て熱にうなされ、近世城郭を得て何十年か後に土の城のグルーピー(古いなあ)と化した者は、どうも雑念が多いようで、毎回日曜日ともならば、BSプレミアムで18:00、NHK総合で20:00、そして翌日録画版を見て感動するのだ・・・(笑)

笹洞城2015 (84)
室賀正武の詰めの城「笹洞城」(ささぼらじょう)の主郭は石積みが周回している。

さて、家康の密命を受けた室賀正武の運命はいかに・・・・

さあ、真田丸のうんちくは次のお楽しみとして、今回ご案内するのは避暑地として有名な軽井沢町にある備前屋敷館。

備前屋敷⑤
広大なレタス畑を通り過ぎて沢沿い台地の薄暗い林の中を進むと別荘地が現れる。「ここでいいのか?」

初日に訪問した時は生憎の雨降りで、入り組んだ地形で場所も適当に目星をつけた為に行き方も分からずに途中で車を捨てて歩いた。平日休みは無敵のジムニー号が使えず乗用車なので無理は出来ないのが辛い・・・(汗)

「なんだ、別荘地で舗装道路なら乗用車でもこれたじゃん・・・・(怒)」 いつもの事である・・・(笑)

次の瞬間、「って事は、居館跡地は別荘が建ってるとか・・・・まさか・・・・」 残念ながら嫌な予感は当たったのだ。

備前屋敷館⑥
舗装路を通り過ぎて振り返ると、堀形が確認出来るではないか・・・。

【立地】

国道18号線の追分宿の信号から南へ約1km入り「滝沢」という渓谷の段丘に面した台地に位置する。軽井沢町と御代田町の境界に位置し、ここから北は軽井沢なので、土地が空いていれば別荘地となってしまうようだ。居館跡が御代田町の地籍だったら救済されていたのかも?と思うが史跡にも指定されていないので、別荘が建っても文句は言えないのが辛い。

備前屋敷館2 (8)
改変された虎口と土橋。石積み仕様になったのはここが中世居館の跡だと知っていたのでしょうか。

【城主・城歴】 ※以下の文章は「信濃の山城と館①佐久編」(宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)P311より引用

伝承で、土屋備前守が考えられている。記録が無くはっきりしないが、追分の土屋氏は」戦国期より存在していたようである。天文五年には土屋左近助秀吉の名があり、慶弔十五年には小諸城主戦国秀久より、追分の土屋市左衛門に対して発地村百三十貫文が宛行われている。また同人は大坂の役の時の佐久郡士の誓約書に署名があり、近世始めまで追分にいたことは確かなようである。

備前屋敷見取図 001
別荘が建てられ改変されてしまったが、居館を囲む堀と一部の土塁は残されている。

【城跡】

台地の縁を利用した方形居館で、周囲を幅7m~9mの堀が囲んでいる。西側は滝沢の天然の沢が自然の堀を形成している。
別荘の建築に伴い、虎口は破壊され車両通行用に土橋が拡幅されてしまい、往時の様子は分からない。ただ、西側と北側の堀に沿って土塁が残っているのが確認出来る。
宮坂武男氏が現地調査した平成十一年には、方形居館の南側の堀から道を挟んだ東側に土塁を伴う横堀の記載があり、今回確認するも別荘の庭の造成時で破壊されたらしく何も発見できなかった。居館とその周辺の堀形はいい形で残っているので、これ以上の改変が進まないことを願うばかりである。

備前屋敷館2 (6)
居館北側の堀。土塁の残存が確認出来る。

備前屋敷館2 (11)
居館東側の堀と縁の土塁跡。

備前屋敷館①
補助線をつけるとこんな感じ。堀は良好に残存している。

備前屋敷館②
南から虎口方面。

備前屋敷館③

しかし、別荘地で写真を撮るのはかなり危険な行為で、無人であればなおさらである。
「ここは中世の居館跡です」という看板でも立っていない限り、かなりヤバい。通報されるのは必至である・・・(汗)
平地の居館跡は体力は使わないが、余計な神経を使うのでドキドキものである。

備前屋敷館④
居館南側の堀は自然の断崖をうまく利用している。

備前屋敷館2 (2)
西の沢に深く落ちる南の堀。


≪備前屋敷館≫ (びぜんやしきやかた 備前林城)

標高:933m 比高:30m(滝沢より)
築城年代:不明
築城者・城主:土屋氏
場所:北佐久郡軽井沢町追分
訪問日:2016年3月9日、2016年3月18日
お勧め度:★★☆☆☆ 
所要時間:-
見どころ:方形居館と周囲を囲む堀
周辺の城跡:油井中屋敷、たて茂沢城、十二平茂沢城など
注意事項:民家なのでプライバシー注意、別荘地でもあり不審者として通報される恐れあり。
参考文献:「信濃をめぐる境目の山城と館①佐久編」(宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)
※今回は史跡の場所は掲載しませんので悪しからず。

備前屋敷館2 (14)
軽井沢町と名が付くだけで別荘の価値が何十倍にもなるとは、この地区だけはまだまだバブルが続いているようだ。






スポンサーサイト

Posted on 2016/03/19 Sat. 08:00 [edit]

CM: 4
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top