FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0420

飯田は今日は土砂降りでも雨天強行の信濃先方衆 その③  

◆春雨じゃ、濡れてまいろう~雨降りのラストは飯田城アラカルト◆

だいたいね、ダイジェストなんて1週間ぐらいで記事にしなくちゃ意味ないのに、1ヶ月もかけてます・・・(笑)

「年度初めは忙しいんですよ!」と嘯いてみるが、ものぐさ太郎であることは間違いない・・・(汗)

今回ご案内するのは、今さらの飯田城・・・十数年ぶりかしら。当時はざっと見ただけなんで、結構見落としてる場所もあったよね。

飯田城2021 (19)
案内看板によると、赤い文字の場所が城に関する遺構らしい。

南信濃は相方の「ていぴす」様のテリトリーなので、主な見どころを彼に案内してもらった。

●本丸跡

長姫神社のある場所が本丸跡。松川川の斜面に古い石積跡がある。

飯田城の本丸石積跡
ここは案内図には載っていない本丸の石積の跡。

●二の丸跡

飯田城2021 (1)
この下に井戸(水の手)があったらしい。

●水の手坂・水の手御門

ここに立派な石垣があることを初めて知った次第(汗)

飯田城2021 (4)
「水の手坂」には御門の他にも立派な石垣が残る。

飯田城2021 (7)
水の手御門の石垣(南側)

飯田城2021 (6)
水の手御門の石垣(北側)

毛利・京極時代の飯田城は、ここが大手門だったが、慶長年間に小笠原秀政が城主になると城を積極的に改修して大手門を西側に変更し、ここは搦め手門となったようだ。廃藩置県により建物や門が撤去されてしまったが、かなりの気合を感じる(笑)

●櫻丸御門(通称:赤門)

飯田城で最も有名な遺構であろう。その昔はかなりなインパクトがあったのに、うっかり通り過ぎてしまった。

最初に見たときは、かなり傷んでいて、門も開けてあったが、今回は閉じていたのでびっくり!

飯田城2021 (16)
ええい、後ろの合同庁舎が邪魔だ!!

本丸が町から遠いので、櫻丸の政庁を置き執務を行ったという。

飯田城2021 (18)
趣のある佇まいが素敵ですw

●飯田城の紅梅

昭和二十八年、飯田動物園が開設の折りに江戸町飯田藩士邸より移植されたという。飯田城の城主堀氏は、寛文十二年(1672)初代親昌が下野国の烏山から移り、脇坂氏から代わって以来十二代親広まで続いて明治維新を迎えた。
この名木は藩士原某が、藩主から拝領したものと伝わる。(現地説明板より)

飯田城2021 (10)
雨の日の紅梅もおつなもんですよ。

●飯坂城(推定)

当初この地域を収めていた坂西氏が飯田城を築く前に本拠地として使用していたのではないかと伝わる。
飯田城から見ると西側で松川に突き出る尾根の先端に位置する。(現在のハローワークの東側)

現在は愛宕稲荷神社が勧進され、遺構は何もないが恐らく単郭の館城だったようだ。神社に建立された石碑に城址の記載がある。

飯田城2021 (11)
現在は神社となっている飯坂城の比定地。

飯田城2021 (8)
飯田城の水の手坂から見た飯坂城。

さて、シリーズでお送りしました「飯田方面土砂降り城巡り」はいかがでしたでしょうか?

二日目は、お約束通り雨も上がり、南信濃の山城を満喫してまいりました。

土砂降りの雨の中の城巡りもいい経験になりました・・・決して負け惜しみではありません・・(いや、悔しさが滲んでる・・笑)


スポンサーサイト



Posted on 2021/04/20 Tue. 22:08 [edit]

CM: 2
TB: 0

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top