FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0720

茶臼山城 (下伊那郡豊丘村河野)  

◆古道の乗り越しを監視した砦◆

とりあえず下伊那郡豊丘村の城館シリーズは今回の記事で一段落としたい。

南信濃の未掲載の山城と城館の在庫はようやく残り7ヵ所まで解消された・・。今回ご案内するのは全国的にもメジャーな名前の茶臼山城。

私の知る長野県の茶臼山城は、甲越合戦の際に信玄が本陣を置いたという長野市篠ノ井の茶臼山陣場と飯田市にある茶臼山城ぐらいであろうか・・・。

DSCF3994.jpg
城への登城口は、芦部川の渓谷沿いから無住となったお寺を経由する古い山道である。

DSCF3990.jpg
寺(といっても古民家にしか見えないが・・)の上段には道標の石碑があるので、近年まで生活道路として機能していたようだ。

【立地】

芦部川の左岸、巻ヶ城と相対する山手山の山頂に立地する。山体は芦部川に面する南面は急峻で登りにくいが、東と西の尾根通しは比較的傾斜も緩く登りやすい。山頂部は茶臼山の名の通り、茶臼形で、山頂より放射状に小尾根が派生していて、それらに跨って城跡がある。
登路は東側山下の家の所から、米山家墓地の横の道を竹林の中を登り、尾根に出た所で西行して、小山を一つ越えると茶臼山である。南の谷筋を辿ると上垣外(かみのかいど)になり、芦部川に奥地には河野氏ゆかりの殿御家(とのごや)があり、大鹿村の大河原への道筋になる。

茶臼山城見取図①
輪郭式の段郭を多用する縄張は珍しいが、戦闘には向かない古めかしさ。

DSCF3961.jpg
堀切㋑。(上巾3m) 「本気」と書いて「マジ」と読むような迫力には欠けていると思うが・・・(汗)

DSCF3963.jpg
堀切㋑の一段上の削平地には遮蔽土塁のようなものも確認出来るが、往時のものとは断定できない。

DSCF3964.jpg
主郭への通路は北側を迂回して堀切㋐から入るので、東側の切岸の加工度はかなり高い。

【城主・城歴】

立地から見て、南朝方の香坂氏やその配下であった河野氏の関連だと思われるが、史料や伝承等がなく不明。先日ご紹介した「巻ヶ支城」の造りににているので、同時期の築城と思われるがはっきりしない。

DSCF3970.jpg
主郭手前の段郭。削平も曖昧でハッキリしない。

DSCF3971.jpg
主郭の中心部に倒れる標柱。あるだけマシと思いつつ・・・。

DSCF3973.jpg
「茶臼山城」と表記しない潔さは認めるが、「城」と付け足すメリットのが重要な気もするが・・・。

【城跡】

山頂部の主郭は12×10の円形で、周囲を取り巻くように腰郭が存在する。ただし、削平は曖昧である。
東西の尾根に堀切を備えるものの、基本的な防御構造は信濃の古い形式の山城を踏襲する段郭方式である。対岸の巻ヶ城は同時期の築城でありながら、戦国時代にはある程度改修を加えられたと考えられるが、この茶臼山城は捨て置かれたような状態に思える。とはいえ、集落の乗り越しの道を監視する砦として使われたのかもしれない。

DSCF3975.jpg
主郭の南方面。

DSCF3976.jpg
西尾根の堀切㋐を見下ろした写真。堀切㋑と違って、こちらの加工度は高い。

DSCF3979.jpg
西尾根の削平部分。

DSCF3984.jpg
まあ、もう一度戻っての堀切㋐。

DSCF3982.jpg
主郭の南尾根の段郭。

IMG_0544.jpg
主郭とそれを周回する帯郭。


≪茶臼山城≫ (ちゃうすやまじょう)

標高:674m 比高140m(芦部川より) 
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:下伊那郡豊丘村河野堀越
攻城日:2017年3月19日
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:無住の寺より片道15分ぐらい
駐車場:無し (麓の道路沿いに路駐)
参考文献:「信濃の山城と館⑥ 諏訪・下伊那編」(宮坂武男著 戎光祥出版)
見どころ:堀切・切岸など
注意事項:特になし
Special hanks ていぴす殿

IMG_0541.png
訪城当時のスマホのスクリーンショット

スポンサーサイト



Posted on 2019/07/20 Sat. 23:14 [edit]

CM: 2
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top