らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0611

只今、勉強中につき・・  

◆聖徳太子じゃあるまいし、同時に色々とキャパの無い頭に詰め込むのは無理かと・・◆

「知ったかぶり」が良くないのは当然なのだが、同じように勢いに任せて何の予習も無しに城址巡りをするのはどうかと思う・・(汗)

さりとて、中世城郭や在地国衆・武家に関する専門書はなかなか高くて、小遣い削る程度の覚悟では到底追いつけない散財であるのも事実であろう・・・。

だが、それでも「武士は食わねど高楊枝」の志を持ち、この趣味に邁進するのが平民の心意気であろうか・・・(笑)

信濃小笠原氏①

信濃の室町時代~戦国時代を語るには、信濃の守護であった小笠原氏を知っておかねばなるまい。しかし、この一族、意外と知られていないケースが多いのも事実であろう。

井川城①
府中小笠原家の本城は清宗の時に井川城⇒林城へ移したと伝わる。(写真は井川城跡に唯一残る土塁)

IMG_4823.jpg
府中・鈴岡・松尾の三家に分裂した小笠原家は天文三年頃に府中の長棟によってようやく統一された。(写真は林大城)

最終的に、豊前小倉藩、越前勝山藩として生き残った小笠原家の真実に迫る一冊。感想はいかに・・・。

中塔城①
信玄によって駆逐された信濃守護の小笠原長時の最後の籠城戦の舞台となった中塔城。


【障子掘の遺構が発掘によって明らかにされた芋川氏館の真実に迫る】

北信濃の国衆の芋川氏居館(上水内郡飯綱町)の発掘調査は、2002年~2014年まで4回実施されている。その結果、一辺60mの方形館で周囲を上巾8mの堀が周囲を囲んでいたことが判明した。

芋川氏①

そして城館を囲む堀の堀底には「障子堀」が確認されたのである。

芋川氏館①
2014年の発掘調査を受けて新設された現地説明板。

芋川氏②
2004年の第3次発掘報告書。

芋川氏③
東堀の堀底の障子堀の写真の掲載されている第4次発掘調査報告書。

素人の目視による城跡踏査は限界があるが、専門家による発掘調査結果には大抵新しい発見がある。

芋川氏館②
芋川氏居館跡の遺構として残る森家の北西の敷地の土塁に刺さる古い標柱。

芋川氏居館跡については、しっかりお勉強してから記事にしたいと思いますw

IMG_1673.png


スポンサーサイト

Posted on 2017/06/11 Sun. 22:10 [edit]

CM: 0
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top