FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0824

貝梅城 (安曇野市穂高等々力)  

◆烏川の洪水により遺構が消滅したと伝わる在地土豪の居館跡◆

この夏は「ものぐさ太郎」(物くさ太郎とも・・・信濃国筑摩郡の民話)のように無精者になると決め込んでいたが、休日に家でゴロゴロしたりプラモ制作に勤しむのも「ジジむさい」(意味が通じるのか??)と思い、無駄な体力とガソリン代をつぎ込んで信濃漫遊の旅に出ている・・・(笑)

今回ご案内する「貝梅城」(かいばいじょう)は、昨年ブロ友として和親条約(?? どんな条約なのか・・・汗)を締結した 久太郎の戦国城巡り に影響されて未訪だった安曇地方の城館を急遽訪問した中の一つである。

※以下は久太郎さんのブログの最近のトップページです。⇩

screenshot_20180824_215339.png
なかなかツボを心得たユーモアにあふれた文章と、さりげなく端的に述べた史実は肩ひじ張らずに読めるのが嬉しい。



DSCF5083.jpg
穂高図書館(旧穂高町民会館)裏にひっそりと建つ碑。


【立地】

旧穂高町(現在の安曇野市)の市街地の北方、烏川、穂高川に近いところで、現在穂高町民会館があるあたりが貝梅城の跡と伝わる。宅地開発や鉄道の敷設、町民会館の建設等で遺構は全く確認出来ない。
穂高図書館(旧穂高町民会館)の北東隅に「貝梅城跡」と「東龍寺跡」の碑があり、僅かにその存在を後世に伝えている。

DSCF5084.jpg
隣接する「東龍寺」の碑。


【城主・城歴】

長野県町村誌には「貝梅城墟」として、「本村(東穂高村)の北に當、字北城にあり。当時田園となり、城郭石壁等不在。何人の居城や不詳」とある。

IMG_1883.jpg

城跡碑の傍らの「由緒」には次のように書かれている。

「此の地には、往古貝梅城と称する古い城郭があり、信府統記によれば、高根伊勢守という人が居館したと言われている。その後中世に在地領主が北城を築き、西隣には五輪の塔があったことを伝える地名があり、南隣には堀を巡らした東龍寺というお寺があった。
天正年間、烏川の洪水により、これらは全て押し流されたと伝えられている。ここに城館並びに寺跡の碑を建立して後世に残すと共に、無縁仏を供養するために併せて供養塔を建立する。
平成二年四月二十九日 貝梅城・東龍寺の碑並びに供養塔建立委員会 」

IMG_1884.jpg
「由緒」書き。

≪貝梅城≫ (かいばいじょう)

標高:536m 比高:-
築城時期:不明
築城・居住者:不明
場所:安曇野市穂高等々力北城
攻城日:2017年6月18日
お勧め度:★☆☆☆☆
城跡までの所要時間:- 駐車場:穂高図書館の駐車場借用
見どころ:石碑のみ
付近の城跡:等々力城、古厩城、穂高氏館など
注意事項:特になし
参考書籍:「信濃の山城と館⑦ 安曇・木曽編」(宮坂武男著 2013年 戎光祥出版)

IMG_1885.jpg
残念だが、周辺には何の遺構も確認出来ない。



IMG_1887.jpg
石碑は凄く立派なのだが、何故この城にこれだけお金をかけるのか不明だ・・・。
スポンサーサイト

Posted on 2018/08/24 Fri. 21:52 [edit]

CM: 2
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top