FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0704

本城 (下伊那郡豊丘村河野)  

◆天竜川の左岸の崖淵城には珍しい「横堀と虎口」を装備した砦城◆

「艦船プラモの製作は止めたの?」とご質問がありそうですが、そんな事は無くて「1/700ウォーターラインシリーズ」の最新完成作品は「秋津州」(あきつしま)。

その後、「蒼き鋼のアルペジオ」なるコミックにハマってしまい、そこに登場する潜水艦「I-401」とか重巡「TAKAO」のフルハルモデルを丹精込めて作っていました・・・(笑)

そう言えば昨日、重巡「摩耶」が発見されたというニュースを拝見しました。摩耶は、愛宕、鳥海と共に高雄型の姉妹艦でしたよね。祖国と家族、そして大切な人を守るために散った英霊に改めて祈りを捧げたいと思います。

IMG_0477 (1)
なんせ初代「宇宙戦艦ヤマト」の世代だし、「艦これ」の軍艦+擬人化モデルを融合したこのコミックは「どストライク」なのです(笑)

まあ、そんな個人のどうでもいい趣味はさておき、今回ご案内するのは、豊丘村シリーズの「本城」(ほんじょう)

DSCF3841.jpg
堀切㋒(上巾14m)は脇の道路から観察できる。

【立地】

豊丘村の河野地区の後背の山地が尽きる末端部の山で、南側には寺沢川を隔てて500mの位置に上の城がある。また城跡の北東の丘陵地は「勝負平」で、その名から付近一帯で合戦があったと伝わる。

本城(豊丘村)見取図①
「今まで紹介した他の河岸段丘の館城と何が違うのさ?」と指摘されれば、主郭北側の横堀と明確な虎口の存在であろうか。

DSCF3845.jpg
堀切㋒から突入してもよいが、道なりに西に進むと標柱があるので、そこから主郭へ入りましょう。

DSCF3848.jpg
北側から見上げた堀切㋑。上巾は14mほどだがかなり埋没している。

DSCF3849.jpg
チョッとピンボケしちゃいましたが、主郭下の横堀(帯郭?)の入口に明確な虎口の跡が確認出来る。

【城主・城歴】

城跡に立つ豊丘村教育委員会の説明板(昭和57年)によると、築城年、築城者とも不明であるが、室町時代末のものと推定されるという。

IMG_0519.jpg
とても昭和57年製とは思えない立派な看板。当時の村の熱意を感じる。(無論、今も継続中と信じたいが・・)

【城跡】

勝負平の西南の黒谷に突き出した丘陵の先端を三条の深い空堀で穿った堅固な縄張を持つ城である。山頂部の郭1が最も広く61×40の台形。東端の堀切㋑と接続する部分に土を土塁で囲んでいる。西端は11mほどの鋭利な切岸を伴い上巾15mの堀切㋐にに接続する。
堀切㋐と堀切㋑は本郭の北側の段下で約50mの横堀で接続され、この城の弱点である北斜面からの攻撃に備えたものであろう。
堀切㋐の北側に郭3が置かれ、宮坂氏はこれを馬出と見ている。
郭2は郭1と堀切㋑を隔てた長さ約40mの削平地。そこから東へ30mほどの細長い鞍部の先を堀切㋒で穿ち城域は終わる。

DSCF3852.jpg
堀切㋐と堀切㋑を連結するように構築された横堀㋑。堅固な土塁が築かれている。

honnjyou1.jpg
横堀と堀切㋐の接続部分。

DSCF3855.jpg
堀切㋐は南側斜面に竪堀として収斂するが、ご覧の荒れ模様・・・(汗)

DSCF3858.jpg
堀切㋐から主郭に入る位置に桝形虎口らしき構造もあるが、崩落もあり観察は厳しい。堀底を迂回させて主郭に入るというのは戦国時代の山城の特徴とも。

付近の河岸段丘の館城と比較すると、横堀の存在、虎口の存在が大きな違いとなっている。
明らかに実践を想定した縄張で、南北朝時代の古い山城の遺構とは違う気もする。宮坂氏が考察されるように、北方1.5kmに武田氏の大島城がある事から、対岸の支城として改修され末期まで現役として機能していたようにも思える。

DSCF3859.jpg
村指定史跡でありながら、郭1はご覧の状態・・・。

IMG_0515.jpg
例の如く、杉林が遺構を守り続けてくださいました…感謝感謝・・・。

DSCF3865.jpg
主郭の南側の段郭。こちら側には土塁は無くて、削平のみ。

DSCF3868.jpg
南側の堀底から撮影した堀切㋑。倒木と藪で酷い状態だがまあ、それなりの撮影場所を見つければ何とか見れるレベル。

DSCF3873.jpg
堀切②越しに撮影した郭2。藪が酷くて突入は諦めましたとさ・・・(笑)


≪本城≫ (ほんじょう)

標高:559m 比高80m(中部地区より) 
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:下伊那郡豊丘村河野
攻城日:2017年3月19日
お勧め度:★★★☆☆
城跡までの所要時間:入口標柱より5分
駐車場:無し、路駐
参考文献:「信濃の山城と館⑥ 諏訪・下伊那編」(宮坂武男著 戎光祥出版)
見どころ:堀切・横堀・切岸など
注意事項:特になし
Special hanks ていぴす殿

DSCF3874.jpg
主郭背後の土塁にある三角点も荒れ放題・・・・いいのか?国土地理院・・・笑



スポンサーサイト

Posted on 2019/07/04 Thu. 20:21 [edit]

CM: 11
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top