らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0819

女神岳城(上田市)  

★東山道の要所を抑えた真田氏の城★

※最新のリテイク版は⇒http://ranmaru99.blog83.fc2.com/blog-entry-789.htmlをご覧ください(2016.4.30 らんまる攻城戦記管理人)

こんばんは。

ようやくお待ちかね?の真田氏関連の城シリーズを連載開始します。

今回は「えっ?あの山も城跡なの?」というマイナーな女神岳城(めがみだけじょう)。別所温泉の脇にある見なれた山は松本方面の街道を見張る重要な砦だったんですよヨ。

女神岳城 (64)
女神岳城の遠景。標高926m。女性的な美しさからの命名なのでしょうか・・・
◆明治時代までは上田~松本への最短ルートだった東山道◆

江戸時代には北国街道や中山道が幕府の命により整備されましたが、上田地方から松本方面へ抜ける道は、律令時代に「五機七道」として本州(最北端は岩手と秋田)と京都(正式には近江)を結ぶ東山道が相変わらず主要道路でした。

武田氏滅亡後の真田家は織田⇒北条⇒徳川⇒上杉⇒豊臣と主筋を転々としますが、徳川方に付き松本方面で勢力を回復した小笠原貞慶の東山道からの侵略に備え、女神岳の古城を改修しさらに青木村の子檀嶺岳城(こまゆみだけじょう)にも兵を入れます。

女神岳城 (4)
別所温泉の野倉という地籍に登山道があります。ここまではハイキング気分です。

東山道における上田と松本の境は「保福寺峠」と呼ばれ、峠を越えた四賀村の豪族で上杉に服従していた会田氏は小笠原氏に攻められ滅亡します。(会田氏の城はまた紹介します)

徳川から上杉に鞍替えした真田昌幸は、この山を砦として小笠原氏の脅威に対抗しようとしたのでしょう。

女神岳城 (5)
傾斜角度45度の連続で心臓が口から出そうな苦しい山道です。

女神岳城 (10)
苦闘すること約20分で頂上手前の尾根にたどり着きました

尾根の入り口から5分ほど歩くと結構手が入れてある城の遺構が目の前に現れます。
本郭の脇の石積みは明らかに真田時代のものとわかります。

女神岳城 (46)

女神岳城 (40)
登山道とは反対側の尾根にある段郭。かつての大手道(ふもとから本郭までの正規の道)と呼ばれたところです。

ところで、「女の神」と呼ばれる山なら「男の神」は?と思われる方も多いでしょう。
大丈夫、隣には「夫神岳」(おがみだけ)と呼ばれる山がちゃんとあるんですよ(笑)


女神岳城 (41)
頂上より隣の青木村にある夫神岳(1250m)。あまり見晴らしは良くないのが残念です

こんな山に登る物好きはいないと思いきや、県外から来たという年配の夫妻が登ってこられました。
どうやら中高年にブームのトレッキングのようです。服装バッチリ。(お金と暇はありそうだ)
ここが城跡なんて事は全く知らないようです。

「この山に登ったら、隣の夫神岳に登らないと夫婦円満にはならないという昔からの言い伝えですよ」

そう教えてあげたら、「じゃあ、今から行ってきますネ・・・さ、あなた、行きますよ!!」

仲良きことは、美しき事かな・・・・(爆)

僕ですか?恐妻家なので、前の週にちゃんと登頂しましたよ。

でも、一人じゃ意味無いような気が・・・・??

CIMG1167.jpg
子檀嶺岳頂上より見た女神岳と夫神岳

さすがに徳川を退けた百戦錬磨の真田昌幸を相手に戦う度胸もなかった小笠原氏は、この城には攻めてこなかったようです。

お勧め度:★★★
見どころ:石積み、堀切、段郭、土塁
体力:20分一本勝負ですが、休み休み行けば難易度は低いかも?
その他:登山口には駐車場がないので、近くの空き地に路駐するしかありません。
らんまる攻城データ:2008年4月29日





スポンサーサイト

Posted on 2009/08/19 Wed. 22:03 [edit]

CM: 2
TB: 0

« 松尾新城(真田本城)  |  新府城(韮崎市) »

コメント

押しかけました。

こんばんは、らんまるせんせ。来ましたー。
すごいなー。本当にお城があったなんて(≧∇≦)

なるほど。雪がなければこういう所でしたか。傾斜45度の坂道は登りも下りも怖いなぁ。坂道の途中で休むと転がる、と一宮城で体験済みですもの。せんせでも心臓が飛び出ちゃうなんて、さすが真田のお城。
真田時代の石積み、見たいなぁ。この景色、信濃のお城に憧れる要因ですねー。ありがとうございました♪

つねまる #pjmS0te2 | URL | 2015/02/17 21:20 * edit *

Re: つねまる様へ

ブログ初期の記事は何とも恥ずかしいほどの無知とプアな内容、写真の少なさ・・(笑)そのうちリテイクせにゃあかん・・と思っておりますが在庫処分も出来ないのに痛し痒し・・(汗)
北信濃ほどではありませんが、東信濃も独自の石積みの山城が多く戦国末期まで使用されていました。
山城メグリスト羨望の地「信濃」。もっと気合入れてご案内しないといけませんね(笑)

らんまる #- | URL | 2015/02/18 07:19 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/10-ca788389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top