らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0131

「信濃の国をめぐる城郭」シリーズを完結させたいという野望  

◆越後の国境を越えなかった宮坂武男氏の謎◆

亡き父の葬儀を終え、色々な手続きや四十九日の段どりが一段落した。分家の身上なので仏壇も無いしお墓も用意してないし「お気楽オヤジ、ええ加減にせい!」という状態・・(汗)

さりとて身内の死という経験は初めてなので何もかもが初体験で手探り状態だし死者に鞭打つ訳にもいかない・・・(汗)。
でもって、今は相続人の確定という作業に入っている。

父の出生地が兵庫県だという事はなんとなく聞いていたが、父の人生の半分は全く不明である。少しは会話でもして聞いておくべきだったと後悔しているが、戸籍謄本の改正原戸籍を調べると、小生の知らない彼の人生の履歴書の一部を垣間見る事が出来る。

兵庫県朝来郡山口村○○○番地(現在の兵庫県朝来市)

そう、天空の城の竹田城や生野銀山で有名な朝来市(あさごし)である。この続きはいずれまた何かの機会にご報告出来ればと思う。

001.jpg

「えっ、ようやく買ったの?」 と思われそうだが、その通りである。

宮坂本シリーズのラストを飾るこの本の出版は2015年11月。甲斐も上野も中途半端で南進する事に躊躇していたのである。

「今年こそは飛騨の山城と城館巡りに行きたい・・・」 その思いが募り、とうとう購入したのであった・・・(笑)

この本に掲載されている346の城館で行った事のある城は「岩村城」と「設楽城」のたった二ヶ所だけである・・・(汗)

iwamura18[1]
岩村城の六段壁。

20130923110230eb4[1]
設楽城の郭2に残る土塁。

002.jpg

まあね、仏様になるm為に三途の川を渡り、四十九日までに凡そ730kmを歩いておる父の供養にでもなればとブログを再開してみました。

それにしても宮坂武男氏が越後に攻め入らなかったのは、武田信玄の版図を意識しての造作なんでしょうかねえ・・・。

何はともあれ、この本を購入してしまったからには、まだまだあの世には行けませんなあー・・・(笑)
スポンサーサイト

Posted on 2017/01/31 Tue. 22:39 [edit]

CM: 8
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top