FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0122

戸石城 リテイク⑤(砥石城とその周辺)  

◆山城攻めの武田軍の精鋭部隊を苦しめた「砥石-米山防衛ライン」◆

こんばんは。

年末年始にamazonプライムビデオの「スラムダンク」にハマってしまい、先日101回目の最終回を迎えて放心状態となりました(笑)

日本の男子バレーがミュンヘンオリンピックで金メダルとなった事に痛く感動して、中学時代はバレーボール部に入り朝から晩まで練習漬けの日々。三年生になるとキャプテンを志願して地区優勝。何と県大会まで進んだのですが初戦であえなく敗退・・。青春の涙は塩辛よりもしょっぱいものだと知りました。

部活の日々といえば、部室が隣だったバスケ部と野球部に対して壁越しの仁義なき戦いを繰り広げる日々・・・・(笑)
「てめーら、汗くさいから、何とかしろ!」 8×4などというデオドラントなど高くて買えないドアホな少年時代・・・(汗)

今思えば、桜木花道以下の幼稚なヤツラのおバカな抗争でした・・・(爆笑) バスケ部は特に毛嫌いしていた記憶が・・(笑)

戸石城2013 (95)
本城の馬出(郭8)から南に進むと砥石城へ。※全体城域を示す戸石城と区別するために「砥石城」として使い分けしています

【山城攻めの巧者武田も攻めあぐねた地の利に護られた堅城】

残念ながら全国区ではないので、小生の探訪した山城は信濃とその周辺の一部であるが、抵抗する峻険な信濃の山城を各個撃破していった武田軍は、群雄割拠の戦国時代においてトップクラスの戦果を挙げていると推定される。

武田軍には間違いなく山岳ゲリラ戦の専門部隊(エキスパート)があり、城攻めでは先鋒隊として敵陣深く潜入し味方の手引きを行ったのであろう。

砥石城見取図①
この砦への通路は南西の尾根筋と陽泰寺からの東尾根のみ。

戸石城2013 (97)
本城の馬出からの尾根との接続部分の堀切。本来はW底の二重堀切で遮断されていたが、後世の耕地化による改変とみる。

山城攻めでは百戦錬磨の武田軍が、何故戸石城の攻略に失敗したのか?

答えはその恵まれた立地条件と、「籠城戦に後詰めは必須」という当たり前の鉄則に敗れ去ったとみるが果たしてどうであろう。

screenshot_20200118_210457.png
国土地理院の地図に加筆修正しています。


●城の東西が天然の河川による堀で守られ敵を寄せつけない

戸石城の東側は神川の深い渓谷に護られ、西側は矢出沢川と城代屋敷の置かれた金剛寺集落があり、集落の西の尾根に柏城(上の城・下の城)を築いている。松代街道に通じる北側は、根古屋城が背後を守り、地蔵峠を監視下に置いている。

なので、城攻めは南正面を突破する正攻法しか無くて、水の手を断ち切る武田軍の得意の手法にしても、水の手に辿り着く事すら困難という局面に打開する方法が無かったというのが真実のようである。

金剛寺集落 (11)
城域西側の矢出沢川。村上家臣団の屋敷のある金剛寺集落側から武田軍が攻め入る事は考えづらい・・。

戸石城2013 (98)
砥石城の素敵な空間。

戸石城2013 (102)
ほぼ垂直に近い切岸。この砦への出入りは縄梯子だったということが伺える。

その名の如く、復元された櫓門からの南登城ルートは滑りやすい上に脆い小石の尾根、そして心臓破りの急崖が続く。
籠城兵側は蟻のように這い上がる攻城兵の頭上に石を落とせば面白いように潰れる。

戸石城には、佐久の志賀城で敗れた兵士も籠城軍として入り「武田憎し」の怨嗟は留まる事を知らなかったという。
小競り合いを仕掛けてもいたずらに兵を失うだけで、七千の武田軍は僅か五百の籠る城を遠巻きに囲むしかなかったのであろう。
(まあ、実際の兵士数は双方ともその1/10ぐらいだったと推定されるが・・・)

