らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1022

西牧氏終焉の地という幻の「殿様小屋」の遺構を求めて  

◆前人未到の伝説の地に果たして遺構は存在するのか?◆

朝廷に良質な信濃の馬を献上する牧場経営の手腕に優れた東信濃の海野を拠点とする滋野一族(嫡流は海野氏・祢津氏・望月氏)は、上野国や筑摩・安曇野にも一族が「牧」を作って進出し隆盛を極めたという。

深志・安曇野方面に進出した滋野氏の傍流としては、光城の光氏、塔ノ原城の塔ノ原氏 会田虚空蔵山城の会田氏・岩下氏、北条城の西牧氏あたりが土着した豪族として名を残している。

今回、我ら信濃先方衆が目指したのは、梓川流域を支配しながら、時の権力者であった小笠原氏によって排除された滋野氏系の西牧氏最期の拠点となった「殿様小屋」である。

【さて、行きましょうか】

稲核集落に車を止めて、我らは梓川の対岸を目指します。ここで、思いがけない事実に茫然自失となります。

IMG_2825.jpg
殿様小屋に向かうには、稲核集落から梓川に架かる吊り橋を渡る必要があるのだが、床板の木が腐っていて通行禁止。

ダム湖を横断する吊橋は、かなり頑強にみえるのだが、肝心の床板は所々欠けてボルトも腐食し「自己責任」。

欄干につかまりながら何とか半分まで渡りかけたものの、「死して屍拾うものなし」という格言に恐れ慄き撤退する。

IMG_2821.jpg
一見何の変哲もなさそうな吊り橋だが、昭和四十年代の開通以降、何のメンテナンスもしていないので、ヤバ過ぎ。

IMG_2823.jpg
この高さから落下して生きて帰れるとも思えないし・・・(汗)・・・撮影してる自分も可笑しいでしょ・・・(汗)

IMG_2822.jpg
「この橋渡るべからず」なので、橋の端を慎重に戻る「ていぴす」殿。鉄骨の無い橋の中央は腐った枕木を踏み外せば「サヨナラ」。

「安全は全てに優先する!!」 我ら信濃先方衆のスローガンでもある。

IMG_2828.png
この場所で撤収を決意したのはいいが、対岸に渡る方法はあるのだろうか?

【水殿ダム経由でトライしてみた】

吊り橋の下流にもう一本対岸に渡る橋があるようだが、対岸の道路が破線表示されているので、まともな道では無いのであろう。
なので、上流側に設置された水殿ダム(みどのだむ)の管理道路が通れることを信じてトライしてみた。

IMG_2829.jpg
水殿ダムはアーチ式コンクリートダムで、安曇3ダム(奈川度・水殿・稲核)の中間を担うダムである。

IMG_2832.jpg
ダムの下流には、先ほど顔面真っ青になりながら半分まで渡った吊り橋がよく見えますw

IMG_2835.jpg
水殿ダムのダム湖。

IMG_2840.jpg
中世城郭ファンの中には隠れダムファンも多く、小生もその一人だと思われる・・(笑)

IMG_2848.jpg
高さ95.5m。ダムの直下に発電所4基を設置したため、洪水吐き(放水口)は右岸にスキージャンプ式を設置した珍しい形式だ。

IMG_2846.jpg
スキージャンプ式の洪水吐き。放水される場面を見てみたいものですw

おっと、いかんいかん、ダムを熱く語る記事になっておるではないか・・・(汗)

梓川の安曇3ダムについては、また取材もかねて別の機会にご披露を・・・えっ、いらないの?・・(笑)


【栃沢入口を見張る砦に遭遇】

水殿ダムの上部は遊歩道として開放されていて対岸にも渡れたのである。かつては、我々が断念した吊り橋も含めて周遊出来る遊歩道だったらしいが、訪れる人は釣り人ぐらいで廃れてしまい。東京電力は周辺の歩道整備を放置したようである。

IMG_2851.jpg
左岸の遊歩道は時々ダムの堆積土や流木の廃棄場所への作業道として使われる程度で、廃道に近いものだ。

我々は水殿ダムから左岸の廃道を15分ほど歩き、栃沢への入口の尾根に着いた。かつてはこの辺りの集落の生業は「杣」(そま)であり、林業を中心とした生活で山と共に暮らしが成り立っていたので、かなり深い沢や険しい山の斜面にも道が入っていたと推定される。

IMG_2852.jpg
栃沢に存在すると言われる「隠れ小屋」「殿様小屋」への登り口。看板が怪しい光を放つ異様な光景である・・・(汗)

かすかに残る杣人(そまびと)の残した栃沢への道を少し登ると、明らかに人工的に手を加えた削平地と土塁が出現した。

「なるほど、これが西牧氏が急造した栃沢の見張小屋(仮称)かもしれない・・」 宮坂武男氏もここの遺構には触れていない。

IMG_2854.jpg
中央を石積みの登り土塁で区分けされた平場。小屋掛けが十分可能なスペースが二つ存在している。

IMG_2856.jpg
往時のものかは判断が難しい石積み。

IMG_2858.jpg
石積みは土塁状となって削平地を遮断しているのが分かる。

周囲の雑木林を伐り払えば、南向きなので小屋掛けに適しているし、栃沢への侵入を見張るにも最適の場所である。
断定することは避けたいが、ここに西牧氏が砦を作って小笠原氏の残党狩りに備えたとしても不思議はない。

しかし、この先は藪が酷くGPSの受信もままならない状態で2時間近い藪漕ぎ登山は遭難の危険大と判断し、11月に再挑戦ということで撤収を決定した。

IMG_2890.jpg
稲核集落から見た殿様小屋方面。

果たして次回我々は、西牧氏が捲土重来を期し、最後に籠ったという「殿様小屋」の場所を特定することが出来るのだろうか?

それよりも、果たして我々は生還することが可能なのであろうか・・・・(汗)

IMG_2959.png
我々が探し求める殿様小屋はこのあたりと推定されるが、誰も行った事が無いので不明のままである。


【おまけショット】

最初に渡れずに途中で引き返した吊り橋の左岸の風景を撮影してみました。

IMG_2864.jpg
渡れそうなんですが・・・やめてください。

IMG_2862.jpg
一休さんのとんち問答ではありませんので、「真ん中」はもっと危険です

水殿ダムの左岸には釣り人用の「水殿隧道」(トンネル)があり、その先に中山橋という吊り橋があります。この吊り橋は辛うじて補修されているので渡れますが、それでも十分に注意していただくと、絶景とスリルが味わえます。

IMG_2843.jpg
ここからトンネルに入ります。(水殿隧道)

IMG_2866.jpg
トンネルを抜けると中山橋(吊り橋)が見えます。

IMG_2872.jpg
この吊り橋は補修されてある「はし」(端)を歩かないと危険です・・(笑)

IMG_2880.jpg
所々に穴が開いているので気を付けましょう!

IMG_2873.jpg
橋の上から水殿ダム方面を撮影。

IMG_2875.jpg
橋の上から水殿川を撮影。この川の上流に徳本峠があり、そこを越えると上高地に通じます。

IMG_2881.jpg
10月下旬から11月上旬あたりが紅葉に染まるのでお勧めですw

IMG_2841.jpg
水殿ダムから見た中山橋。

●訪問日:2017年10月9日








Posted on 2017/10/22 Sun. 11:56 [edit]

CM: 8
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top