FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0705

水の手城 (リテイク 上田市東内)  

◆2010年の心残りを2015年にリベンジして、2018年ようやくお披露目となる◆

今思えば、初心者の頃は険しい山城に挑む時、気力だけではカバーできない現実を思い知る事が多々あり、数多く挫折してきた。

体力ももちろんだが、積み重ねた経験値が何よりも重要なファクターなのだと最近つくづく思うのである。
といっても、年を重ねれば体力的に到達が困難な山城があるので、行けるうちに行かないと後悔するという矛盾もある・・・(笑)

でもね、あの頃の山城に対する情熱は今の比ではなかったと懐かしくさえ思う・・・「好き」を続ける事は難しい・・・(汗)

今回リテイクしてお届けするのは、駆け出し故の激しさで体力配分を間違えて自滅した水の手城である。

水の手城2 (1)
鳥羽城の攻略後に水の手城へ。途中で足の筋を違えてしまい、苦痛に顔を歪めながらの攻略となってしまった・・(汗)

水の手城2 (3)
A地区の最初の段郭。連郭式で削平も甘く年代もかなり古く、初期の水の手城の姿である。

【立地】

依田窪地区を流れる依田川水系の内村川の左岸、東内の富士嶽山(1034.3m)から南東へ延びた尾根上に水の手城がある。この山は急峻な岩山なので、東尾根筋から登る。

水の手城見取図①
城域は広く、4区域から成る。随時拡張されていったと見るべきであろう。

【城主・城歴】

「長野県町村誌」に「和子組 子の方(北)四町山上にあり。東西十五間、南北十間塁址あり。東に古井ありて四時水を湛ゆ。西に大堀切一条あり。深さ一丈八尺、北は峻険歩を進め難し・・・」とあり、城歴についてはふれていない。

水の手城2 (7)
スミマセン、堀切㋐ではなくて㋑でした・・・(汗)

水の手城2 (9)
A地区最終の郭。周囲は岩場で囲まれている。

【城跡】

ここは宮坂武男氏の解説に従い、A・B・C・Dの四区画に分けて見てみよう。年代順に拡張していった経緯が読み取れる。

●A地区

東尾根の先端で三方は急斜面で人を寄せ付けない。二条の堀切を認めるが、郭の削平は曖昧。西端の岩盤で囲まれた高所が往時の主郭であろうか。ここからB地区に行くには岩盤北側の斜面を慎重に移動しないと辿り着けない。

水の手城2 (10)
A地区の最高所から見る鳥屋城。居住区間というよりは物見の部類であろう。

●B地区

堡塁1・2の二つの岩峯と沢筋の平地郡で構成される。堡塁2の背後に二ヶ所大きな平場があり、居住区と推定される。今回は足の故障で探索を断念したが、沢筋に湧水場があり、これが水の手と呼ばれ城の名の由来であろうか。

水の手城2 (13)
A地区からB地区への移動は滑落の危険があるので神経と体力を使う。北側の斜面にう回路があるが獣道である。

水の手城2 (15)
「こんな山の中で何やってんだろうオレ!」・・・自問自答は毎度の事である・・(笑)

水の手城2 (17)
堡塁1。さて、この急斜面を満身創痍でどうやって登れというのか・・・(汗)

水の手城2 (23)
堡塁1から眼下の国道254号線。

水の手城2 (25)
堡塁2に続く尾根筋。西側の居住区(逃げ込み城)の物見であったと想像される。

水の手城2 (29)
B地区の西側の居住区。2010年はここで矢尽き刀折れたのである・・・(汗)

水の手城2 (30)
恐らく沢筋から上がったこの尾根筋(B地区とC地区の境)は古道が走り「乗り越し」であったと思うがどうであろうか。

ここで右足が悲鳴を上げていたが、騙し騙し未だ見ぬC地区・D地区へ・・・・・・・・・・・・・・・辛かった・・・・・。


●C地区

水の手城の中心部分である。主郭の東下に石積みで補強された段郭を置き、主郭は28×11の楕円形で南側に虎口が開く。背後は二重の岩盤堀切が遮断。一条目は北側斜面に竪堀となり下る。オーソドックスな作りだが三方の傾斜が厳しいのでこの程度でも充分な防御力がある。

水の手城2 (35)
岩盤で屈強に補強された主郭手前の段郭。

水の手城2 (37)
主郭から見下ろした段郭。その先には内村川流域の旧丸子町の市街地が広がる。

水の手城2 (38)
5年越しのリベンジで辿り着いた水の手城の主郭(28×11) 後方に土塁が確認できる。

水の手城2 (40)
主郭背後の岩盤二重堀切。足の痛みを忘れる一瞬がここにありますw

水の手城見取図①
再度見取図を掲載しておきましょう・・。

水の手城2 (49)
この城域最大の堀切㋒。上巾9mの圧巻の岩盤堀切。

水の手城2 (56)
堀切㋓。上巾3mだが、堀切㋒のサポートなのでこの程度でも機能する。

●D地域

尾根に居住空間を新たに築いたとは言い難く、退路の確保を行うための戦闘空間であろうか。特に堀切も無いので、主郭の後詰めの兵士を置いたようでもある。或いは櫓台でも置いたのであろうか。

水の手城2 (63)
D地区の郭。

水の手城2 (64)
郭の中央にある櫓台跡。

水の手城2 (66)
D地区の西側は堀切など無く尾根伝いで地山に続く。

水の手城2 (4)
水の手城のリベンジには鳥羽城に引き続き「ていぴす殿」にお付き合い頂いた。(写真はA地区)


≪水の手城≫ (みずのてじょう)

標高:900m 比高330m (C地区)
築城時期:不明
築城・居住者:不明
場所:上田市東内和子
攻城日:2015年3月15日 
お勧め度:★★★☆☆ 
城跡までの所要時間:45分  駐車場:無し
見どころ:景色、堀切、土塁、郭など
付近の城跡:鳥羽館、鳥羽城、鳥屋城など
注意事項:ある程度の体力と技術、山城踏破の経験値は必要。岩盤剥き出しのため尾根の北側をトラバースするので滑落注意。
参考書籍:「信濃の山城と館③ 上田小県編」(宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)、長野県町村誌など
SpecialThanks:ていぴす殿

水の手城2 (75)
西内郵便局付近から見た水の手城の遠景。

スポンサーサイト

Posted on 2018/07/05 Thu. 21:59 [edit]

CM: 13
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top