戸石城2013 (113)
砥石城の主郭(25×20)

戸石城2013 (107)
主郭からは連携する出城の米山城、そして遠方に上田市街地が一望できる。

戸石城2013 (117)
武田軍は現在の富士見台団地あたりに布陣したのだろうか。


戸石城2013 (114)
真田方面のロケーション。真田の里はこの時は未だ村上の勢力下であり、幸隆の一族の矢沢氏も村上氏の配下であったという。

戸石城2013 (119)
砥石城の東尾根を遮断する堀切(上巾10m)

現在主流となっている整備された南側の登山道(櫓門コース)は、砥石と米山を繋ぐ尾根筋からの登りが大変である。
今は階段があるが、その昔はロープ伝いで急峻な尾根を息絶え絶えに登るしかなかった・・・。
攻城兵の苦労が分かったような気がしたものである・・・(汗)

戸石城2013 (122)
砥石城の南登り口。階段が付いていなかった昔は「転落注意!」のスリル。

戸石城2013 (120)
堀切不要の岩尾根。南口から砥石城を攻めるのは困難であることを体験する瞬間である。

【米山城】

複合城郭である戸石城における米山城の役割はかなり重要だったと思われる。小さな郭3つの出城だが、砥石城と連携することで最大の防御ラインとなっている。
公園化され村上義清公の大きな石碑があり、かなり変形しているが、この場所に砦があると無いでは防御に差が出る。

戸石城2013 (126)
本城ではなく、何故米山城に村上義清の碑がたっているのであろうか?

戸石城2013 (129)
村上時代の城代家老屋敷があったとされる金剛寺集落。城下町がその時から形成されていたのであろうか。

戸石城2013 (134)
米山城の副郭。堀形も郭の東西に認められるが、ハッキリしたものではない。

戸石城2013 (136)
主郭と副郭の切岸。結構あいまいである。

さて、5回シリーズの「戸石城」如何でしたでしょうか。

地元の城を真面目に観察して真面目に記事にしてみる・・・・案外難しいものだと知りました・・・(笑)


≪戸石城 砥石城と米山城≫ 

標高:800m 比高:160m(陽泰寺より)
築城年代:不明
築城・居住者:村上氏、真田氏
場所:上田市上野
最新攻城日:2019年12月22日 (雪の残る写真は2013年2月の撮影)
お勧め度:★★★★★(満点) ここを知らずして信濃の山城は語れない
本城までの所要時間:20分
見どころ:堀切、切岸、石積みなど
駐車場:有り(陽泰寺の駐車場借用)
参考資料:「甲信越の名城を歩く」(吉川弘文館)など


㋹点は砥石城 Ⓢは米山城 Ⓖは復元櫓門。

戸石城2013 (112)
真田昌幸が上田城に居城を写した後は、後詰めの城して信幸や幸村が入城した戸石城。彼らも見たであろう城跡からの風景。
スポンサーサイト



Posted on 2020/01/22 Wed. 11:09 [edit]

CM: 8
TB: 0

« 小山城 (山梨県笛吹市八代町)  |  戸石城 リテイク④(本城と福沢出丸) »

コメント

らんまるさん

こんにちは♪
久しぶりに用事が無い日曜日で自宅でだらぁ~としております。温暖化とはいえ曇空の寒い週末は、皆さんの熱気伝わるブログで温めさせて頂いております。

信濃にまったく縁の無い僕にとって、唯一の接点はやはり「大河ドラマ」です。麒麟も始まりましたが、ばたばたしていて半分しか見ていません。やけに武士や農民の服がカラフルだなぁと変な感想。

砥石城といえば、大河ドラマ「風林火山」で、長島敏行演じる、「村上義清」のイメージが強烈で、一発で好きな武将の一人になりました。ご存じの通り最強武田軍を翻弄させ、その旧領を回復させるなどのしぶとさ、武勇もあり、しかも長生きしたとも聞いています。
是非とも、村上義清が治めた北信濃の城や城下を訪れてみたいと常々考えているものの、長野県は遠いです。

