らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0722

大池村山大城 (東筑摩郡山形村清水高原)  

◆隣接する山岳寺院の清水寺との関連が考えられる砦◆

この砦も、5年前に信濃先方衆が組織編制する前に「ていぴす殿」」にアテンドいただいた場所で、あまり記憶が無い・・(汗)

さりとて、デッドストックにするくらいならこの際に掲載してしまおう、という結論をご笑納くだされば幸いです・・(笑)

大城(山形村) (1)
長野県道25号塩尻鍋割穂高線(サラダ街道)を清水寺へ向かう。お寺の東側に砦跡がある。(看板には四阿とのみ表示されている)

【立地】

山形村の清水高原(きよみずこうげん)「清水いこいの森」にあり、慈眼山清水寺の仁王門から東へ200mほど下ったところの尾根先になり、白山神社のある場所である。沢と沢に突き出した尾根上で、視界はかなり広い。

大城(山形村) (5)
城址付近からの景色。さすがに標高1200mだけのことはある。

【城主・城歴】

「結城陣番帳」に大池氏の名がある事から、室町中期に大池村には豪族大池氏が居た事ははっきりしているが、居館の位置は不明だという。「村誌やまがた」ではこの場所について「大池氏の要害の城であったのだろうか・・」としている。
戦国時代における大池氏の動向は不明だが、小笠原氏の配下として従属していたようで、最終的には明石への転封に伴いこの地を離れたようだが、大池氏の分流はこの地に残り帰農し家名を繋いでいるという。

大城(山形村) (7)
砦の北側には舗装路が通っていて東先端は駐車場になっている。斜面が切岸となっているのがお分かりいただけるでしょうか。


大池村山大城見取図①
白山神社の鎮座している周辺の削平地が郭と考えられ、中央部分で堀形により分割されている。

大城(山形村) (10)
駐車場端にある石碑。上大池からの遊歩道の終点でもある。

大城(山形村) (9)
石碑の裏側には、ここに中世の山城があった事が記載されている。

【城跡】

V字の沢に突き出すような尾根に白山神社が勧進されている。秋葉社ではなく、白山社というのは、北の波田側にある白山信仰との関連が想定される。以前に掲載した波田地区の若澤寺と砦跡に隣接する清水寺(きよみずでら)は山号が「慈眼山」(じげんざん)で同じなのである。若澤寺も山岳寺院であったが、白山の元寺(1387m)を下りて中腹に建て直している。(といっても標高1000m近いが・・)
清水寺は創設が729年と推定され、千手観音(清水観音)を本尊とし地元の信仰も厚かったようなので、この砦は山岳寺院の清水寺を取り込んだ土豪の大池氏が物見を兼ねた砦として築いた事が想定される。

大城(山形村) (11)
主郭に建つ東屋(四阿)。高度成長期の副産物で、朽ち果てるのは時間の問題であろう。

大城(山形村) (12)
周囲を土塁で盛り結界を張った白山神社は地元の方によって整備されているようである。

四阿のある削平地が主郭で、白山神社の祠の背後を堀切で穿っていたようである。北側の舗装路は後世の取り付け道路で帯郭とは考えにくく、南側の通路は清水寺の仁王門への古道なので、いたってシンプルな縄張であったと思われる。

大城(山形村) (13)
白山神社背後の堀形。笹薮は嫌いです・・・(汗)

大城(山形村) (16)
西側からみた主郭との間の堀形。(写真中央の凹部分)

今思えば、中世山城デビューしたばかりで右も左も分からない素人の小生に対して、ベテラン(玄人)の領域に達していた「ていぴす殿」が呆れもせずに辛抱強く付き合って頂いた事、深く感謝しないといけませんネ・・・(汗)

ていぴす殿に、「山城探訪とは、時として笹薮探訪なのだ」と教えてもらったのが、この城だったような気がしますw

大城(山形村) (18)
城域南側の仁王門までの古道。あれから5年経過しても、笹薮と戦い続けている我らは進歩していないのであろうか・・・(笑)

「のど元過ぎれば、熱さ忘れる・・・」 初心者になりがちな過ちを繰り返しては、学習能力の無さを嘆く5年間であった・・・(汗)

大城(山形村) (2)
清水寺の仁王門。当時は全く興味が無く訪問すらしなかったが、改修工事明けの来年は是非訪れてみたいお寺である。


≪大池村山大城≫ (おおいけむらやまおうじょう)

標高:1202.5m 比高:450m (上大池より)
築城年代:不明
城主;不明
場所:東筑摩郡山形村上大池
攻城日:2012年9月2日
お勧め度:★☆☆☆☆
城跡までの所要時間:-
見どころ:堀形、郭
注意事項:笹薮漕ぎになるので、服装注意
駐車場:有り。
参考文献:「信濃の山城と館④松本・塩尻・筑摩編」(宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)
付近の城址:竹田城、小坂城、旭城など



大城(山形村) (4)
ここからの松本平は別格の風景である。

スポンサーサイト

Posted on 2017/07/22 Sat. 21:57 [edit]

CM: 4
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top