らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0907

松田館(千曲市八幡 長野県宝指定)焼失の衝撃・・・  

◆未来に語り継ぐべき貴重な遺構が人災により焼失◆

朝起きて、何となくtwitterをチェックしていたら、平山優先生の「衝撃的なニュースが!長野県千曲市八幡にある歴史的な神主屋敷「松田館」(長野県宝)が焼失。・・・・・・・後略」

「???」 まさか、冗談でしょ・・・。

ネットの動画ニュースで、紅蓮の炎に包まれ焼け落ちる「松田館」を見て、茫然自失。 なんてこった・・・(涙)

全国版のテレビでも取り上げられていた。信じたくないが、事実であった。

松田館 (44)
今年3月の見学会で公開されたときの母屋。今回の火事で跡形もなく焼け落ちてしまった。

来年には修復工事が終わり、一般公開予定だったという。

小生は、今年の三月に一部公開の時に見学させていただいたが、結局、その時が最後の見納めになってしまった・・・。

詳細は⇒「松田館2」を参照ください。

9月6日午後7時頃に出火し、約3時間半後に消し止められたが、県宝の主屋と斎館など四棟を焼失。出火原因は警察と消防で調査中だが、出火当時、ハチの巣の駆除を千曲市より委託された男性が敷地内で火を使って除去作業をしていたという。

松田館 (11)
永遠に見ることが出来なくなった儀式のための湯殿。(主屋)

自然災害による倒壊ならば、仕方がないと諦めもつくだろうが、完全な人災である。未然に防げた事故である。

ご覧の通り、主屋はほぼ全面が茅葺(かやぶき)の屋根。火を付けたらどうなるかなんて、子供でも分かりそうなものである。

千曲市の管理監督もお粗末で、税金を5億円近く投入した史跡整備事業だということが全く周知徹底されていない。

所詮は他人事。この御屋敷の価値を認識していた方が果たして何人いたのか?消火栓、スプリンクラー、放水銃など、最悪の事態を想定した防災設備があれば、延焼は喰い止められたかもしれない。今となっては後の祭りである。

【火災後の松田館】

いても立ってもいられず、昼休みに現地へ飛んでみた。

松田館 (87)
在りし日の松田館(今年3月撮影)

IMG_2638.jpg
焼け跡の遠望。新調された土塀の向こうにあるはずの主屋も斎館も見えなかった。

木材の焼け爛れた臭いが、道路を隔てた武水分神社まで拡散して、炎の激しさを物語っている。

警察・消防の現場検証が続き、冠木門・長屋門は固く閉ざされキープアウトテープでシャットアウト。報道陣も何社か門の前で待機している。

僅かに開いた冠木門(松田邸正門)から、ワンチャンスで撮影を試みた。

IMG_2628.jpg

IMG_2632.jpg
正門の正面の斎館。ああ、なんという姿に・・。

IMG_2633.jpg
商売柄、お巡りさんとか消防士さんとかは平気なのですが、さすがに緊張してパチリ。

残念ながら、主屋は敷地内に張れないので撮影出来ず。なんかねえ、無性に悲しかった。

IMG_2634.jpg
神主の松田さん宅は斎館の隣でしたが、辛うじて延焼の難を逃れたようです。ホッとしました。

IMG_2623.jpg
長屋門の奥に主屋の焼け爛れた残骸が見える。あの雄姿をもう見る事は出来ないのだ。

IMG_2635.jpg
主屋の茅葺屋根の燃え残りの拡大。二百年以上風雪や雷、戦災にも耐えてきたのに、一瞬で消え去るとは。

IMG_2637.jpg
辛うじて骨格と屋根が燃え残った斎館(南側道路より撮影)

●今回焼失した主な建物

 名称:長野県宝「松田家住宅主屋」(まつだけじゅうたくおもや)

 指定:平成16年11月22日
 概要:主屋の建築年代は不明だが、建築部材の仕上げや建物の特徴から18世紀代の建築と推定される。
     19世紀前期に現在のように改造されたものと考えられる

 建物の特徴として、間口十二間語釈、奥行四間の細長い木造平屋建、茅葺(かやぶき)の建物で、間口中央から斎館に向かって 凸字形に突き出した平面形となっている。
 主屋の平面は、前後に五室が並ぶ形式で、土間が表から裏まで通る一般の民家とは異なった間取りとなっている。天井が低く、  差鴨居(さしがもい)や長押(なげし)を用いない武家住宅のような趣がある。

 名称:松長野県宝「田家斎館」(まつだけさいかん)

 指定:平成26年2月28日
 概要:文久元年(1861)に再建された間口7間、奥行3間半の寄棟造の建物で、神殿が設けられた儀礼を主に行った。
    現在も9月14日の仲秋祭や大頭祭の頭殿さんの出達儀式の場として使われている。

松田館 (6)
もう見る事の出来ない主屋の屋根。

私たちは、先代の人々が命懸けで守り続け、未来の子供たちに引き継ぐべく貴重な遺構を、あり得ない凡ミスで灰にしてしまった。

悔やんでも悔やみきれない痛恨のエラーである。

同じ不幸を繰り返さない為にも、今一度皆が全力で文化財を守り抜く誓いを立てたいと思う。



スポンサーサイト

Posted on 2017/09/07 Thu. 22:15 [edit]

CM: 6
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top