FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1028

郷士谷津の砦 (群馬県富岡市)  

◆ほとんどの中世城郭跡は私有地だという認識を肝に命じて欲しい◆

中世の山城や城館巡りをしていると、時々残念な表示板を目にする。

「私有地につき立入禁止」

よほどの観光地でない限り、我々が趣味で巡る場所は私有地であり、そこには必ず土地の所有者が存在する。

IMG_8089.jpeg
郷士谷津の砦の段郭に建てられた「立入禁止」の表示板。

大抵の場所は、柵や出入り禁止のロープなどがなく地主様の暗黙の了解(ご厚意)があり、隅々まで見る事が出来る。じつはこれ、実にありがたい事なんです。
国や自治体の史跡指定を受けていなくても、地主さんが私有地を解放してくださるのは、その場所が未来に語り継ぐ場所だと承知しての大判振る舞いなんです。

今回訪問した「郷士谷津の砦」(ごうしやつのとりで)は、残念ながら真新しい「立入禁止」の標識があった。
城跡訪問者とは断定できないまでも、地主さんがわざわざ標識を立てるということは、重大なマナー違反があったのであろう。


【立地】

高田川の右岸の丘陵上の郷士谷津集落の後背の小山に立地する。城跡へは郷士谷から城内を通る林道経由で登れる。
※現在城跡へは立入禁止

【城主・城歴】

確かな事は不詳だが、里傳では稲葉筑前守が築いたとされ、稲葉氏は高田氏に関連する人物と伝わる。

IMG_8090.jpeg
城内を貫通する林道より一段下の段郭。


【城跡】

宮坂武男氏の縄張図によれば、独立した小高い小山の頂部に主郭を設け、周囲を数段の段郭が囲み主郭背後の尾根を長大な堀切が遮断する構図である。
残念ながら立入禁止看板により実際の現地調査は叶わず推定だけである。

IMG_8091.jpeg

従来のSNSの記事を見ても、特に出入り禁止については書かれていなかったので、最近の出来事らしい。

確かに耕作地を踏み荒らされたり、ゴミが落ちていたりすれば気分が悪くなるのは当たり前の事だ。

という訳で、今回は「郷士谷津の砦」を踏査出来なかった。いつか再び解放していただけるとよいのですが・・・。

城跡訪問時は当たり前のマナーを守る事・・・これ大事です。

出入り禁止になると、その次に訪問予定されている方々が締め出されてしまいます。お互い、肝に命じましょうネ。


≪郷士谷津の砦≫ (ごうしやつのとりで)

標高:280m 比高50m
築城時期:不明
築城・居住者:稲葉氏
場所:富岡市妙義町
攻城日:2018年10月21日
お勧め度:-
城跡までの所要時間:-
見どころ:-
付近の城跡:菅原城、神成城など
注意事項:現在は立入禁止
参考書籍:「境目の山城と館・上野編」(宮坂武男著 2015年 戎光祥出版)
スポンサーサイト

Posted on 2018/10/28 Sun. 20:37 [edit]

CM: 2
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top