FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0925

天狗山の砦 (群馬県高崎市倉渕町)  

◆北条の侵入に備えて真田昌幸が築いたと伝わる砦◆

前回の記事の巻頭カラーの迷彩塗装の軽空母「大鷹」が好評だった・・・全く本文と関係ないのだが・・・・(笑)

今回ご案内するのは高崎市倉渕町シリーズ第二弾の「天狗山砦」である。

昌幸パパの名前さえ出せば、閲覧数はうなぎのぼりになるのか・・・??

天狗山の砦 (1)
登り口は麓の「角落山大権現」(つのおちやまだいごんげん)の赤い鳥居。ここからひたすら参道を登る。

【立地】

烏川の右岸、大明神山の砦のすぐ南500mの位置に天狗山がある。大明神山と同様、烏川を挟んで権田城と対峙して烏川の谷筋を見張る形である。登り口は東麓の内手橋のすぐ隣にある「角落山大権現」の赤い鳥居のところから山頂への参道がある。農道と参道の分岐点が不明確で幸い畑に住民の方がいたので教えて頂いた。
参道は直線で尾根筋を登るので結構しんどい。

天狗山の砦 (26)
参道は砦の廃城後に大権現を勧進したときに造られたもので、往時の大手とは違うだろう。

天狗山の砦 (24)
急坂を登ると一度尾根の削平地に出るが、ここは城域には含まれないようだ。


【城主・城歴】

史料・伝承は無いが、この地域の諸城砦は権田城を除いて他のものは武田氏の下で吾妻地方の経略に関わった真田昌幸が天正記に入って北条氏の侵入に備えて築いたものと考えられている。
北条は大戸の手丸子城を手中にするが、天正十八年の侵入も小田原の役の開戦で中断し、それ以後は、下室田松山城に居城した上田上野介の支配下に入り、天正十八年北条氏滅亡後は徳川領となり、松平近政が大戸・権田・三ノ倉五千石を知行し三ノ倉に居城するが、その他の城砦は必要が無くなり廃城となる。

天狗山の砦見取図①

天狗山の砦 (21)
主郭手前にある四段の段郭のうちの一つ。

天狗山の砦 (18)
主郭には大権現社が建ち、周囲は砦の遺構の土塁が周回している。

天狗山の砦 (17)
勧進による破壊は最小限に抑えられたようだが、風化と共に土塁もはっきりしなくなっている。

【城跡】

山頂の主郭は三角形で周囲を土塁が取り巻いている。南東尾根の一段下には台形の副郭が置かれ、その先は堀切で穿ち平場の尾根を遮断している。この方角が搦め手であったようだ。現在参道の登る東尾根には四段の段郭が認められる。
おそらくこの砦は烽火台と物見の役割を担い、権田城、大明神山の砦と共に善光寺道と草津街道を監視したものと考えられる。

天狗山の砦 (13)
主郭を周回する土塁。

天狗山の砦 (10)
北西尾根の副郭と堀切。

天狗山の砦 (7)
堀切を挟んだ先には平場があるが遺構は特に認める事が出来なかった。

天狗山の砦 (4)
沢を挟んだ対岸500mには大明神山砦が連携して備えている。


≪天狗山の砦≫ (てんぐやまのとりで)

標高:590m
築城時期:不明
築城・居住者:真田氏?
場所:高崎市倉渕町川浦
攻城日:2017年12月23日
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:20分 駐車場:無し(鳥居近くに路駐)
見どころ:土塁、堀切など
付近の城跡:木戸沢番所、権田城、大明神山の砦、観音山小栗邸址など
注意事項:特になし
参考書籍:「境目の山城と館・上野編」(宮坂武男著 2015年 戎光祥出版)



天狗山の砦 (2)
登り口からみた砦跡。

Posted on 2018/09/25 Tue. 21:44 [edit]

CM: 2
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top