FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0611

吉崎城 (群馬県下仁田町吉崎)  

◆単なる物見砦と言うには身分不相応の五条の大堀切の備え◆

先入観を持ちたくないので、初訪の山城は登り口の確認だけWEB検索させていただく主義である。

なので、今回の吉崎城は日頃お世話になっている清之介さんがブログで記載している事はガッテン承知の介(古いなあー笑)なのだが、彼には登り口にジムニーが駐車出来るか聞いただけである・・・(ゴメンナサイ・・・汗)

IMG_0077.jpeg
麓から見上げる。どうやら手前の山頂が吉崎城らしい。

登城口は県道の千沢の橋のたもとの民家の脇道を入った突き当り。富士山登山口の道標がある。軽自動車なら入れて二台ぐらいの駐車スペースがある。

IMG_0078.jpeg
登城路は浅間神社の参道を登るので、ジムニーの手前を左に登る。

【立地】

下仁田市街地の東南東、鏑川の右岸で千沢が合流する所の東の山が藤山(富士山)で、そこが城跡である。標高453mの頂上の主郭には富士浅間神社が勧進されており、麓からの登山道も整備されているが、鳥居までは結構急斜面が続く。
比高は約200mだがゆっくり登って30分弱ぐらいで頂上。眺望はすこぶる良い。(冬場だけ・・・・)

吉崎城見取図①
最近テキトーさに拍車がかかってきた見取図(笑)

IMG_0081.jpeg
中段にある郭。山頂の主郭は狭いので、実際の小屋掛けはここだったと思われる。

IMG_0086.jpeg
鳥居のあたりも削平が確認出来る。ここから先が城の主要部となる。

IMG_0087.jpeg
上から見ると、鳥居とその周辺が削平された郭になっているのがお分かりいただけるかと・・。

【城主・城歴】 ※「境目の山城と館 上野編」(宮坂武男著)より引用

城主は桜井丹後守の出城で家老の桜井右近将監居城と伝えている。鷹ノ巣城主小幡三河守貞政は山の内上杉家に属し殆んど鷹ノ巣を留守にしていて城代の桜井丹後守が仕切り、吉崎城の方は右近将監が守ったものと推定される。築城は鷹ノ巣城の後で三河守貞政がの後を継いで、この吉崎城を築いて、本城の鷹ノ巣城の防衛を強化したものと考えらている。鷹ノ巣城主の小幡三河守は、武田氏滅亡の時に上杉景勝を頼って越後へ奔り、そこで没したらしい。

IMG_0089.jpeg
富士浅間社のある主郭。9×9と狭く単郭なので籠城など無理。

城代の桜井丹後守は武田氏から滝川氏、更に北条氏に従って存続したと思われるが、天正十八年(1590)小田原の役で、上杉軍の別動隊の藤田能登守信吉により、西牧城・根小屋城と共に攻略され、同年、徳川領になるに及んで廃城となったものと思われる。なお、桜井氏は、その後徳川氏に任官して大坂奉行になったものがあるという。(『市川家弁財天の丈』による)また吉崎地区に桜井氏の後裔が現存している。 (以上引用終わり)

IMG_0091.jpeg
主郭その2.この時期は緑が萌えだして眺望は良くない。

【城跡】

城跡は山頂部分(物見砦)と中段の曲輪(居住区)と二部構成になっている。
見取図をご覧いただければお分かりになるかと思うが、山頂部の単郭の北東尾根は五条の堀切で深く断ち切っている。また、南東の尾根は岩ガレの痩せ尾根に岩盤堀切二条で断ち切り防御を強化している。

●五条の堀切

IMG_0093.jpeg
主郭の一段下の段郭から見下ろした堀切㋐。尾根自体の傾斜がキツイ上に更に堀切とは・・

IMG_0094.jpeg
堀切㋐。補助線なくてもこの見映え。

IMG_0098.jpeg
堀切㋐を下方から仰ぎ見る。

IMG_0100.jpeg
堀切㋑。実は、五条の堀切を写した画像が何点か行方不明になってしまって・・・(笑)

IMG_0104.jpeg
堀切㋑。上巾は8m。そして鋭い。

IMG_0102.jpeg
堀切㋑の堀底。画面に入りきれない薬研堀ってのも素晴らしい!

IMG_0106.jpeg
堀切㋒を見下ろす。上巾10m。撮影位置が悪すぎて実感わかない・・・?(汗)

IMG_0108.jpeg
堀切㋒をサイドから。五百年の風雨に耐えての雄姿。

IMG_0110.jpeg
堀切㋓。上巾8m。鋭さに脱帽です、はい。

IMG_0112.jpeg
凄いなあー、ため息しか出ない・・・(笑)

つらつらと㋐㋑㋒㋓と四条までロクな無い説も無く写真のオンパレード!
んーん、実物を見ると痛く感動すると思うのですが・・・・

北東尾根先最後の堀切㋔ですが、苦労して下りた割にはピンボケ写真しかなくて感動のフィナーレを飾れない・・(笑)
おまけに見取図の竪堀が反対側の沢に長大に伸びているというミス・・・(汗)

IMG_0115.jpeg
仕方がないので補助線入れて見ました。

IMG_0118.jpeg
ラストの堀切㋔は北斜面に落ちる長大な竪堀。

●南東尾根

㋕と㋖の岩盤堀切二条があり、その先はガレの痩せ尾根でかなりの落差があり、この方面からの侵入はかなり難しいと思われる。
ウモ殿も小生も断念したこの尾根を清之介さんは下りて調査に及んだというので、申し訳ないが「命知らずの病人」の称号を贈呈したい・・・(爆笑)

IMG_0128.jpeg
きゃー、グンマー名物岩盤堀切㋖!!(信州も負けないぞ!!イエイ! 笑)

IMG_0135.jpeg
グンマー名物岩盤堀切㋕!!(昌幸公が黙ってないぞ!イエイ! 笑)

IMG_0130.jpeg
堀切㋖の先は断崖絶壁。ここを下りるヤツの気が知れない・・・(汗)

如何でしたでしょうか?

正直申し上げますと、宮坂武男氏の描いた縄張図を持参して検証しながら踏査するつもりだったのに、縄張図を車に置き忘れた事に気づいたのが中段の郭付近でした・・・(爆)

なので、隅々まで堪能させていただき自分自身で感じる事が出来た次第でございますw

IMG_0136.png
アプリ「やまログ」の当日の山頂の画像データ。このアプリは長年使っていますが、信頼性はピカイチかと。


≪吉崎城≫ (よしざきじょう)

標高:453m 比高215m(県道より) 
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:群馬県下仁田町吉崎
攻城日:2019年5月5日
お勧め度:★★★★★(久々の満点)
城跡までの所要時間:25分
駐車場:軽自動車なら2台ほど。乗用車は川沿いの道路に自己責任で。
見どころ:五条の大堀切、二条の岩盤堀切、中央曲輪群からの景色など
参考文献:「境目の山城と館 上野編」(2015年 宮坂武男著 戎光祥出版) 
その他:南東尾根の探索は危険なので回避すること。

IMG_0084.jpeg
中央段郭群からの景色。ここを敵に奪取されると、本城の鷹ノ巣城が危険なのは一目瞭然である。

IMG_0158.jpeg
鏑川を挟んだ対岸からの遠景。
スポンサーサイト

Posted on 2019/06/11 Tue. 22:24 [edit]

CM: 2
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top