もし、信濃の地を踏めた際にはご案内頂けると嬉しいです。
今年の山城サミット行くぞ~(たぶん)

しんこう #- | URL | 2020/01/26 10:42 * edit *

エアブラシ

山城の遺構のいい写真を撮るのには、冬場にやはりエアブラシで白の塗料を吹くとのがいいようですね。非常に遺構がはっきりします。

なるほどの解説、感服します。
何度も登った者がたどり着く結論ですね。
やはり、現場に立たないと見えないものがあります。

米山城、なんであそこに義清さんの碑が?意外ですね。
その疑問は小生も抱きました。

あおれんじゃあ #- | URL | 2020/01/26 13:29 * edit *

Re: しんこうさんへ

コメントありがとうございます。

「麒麟がくる」では、どんな光秀像が描かれるのか楽しみですネ。

小生は「国盗り物語」で光秀を演じた近藤正臣さんの印象が強烈で、信長役の高橋秀樹に徐々に精神的に追い込まれて心が離れ、恨みと恐怖に支配されていく過程が見事でした。子供ながらに光秀の心境がよく理解出来たような気がしていました(笑)
その後の「真田丸」でのとぼけた本多佐渡の演技も老獪さが素敵でした・・・。

村上義清といえば、猪突猛進で思慮の浅い田舎の大将的な描かれ方が多いドラマや映画が多かったのですが、仰せの通り「風林火山」では長島敏行が違う知的で志の熱い義清像を演じて長野県民としては留飲をさげた思いでした・・(笑)
残念ながら、義清の発給した文書は今までで2通しか見つかっておらず、彼の生涯は依然として謎が多いようです。

小生も九州は招待旅行で宮崎県しか行ったことが無く、しかも日本書紀のオプショナルツアーで城っけ全く無しでした(爆笑)
貴殿のように、有言実行でありたい・・・(汗)

今年は本当に雪不足で、例年ならこの時期絶対に登れない山城も行けちゃうので、いいのか悪いのか・・。
このぶんだと夏場の水不足も心配です。

信濃にお越しの際は、専門添乗員としてご案内いたしますので、お待ちしておりますw

らんまる #- | URL | 2020/01/26 14:17 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

いえいえ、灯台元暗しとはこの事で、地元の有名な山城の水の手も知らんかったとは笑い話にもなりません・・・(爆笑)

地元の方が何十年にもわたって整備している山城は、そうそうありません。整備を始めたものの、長続きせず結果的に誰も引き継ぐ人がいなくて荒れ放題の城になっちゃうケースがほとんどですよね。

戸石城も観光客誘致対策として復元櫓門コースを設定したがために、本来の大手道や水の手への誘導が出来なくなるというジレンマに陥りました。初級、中級、上級みたいな散策ルートの案内が課題かもしれません。

にしても、山城撃破のエキスパート軍団が、何故戸石城を攻略出来なかったのか?という素朴な疑問が今回のシリーズにつながりました。でもまだ答えが出ません(汗)

戸石城が何故戦国末期まで使われ続けたのか・・・その答えは城跡に立つとすんなりと分かるとはチョッと腹立たしい・・(笑)

