FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0131

金比羅山砦 (群馬県嬬恋村鎌原)  

◆鎌原城の物見砦◆

この冬は例年になく降雪が少ないらしいが、そうはいっても冷凍庫のような信州の冬である。

山城攻めも諦めて、最近お気に入りの岡崎体育を聞きながら艦船プラモの製作に疲弊している日々・・・(笑)

今回ご案内するのは、小生が微力ながら宣伝活動を継続してきた鎌原城の物見砦と伝わる金比羅山砦。

羽根尾城・鎌原城 056
10年前の鎌原城址。地元民もほとんど知らなかった城跡だったが、お土産店のお婆さんに教えてもらい何とか探し当てた・・(汗)

某大河ドラマ「真田丸」の相乗効果を期待して、岩櫃城とともに鎌原城も整備が急ピッチで行われたがさほどの集客効果にはつながらなかったようだ。

金毘羅山の砦 (6)
すっかり整備された鎌原城の本丸に建てられた立派な城址碑。格上の岩櫃城の城址碑に匹敵する豪華さである・・・(笑)

10年前の探訪時に説明板に記載のあった「金比羅山砦」の記載は気になっていたのだが、そのまま捨て置いた。
今回たまたま信濃先方衆の上野国遠征で、相方がチョッと寄ってみましょうよ・・・という言葉でその気になったしだいである・・(汗)

羽根尾城・鎌原城 057
10年前の説明板にも、現在の説明板にも「金比羅山砦」は鎌原城の物見として記載がある。

【立地】

吾妻かわの右岸、鎌原城(かんばらじょう)の北、谷を隔てた断崖上の小山が金比羅山砦である。崖の直下を国道144号線が走り鎌原城との間の谷は、西窪(さいくぼ)から鎌原への道が通るが、山体は険しく近寄りがたい山である。登り口は東側の浅間白根火山ルートのカーブの所から尾根沿いに踏み址があるので、それを辿る。吾妻川の谷へ張り出した山のために流域の視野は広い。対岸に西窪城が築かれている。

金毘羅山の砦 (9)
道路脇から道形を辿り尾根を登ると立派な堀切が現れる。

金毘羅山砦見取図①
今回は手を抜いた縄張図です・・・ごめんなさい・・・(汗)

【城主・城歴】

鎌原城の所で吾妻川が蛇行するために、同城から西方は良く見通せるが東方は丘陵地により視野が限られてくる。それを補うために谷中へ突出した金比羅山に砦を置き物見の塁としたと伝える。西側は西窪城から、東方は赤羽台を介して鷹川城、羽根尾城へ伝えたという。
言ってみれば鎌原城の目となった砦で、戦国期には狼煙台として機能したもので、真田氏の支配下に入った頃には、沼田から鳥居峠や角間峠の先の真田、更に上田までの連絡網が出来ていたことが考えられ、その一つに数えられ物見である。

金毘羅山の砦 (10)
こんなちっぽけな砦で土塁付きの堀切に出遭えるとは思いもよらなかった・・。

金毘羅山の砦 (12)
堀切を登った最高部が主郭。(16×10)

【城跡】

山頂の主郭は16×10mほどの長方形の平場で、中央部が少し高くなっているのは金比羅祠の跡と思われる。南に上巾9mの堀切がある。北側6m下に30×10mの2の曲輪があり、東辺に土塁が残る。1との間に虎口状地形があるので、ここへ鎌原城からの連絡路が登っていたことが考えられる。あるいは水場への道があったのかもしれない。
北は断崖で、2の先端から東の沢へ下る道跡が残る。

金毘羅山の砦 (13)
主郭(郭1)から見下ろした郭2.同胞のていぴす様が調査中である・・・(笑)

金毘羅山の砦 (14)
郭2は東側に土塁痕が残る。

金毘羅山の砦 (16)
主郭と郭2の境。堀切に見えるが両サイドへの切込は見られない。

金毘羅山の砦 (19)
郭2の先端の段郭。この先は断崖絶壁である。

郭2つと堀切一つの取るに足らない小さな砦である。だが、それがとてもいいのである・・。

得体のしれない妖怪が来襲するかもしれない恐怖に狼狽する在地土豪と地元民。

こんな田舎にも戦国時代という風雲急を告げる時代があったのだと、改めて思うのである・・・・。


≪金比羅山砦≫ (こんぴらやまとりで)

標高:860m 比高:70m
築城時期:不明
築城・居住者:不明
場所:群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原
攻城日:2018年10月24日
お勧め度:★☆☆☆☆
城跡までの所要時間:10分 駐車場:無し(邪魔にならないように路駐)
見どころ:堀切、土塁など
付近の城跡:鎌原城、西窪城、大笹関所、鷹川城など
注意事項:特になし
参考書籍:「信濃をめぐる境目の山城と館・上野編」(宮坂武男著 2015年 戎光祥出版)



羽根尾城・鎌原城 084
吾妻川の対岸から見た金比羅山砦。

金毘羅山の砦 (5)
おまけショット⇒鎌原城では城主様がお出迎えしてくれました。

スポンサーサイト

Posted on 2019/01/31 Thu. 22:40 [edit]

CM: 2
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top