らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0908

小丸山城 (木曽郡木曽町福島)  

◆木曽氏が須原より移り最初に築いた山城◆

「木曽路は全て山の中である」の書き出しで有名な島崎藤村の「夜明け前」。

木曽を語るのなら一度は読むべしとibooksでダウンロードし2/3まで読み進めたが、半年前に止まったままである・・・(汗)

彼の小説も凄いが、彼の一生をそのまま本にしてもベストセラー間違いなしであろう・・・。違う意味で凄い人生である。

今回ご案内するのは、そんな木曽谷を拠点として戦国乱世を乗り切った木曽氏の福島における最初の館城「小丸山城」。

小丸山城 (18)
木曽青峰高校のグランドと隣接するNHK中継基地が城跡だという。

【立地】

八沢川の左岸の段丘上が小丸山城のある所で、現在その主要部分はNHKの中継所や木曽青峰高校の敷地となっている。この台地は、北側と西側は八沢川と木曽川の段丘崖になっていて、その両面は人を寄せつけない。

小丸山城 (2)
八沢川と木曽川の合流地点に突き出る形の断崖上に主郭が置かれたようだ(現在はNHKの中継所)

【城主・城歴】

「西筑摩郡誌」(大正四年)によると、「小丸山は又八沢城とも言へり。応永忠(1394-1427)木曽親豊の築ける所 本丸 二の丸 出丸の遺址皆存す。~中略~小丸山は今日公園となり観楓を以て名あり」とある。

木曽福島には三つの山城があるが、その中でこの小丸山城が最も古く、次いで上之段城、それから福島城の順になる。親豊は須原(現在の大桑村須原)を本拠地としていたが、木曽谷の中心部で飛騨・伊那へ通じる交通の要衝「福島」の此の地に築城し、居館を移して木曽谷を制した。その子信道、孫の義元もこの城を使う。

小丸山城 (3)
中継所は立ち入り禁止なのだが、指揮所としては50×30ぐらいの充分な削平地である。

天文24年(1555)八月、武田晴信が木曽に侵攻した時には、「木曽古道記」によると義康が上之段城にその子義昌が小丸山城(八沢城)に籠り防いだが降伏したために戦火を免れることが出来た。
その後についてははっきりしない。福島防衛の一翼を担っていたものと思われるが、山村氏の頃になり、その必要性が薄れて廃城になったものと思われる。

小丸山城 (4)
郭2が現在高校のグラウンドになっていて面影は無い。

小丸山城① 001
航空写真で見るとこんな配置(Yahoo地図を加工)

【城跡】

諸記録によれば、主郭はNHKの中継所のある50×32m程のところで、二の郭は高校の所、三の郭はその西下の木曽福島駅の所で、ここが牛越の地名で居館地と言われる。
終戦まで主郭の東側に二段の腰曲輪があり、西側に上下二段の帯曲輪と西斜面に横矢掛りが残っていたというが今は無い。
山麓の八沢町はもと富田町といい、城下町として発達した所という。

小丸山城 (10)
主郭付近より三の郭(居館跡)があった駅方面を望む。

小丸山城 (12)
城址から見る福島城と居館跡。


≪小丸山城≫ (こまるやまじょう やさわじょう)

標高:811m 比高:58m
築城年代:不明
築城・居住者:木曽氏
場所:木曽町福島
攻城日:2015年5月24日 
お勧め度:★☆☆☆☆
館跡までの所要時間:- 駐車場:無し。道路狭いので路駐不可
見どころ:居館跡からの景色
注意事項:高校なので不用意に撮影すると通報される可能性あり。要注意。
参考文献:「信濃の山城と館⑦安曇・木曽編」(2013年 宮坂武男著 P441参照)
付近の城址:福島城、木曽氏居館跡、上之段城、火燃山狼煙台など

小丸山城 (15)
指呼の間に上之段城。

小丸山城遠景
木曽氏居館跡から見た小丸山城。


スポンサーサイト

Posted on 2016/09/08 Thu. 07:43 [edit]

CM: 6
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top