らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0726

青柳城(筑北村)  

◆「戦国の城」を知らずして「戦国」は語れない◆

はじめまして。

ここ数年、ゲームや大河ドラマの影響もあってか「戦国ブーム」ですよネ。
「レキジョ」なる若い女性のファンも急増しているようです。

らんまるの住む信州上田も、戦国武将だった真田氏関連の史跡でたくさんの女性が訪れています。
微妙に嬉しかったりしますが。

jizaisan 100
↑現在の上田城の櫓は真田氏の後に藩主となった仙石忠政時代のもの。

日本史のなかでは僅か100年足らずの戦国時代。
この時代がダントツ人気なのは、個性豊かな戦国武将のキャラの多さもありますが「死と隣り合わせ」という緊張感、そして天下統一までのプロセスの多彩さなんでしょうか?

このブログは戦国の世を動かしてきた「戦国の城」(信州が中心になりますが)を、らんまる自身が訪れ、皆さんにご紹介します。
■武田、上杉、小笠原に翻弄された悲劇の城`青柳城`■

所在地:長野県東筑摩郡築北村青柳
遺構:土塁、空堀、石垣など

青柳城跡 004
↑城跡整備事業で建てられた櫓門。縄張りからは考えられない場所に作るのはどうなんでしょ?

○歴史
本城村と坂北村を領有していた青柳氏が築城した中世の山城。
この地方の盟主の小笠原氏が武田信玄によって攻められ逃亡したあと、川中島進出への前線拠点として信玄が大規模な改修を行う。
武田氏滅亡後は徳川方として深志城(松本)に配置された小笠原貞慶と越後の上杉景勝がこの地域で激しい争奪合戦を繰り返し、麻績城と青柳城は4度も戦火に巻き込まれる。
上杉方の青柳氏が滅亡すると小笠原氏はこの城に城番を入れさらに改修した。

◆中世の山城の遺構がかなり良好に保存されています(かなりの広さ)
青柳城跡 002

◆山の等高線に対して垂直に掘られた竪堀跡(たてほり)
青柳城跡 016

◆三の郭(くるわ)と二の郭の間の「冠木門」 これは違和感が無かった(笑)
青柳城跡 042

◆一の郭にある石積み。この地方には珍しい。小笠原氏の改修時のものとされる。
青柳城跡 062

◆物見櫓があったとされる頂上の一の郭から善光寺街道(松本~長野)を望む。
対上杉氏への抑えとしては重要な場所だった事がわかります。
青柳城跡 058

◆青柳城全景
青柳城跡 075

○お勧め度(5個で満点):★★★★

○この城跡へ車でいくには?
道の駅「さかきた」から筑北村役場方面にすすみ「碩水寺」を目指します。途中「青柳城跡方面」という看板があり広域林道(舗装されてます)を頂上まで登ると駐車場があり、櫓門の場所です。

○服装
軽装で大丈夫ですが、堀切や空堀が深いので靴はトレッキングシューズが基本です。

○マニアには?
長水寺からの大手道ルートで一の郭までの所要時間は徒歩40分。



スポンサーサイト

Posted on 2009/07/26 Sun. 13:16 [edit]

CM: 0
TB: 0

« のぼうの城  | 

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/1-8d43fd32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top