らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0701

「甲信越の名城を歩く 新潟編」(2016年 吉川弘文館)  

◆晩秋に計画している越後遠征の事前準備の必読書◆

明日は下調べと称して、二か月ぶりに信濃先方衆の「ていぴす殿」と合同で梓川の上流周辺を彷徨う予定となった。

世に名高い北アルプスの玄関口「上高地」の入口付近にあたるのだが、ここは戦国時代には武田の重臣である馬場信房が飛騨攻めの拠点を置いた場所で、砦もそこそこあるらしい。遭難防止の下調べはとても大事な事なのである・・・(笑)

今回ご案内するのは最近「吉川弘文館」より刊行された「甲信越の名城を歩く 新潟編」である。

甲信越の名城を歩く①

実は、越後の城は10ヶ所ほど巡っており、そのうち6ヶ所は何とかブログに掲載したのだが、その後が続かないのだ。

もちろん、信濃の山城が優先されるというポピュリズム(大衆迎合・・笑)が最大の阻害要因なのは百も承知である・・・(汗)

ようやく信濃の山城も南信濃を除いて一段落しそうなので、未開の越後へ遠征しようという魂胆なのである・・・(笑)

それにしてもこの本、全ページのほぼ2/3は鳴海忠夫氏の記述と縄張図で構成されている異例の書籍であった。

越後の中世城郭の研究に関しては「佐藤 春夫」「植木 宏」「花ヶ前 盛明」の諸先生方も著名であるが、今回は全く登場しない。

甲信越の名城を歩く②

新潟県内にある約1,160ヶ所の中世城郭から59ヶ所の名城を選出して掲載している。城跡へのアクセス方法はもちろん、城の生い立ちや特徴、縄張図も全城丁寧に記事が掲載されている。

鳴海忠夫氏の縄張図も実に分かり易く明瞭に描かれている。この図面なら城跡で大いに役立つであろう。

鳴海忠夫氏縄張図①

続編の「甲信越の名城を歩く 山梨編」では、今をトキメクNHK大河ドラマ「真田丸」の時代考証を担当する「平山 優」先生が編者となられているので、期待大である・・・(そんな事書くと、叱られそうですが・・・笑)

宮坂武男氏が描くことのなかった越後の中世城郭を、小生が見よう見まねで宮坂イズムを踏襲して描写していくのも楽しみに思えます。

箕冠城(上越市) (30)
箕冠城(みかぶりじょう)は上杉謙信の家臣の大熊備中守朝秀であった。

黒田城(上越市) (24)
発電所の水路沿いに30分以上ひたすら登るという異例の体験をした黒田城(上越)

さて、晩秋はこの書籍をお供に越後に進軍しますか・・・・(笑)



スポンサーサイト

Posted on 2016/07/01 Fri. 22:32 [edit]

CM: 6
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top