らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0507

保科前の山砦 (長野市若穂保科)  

◆霜台城の大手を守る物見砦◆

毎年の事ながら、GWが終わると山城探訪のトップシーズンも終わりを告げるのである。

そんな事にはお構いなしに年がら年中城跡探索を敢行する山城ツアラーもいらっしゃるようですが、小生は一休みでございますw

今回ご案内するのは、6年前に記載した霜台城をリテイクする為の再調査で立ち寄った「保科前の山砦」。前回は素通りしてしまったので、今回は新しい記事として掲載させていただこうと思う。

IMG_1045.jpg
登り口の須釜集落から撮影した前の山砦と霜台城。

【立地】

保科川の右岸、霜台城のある山の南西に張り出した尾根の中段に前の山砦がある。現在はトレッキングコースとして保科地区から前山砦~弾正岩~霜台城~クマ太郎岩~太郎山のルートが整備されている。(6年前は標柱など無かったが・・)
麓からの比高は105mの南へ向いた尾根の先端の弛みであるが、霜台城はここから弾正岩を経由し200mの比高を登る。長野市誌では「前山城」と言っているが、小出では前の山と言っているので、この名から「保科前の山砦」と宮坂武男氏が命名している。

IMG_1047.jpg
6年前はこのような看板も無かったが、今ではトレッキングコースとして整備されている。

【城主・城歴】

保科氏の出城の一つと考えられている。一説には、小井底五郎左衛門尉(こいていごろうさいもんのじょう)が伊那郡小井弖荘(こいでしょう 現在の伊那市小出)から移住し、小出砦に拠って村上氏に仕え、地名をもって小出姓を名乗ったという。その子小出大隈守は、元禄の初めに仙仁城(現在の須坂市)に移るという。

保科前の山砦見取図①
前回紹介した加増城よりも更に曖昧な縄張である。

IMG_1051.jpg
登山口から約10分で砦跡に辿り着く。看板もあるとは驚きであった。

霜台城2 (5)
砦の南先端部。街道を見張るにはちょうど良い高さと見晴らしである。

霜台城2 (6)
砦の中心部分の全長は葯27mとかなり広い。

霜台城2 (7)
主郭の背後は土塁が盛られ背後の堀切・土橋に続く。

【城跡】

尾根の中段の弛みへ上巾9mの堀を入れ、掘った土を内側へ土塁として盛土してある。堀は土橋で渡るようになっている。郭の両サイドの切岸は加工度も低く自然地形のままであろうか。北側に続く尾根を除くと三方が急斜面なので加工する必要性は無かったのかもしれない。
霜台城の比高が高いので、有事の際以外はこの砦に歩哨を置き警戒していたのだと思われる。

霜台城2 (8)
主郭から見た東側の土塁と背後の堀切。

霜台城2 (9)
堀切と土橋。

霜台城2 (12)
西側の沢に落ちる堀切。かなり埋まっているが上巾9mは圧巻である。

霜台城2 (14)
北側から見た堀と土橋。

以上、見てきた通り、堀切は立派なのだが郭が曖昧である。平時は物見砦として、そして戦時は霜台城へ向かう攻城兵を阻止する出城としての機能であればこれで十分かもしれない。

≪保科前の山砦≫ (ほしなまえのやまとりで)

標高:525m 比高:105m
築城年代:不明
城主;不明
場所:長野市若穂保科
攻城日:2017年4月19日
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:10分~15分
見どころ:堀切、土橋
注意事項:特になし
駐車場:長野市の若穂隣保館(公民館)がトレッキング者向けの指定駐車場。(無料)
参考文献:「信濃の山城と館②更埴・長野編」(宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)
付近の城址:霜台城、加増城、和田東山城、春山城など

IMG_1057.png

スポンサーサイト

Posted on 2017/05/07 Sun. 21:46 [edit]

CM: 4
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top