らんまる #- | URL | 2020/01/26 14:33 * edit *

なるほど・・。

らんまるさん、こんにちわ!
自称イタ(痛)コメンテイター、迷人・久太郎です。

5回シリーズにわたる大河ブログ「戸石城」、良かった・・感動。
地元の城を大真面目に観察して記事にしてみる・・、その精神は大いに真似したいところです。
私も大真面目に考えていました。ず~っと。
ははぁ~ん、わかりました。というか、わかる気がしてきました。
山城撃破のエキスパート軍団武田氏が、何故戸石城を攻略出来なかったのか?
山城って大きければいい、技巧的な仕掛けがあればいい、とか思いがちです。だけど所詮守るのは「人」だということです。
この戸石城は戸石・桝形・本城との砦から形成される複合城郭。それでいてひとつひとつは小さくてコンパクトで守りやすい、そして米山城、内小屋遺構、出城の飯縄城までを含め、ラグビーで言うなら巨大スクラム城郭群、ワンチーム城郭群、というとこでしょう。城は囲めても下手に手を出したらそこいらからゲリラ攻撃を受けること必至。敵のスキを観察しながらの呼び込み戦法ができるわけですよね。
村上義清はその点を理解していたと思うんですよね。兵糧も分散可、兵員も精鋭で分散可、リスクも分散可、そして「連合体」ということで各城同士の連帯責任感も生まれます。厭戦気分などおきません、絶えず適度な緊張が維持できます、この点永島義清の知的キャラ設定は正解だったと思えます。

かくいうワタクシ、ここまで自論を展開しながら未だに戸石城を未踏査、それ故今年はこの城郭群の訪問を決定いたしました!
答え合わせの旅、初夏あたりに計画中です。

こうしてこの城に興味を持つことができましたことに大変感謝しております。

らんまるさんへ #- | URL | 2020/02/01 13:54 * edit *

Re: 久太郎様へ

こんばんは。

回数稼ぎで中身の伴わない「戸石城」を熟読いただきそして貴重なご意見まで賜り、京極氏越(⇐誰だそれ?)恐悦至極にござりまするw

「海部川風流(ふる)マラソン」には今話題の「ズームXヴェイパーフライネクスト%」(そのネーミングもチョッと何言ってんだか僕には理解できない・・・汗)で出場なのでしょうか。
アニメ「巨人の星」で星飛雄馬が使用していた「大リーグボール養成ギブス」と似たような父ちゃんの特許登録商品なのでしょうか。(⇐ってか、昭和人間でないと理解できない番組)

久太郎さんの考察、なかなか的を得ていて鋭いと思います。「剃刀(カミソリ)の久太郎」または「ブラウンの久太郎」の称号を贈呈致します(笑)

各集落の防衛の為に在地土豪の築いたテキトーな山城などは武田軍の手にかかれば赤子の手を捻る程度でしたが、北信濃の村上は北朝方として各地を転戦し南朝を追い詰めた功労者の系統。先の上田原合戦で武田を打ち負かす武勇は当然の話。
性懲りもなく留守中の間男よろしく戸石城を攻めたが、義清の臨機応変な対応は貞操の危機を救う(何の話だ?)

貴殿の信濃討ち入りの際は、我ら信濃先方衆、一宿一飯の恩義を忘れず太刀持ちを務めますゾ!
※最近もの忘れが酷いので、討ち入りの際に連絡ください・・・(笑)

長野県で一番有名な山城へのお越し、首を洗ってお待ち申し上げております・・(チョッと何言ってんだかわかんない・・笑)

らんまる #- | URL | 2020/02/01 20:54 * edit *

No title

初めまして( ¨̮⋆)私は古瓶を求めて長野を歩いてます!
昔の生活後から昔の方の暮らしが分かるのが好きで廃村検索でたどり着いてしまいました!まだなかなか瓶の投棄されていた昔の場所にたどり着けないのですが古城巡りで、古瓶に出会うことはありますか??( ¨̮⋆)

うーたん #- | URL | 2020/02/02 20:41 * edit *

Re: うーたん様へ

コメントありがとうございます。

古瓶収集ですか。中世の山城探訪で瓶を見つける事はほとんどありませんね。
生活空間とは程遠い場所で、見つけても臼の欠片ぐらいかしら。

山奥の廃村は結構通りますが、廃墟マニアではないので素通りです。
が、人々が息づいていた集落の往時を思い浮かべるとノスタルジックな気持ちになります。

らんまる #- | URL | 2020/02/03 07:26 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/1001-05bc32e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top