FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0531

菅の山城 (下高井郡山ノ内町)  

◆鴨ヶ岳城砦群の南端を守り更科峠を監視した砦◆

5月31日で移動制限の自主規制が撤廃され、関所の往来は手形不要となる。

果たしてその事が吉と出るか凶と出るかはしばらく見守るしかない。二次感染に備えるのは国民の義務かと・・・(汗)

今回ご案内するのは、鴨ヶ岳城の南端に位置する菅の山城(すげのやまじょう)である。
なんせ4年前の探訪を今頃記事にしているので、今現在を保障するものではありません・・・悪しからず・・・(笑)

菅の山城 (1)
更科峠。軽自動車なら通行できるが結構荒れている。山ノ内町側からはかなり狭くてヤバイ。遠いが中野市側からのアプローチが無難。

菅の山城 (96)
更科峠の頂上あたりから適当に北の斜面を登ると手作り誘導看板がお出迎えしてくれる。

【立地】

中野市と山ノ内町の境で、山ノ内町の佐野集落の西側の更科峠の北側の山に位置する。尾根を北西に800m辿れば鎌ヶ岳城⇒鴨ヶ岳城に通じる。尾根を南に進み山脈を越えれば高山村の山田方面に出られる。
鴨ヶ岳城の北尾根の先端にある箱山城が箱山峠を押さえて北の守りとなったように、南端の更科峠を押さえる為に築城されたと思われる。

菅の山城見取図①
主郭の前後を堀切で絶ち切り、堀切は掻き上げた土で竪土塁にしたようだ。電波塔の立つ郭5は馬出で城内の一部であろう。

菅の山城 (10)
西側から見た堀切㋒。盛土で高さを稼いでいるのが分かる。

菅の山城 (11)
堀切㋒の断面。(南側より撮影)

【城主・城歴】

詳細は不明である。
山ノ内町誌によれば、高梨一族で須毛郷の地頭であった小島氏が拠ったとされる。また、「長野県町村誌」では「間崎城」として大坂山にあって、高梨某が築いて、その臣時田甲斐守が居り、後に同氏の臣、竹腰次郎が居城したとしている。
小島氏の経歴も色々伝わっているようだが、近隣の山城との位置関係を見れば、築城の主体は高梨氏で鴨ヶ岳城、鎌ヶ岳城の南の守りを担当とした説が案外的を得ているのかもしれない。

菅の山城 (30)
郭3~郭2の間は天水溜(雨水を集めた水の手)あるいは伏兵を置いた勢溜と推定されるが、写真で表現するのは困難。

菅の山城 (31)
郭2(7×10)

【城跡】

山頂に三条の堀切を入れたオーソドックスな縄張で、防御の指向性は東の尾根伝い。そこには馬出を入れている。
郭3と郭2の部分はかなり面倒な造りだが、雨水溜による水の確保が目的のようにも思える。
立地から考えても、高梨氏の詰城の鴨ヶ岳・鎌ヶ岳城を防衛するための南の出城であろう。

菅の山城 (33)
城域最大の幅を誇る堀切㋑(上巾11m)

菅の山城 (34)
南斜面に竪堀として落ちる堀切㋑。堀切左右の土手が竪土塁状に加工されているが、掻き上げの土砂を当てただけであろう。

菅の山城 (40)
主郭背後の堀切は極めて鋭利な刃物です・・・(笑)

菅の山城 (46)
29×12の長方形の主郭には祠が建つ。

菅の山城 (48)
上巾8mの堀切㋐。

高梨氏の詰城である鴨ヶ岳・鎌ヶ岳城とほぼ同時期の遺構であろう。
この地域の山城は、峠を取り込むまたは監視する部類の山城が数多く点在する。甲越紛争における北信濃の戦いは、ある意味上杉謙信の退却退路確保に心血を注いだようにも思える。

これは小生が現地の山城を歩いて感じた直感である。謙信の野望はやはり関東管領であり、甲越紛争は北信濃の国人を家来に組み入れ臣従させるための空手形だったと・・・。

菅の山城 (55)
郭4(12×13)

菅の山城 (72)
馬出と呼ぶのも気が引けるが、一応城内と推定される郭5.

菅の山城 (75)
現在は電波塔の立つ5郭。

菅の山城 (82)
郭5の周辺にも、段郭の跡が見られる。

≪菅の山城≫ (すげのやまじょう 菅城・間崎城)

標高:710m 比高:125m
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:下高井郡山ノ内町寒沢
攻城日:2016年1月11日
お勧め度:★★☆☆☆
難易度:C(SS・S・A・B・C・Dの6段階のランク分け)
城跡までの所要時間:更科峠より15分
駐車場:無し
見どころ:堀切、竪土塁、郭など
注意事項:特に無し
参考文献:「信濃の山城と館⑧水内・高井・補遺編 宮坂武男著」
付近の城址:鴨ヶ岳城、鎌ヶ岳城、箱山城など

sugeno yamajyou1
山ノ内町の麓から見た菅の山城。

スポンサーサイト



Posted on 2020/05/31 Sun. 21:39 [edit]

CM: 0
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top