らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0423

天狗森城 (下伊那郡大鹿村鹿塩塩原)  

◆駿木城の南を守る砦か?◆

大鹿村の古城探訪シリーズも今回が最終となる。時間切れで駿木城(するぎじょう)、梨原の物見(なしはらのものみ)の2ヶ所が回れず心残りとなるが、宗良親王の宝篋印塔も見ていないので、いつかまた来るぞ!と誓ったが、いつになるやら・・・(笑)

で、今回ご案内するのは天狗森城。

「天狗(てんぐ)」とか「狐(きつね)」とか「鼠(寝不見 ねずみ)」とかはスパイの隠語なので、この城も物見だったようだ。

IMG_0643.jpg
大島城も天狗森城もヘアピンカーブの先が城跡になる。

【立地】

鹿塩川の左岸、塩原集落の後背の山の中段に立地する。ここを更に中峰に登ると駿木城に通じる。鹿塩川の谷に面して張り出した形のため、谷筋の見通しは良く、街道の監視には絶好の場所である。

天狗森城見取図

【城主・城歴】

記録、伝承等もなく不明。背後に駿木城があることから、大河原城の防衛を担った物見と考えられている。

IMG_0627.jpg
土橋から見た北側の堀跡。

IMG_0625.jpg
主郭には最近まで秋葉社と春日社が勧進されていたようだが、我々の訪問時には撤去されて何もなかった。

IMG_0628.jpg
20×15の主郭。小屋掛けには充分な広さ。

【城跡】

ヘアピンカーブの先に土橋があるので、南北に堀切があったようだが工事で改変され詳細は不明。
主郭には塩原地区の氏神様が祀られた社があると宮坂氏は書いているが、我々が訪問した時には、老朽化して撤去された後だった。
郭2、郭3と綺麗に削平された段郭があるが、耕作地として利用された事も充分に考えられるので、どこまでが当時の遺構なのかは判断に迷うところである。

IMG_0630.jpg
郭2。(8×11)

IMG_0632.jpg
恐らく耕作地だったと思われる郭3。

IMG_0634.jpg
南側に展開する郭3(7×31)

郭3段の小規模な物見で、番兵が掘立小屋で交代で見張りをしていたものであろうか。
残念ながらここからの景色は見ることが出来なかったが、谷筋の物見として有効だったと思われる。

IMG_0638.jpg
郭3から見上げた郭2。

≪天狗森城≫ (てんぐもりじょう 寺平城)

標高:881m 比高:150m(国道より)
築城年代:不明
城主;不明
場所:下伊那郡大鹿村鹿塩塩原
攻城日:2017年3月19日
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:-
見どころ:段郭
注意事項:特になし
駐車場:無し、道路脇に寄せて路駐。
参考文献:「信濃の山城と館⑥ 諏訪・下伊那編 宮坂武男著」 
付近の城址:大河原城、青木城、松平城、駿木城など
Special Thanks to ていぴす殿

IMG_0629.png

さて、如何でしたでしょうか、大鹿村の古城探訪。南北朝時代の山城はなかなかピンとこないのですが、こんな桃源郷のような山奥の村にも南北朝の動乱の緊張感があったんだ・・・なんて事を思いながら古城めぐりをするのも楽しいものです。

皆さんも是非、大鹿村にお越しください・・・・ってか大鹿村の広報担当かい!(笑)

IMG_0645.jpg
帰りは秋葉街道を進み分杭峠経由で家路に・・・・・。この峠も初めて通りましたよ!


スポンサーサイト

Posted on 2017/04/23 Sun. 09:34 [edit]

CM: 0
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top