FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0319

日輪寺畑(洞田)居館 (上伊那郡箕輪町東箕輪)  

◆伊那源氏の祖「源為公」(みなもとためとも)居館の地◆

この時期にそんな話は不謹慎かと言われそうだが、新型コロナウィルスの脅威はプレステゲームの不朽の名作「バイオハザード」シリーズの序章そのものが、現実社会に警鐘を鳴らしている思った方も多かったかと・・・(汗)

「全方位型の換気は極めて良好な山城ツアー」の安全性をアピールするのは結構だが、パーティ編成での山城探訪はある程度人数を絞り込む必要があるだろう。せっかくの楽しい趣味やサークル活動で、加害者や被害者になるのは避けたいものである・・。

今回ご案内するのは、伊那源氏のルーツと伝わる源為公(みなもとためとも)の居館跡と伝わる日輪寺畑居館である。

「えーっ、また超マイナーな居館なの・・・・(汗)」 お嘆きの読者の方も多いかと・・(笑)

小生のブログは、地元民ならではの地域密着型をモットーとしておりますw 「そこに愛はあるかい?」 「もちろん!!」(笑)

日輪寺畑砦 (2)
伊那源氏の末裔知久氏の祈願寺として開山されたと伝わる真言宗の日輪寺。現在は無住寺であるが手入れは行き届いている。

【立地】

中央道の伊北ICから南東約1kmの場所にある。梨久保川と知久沢川に挟まれた南北に細長い台地で、東側知久沢川との比高は数mから10m以内という場所で、要害性は高いとはいえない。

日輪寺畑砦 (4)
天然の堀を為す居館跡の南側の知久沢川と日輪寺。日輪寺の場所にも居館や屋敷があったと想定される。


日輪寺畑居館見取図①

【城主・城歴】

南方250mの至近に「上の平城」があり、すぐ近くにに日輪寺がある事から、上の平城との関連のものと考えられている。上の平城は平安時代末頃、伊那源氏の祖源為公(ためとも)が居館を置いたとする伊那源氏発祥の地であり、知久氏に関わる屋敷地、あるいは一族や家士に関係するものと思われる。近くに日輪寺があることから、城主隠棲の所かと想像されている(箕輪町誌)。

長野県町村誌によると「知久沢山日輪寺」は「東西二十間、南北十間半、面積二百七十坪、本村の内南小河内の東にあり。開山願行上人、文治年中(1185-1189)間之。知久行性亜て開基。其の後足利尊氏再建と伝ふ。今由緒を以て阿島家へ贈答あり。寺領一石五斗。慶長年中(1596-1614)朝日受永の證を乞て、慶安年中(1648-1651)徳川氏より朱印を賜ふ。諏訪郡桑原耕地仏法寺末寺なり」とあり、知久氏関連の寺という。

日輪寺畑砦 (5)
舟状の台地の郭1には説明板があり、太陽光パネルが置かれている。日当たり良好の物件のようである。

日輪寺畑砦 (9)
太陽光パネルの一段上にもう一つ郭の後が見られる。耕作地化されているので、北側の台地との間には東西に堀形があるので、堀で仕切られていたと思われる。

【館跡】

台地の幅は広いところで50m。家の建っている所の上が最も広く50×50ほどで居館があったとするのはこのあたりであろうか。家の建っている2の所には土塁状地形が残る。
居館跡の台地状の土地は全域耕作され、堀や土塁は失われたと思われる。日輪寺のある場所も居館を建てるには良い場所である。

日輪寺畑砦 (8)
主郭背後の台地との段差は高いところで約6mほどある。㋜阿新は東の知久沢川の堀形㋑

日輪寺畑砦 (13)
北側から見下ろした郭1(主郭)全景。

日輪寺畑砦 (19)
梨久保川方面の主郭北側の堀形㋑。

日輪寺畑砦 (7)
民家の建つ場所が郭2。

日輪寺畑砦 (21)
芝桜が咲き誇る部分には郭1との区分として堀切があったと推定される。

日輪寺畑砦 (23)
郭2に唯一残る土塁状の遺構。こちらも芝桜が咲き誇る。

武田氏の伊那谷侵入に対して最後まで抵抗した知久氏の居城として有名な「神之峰城」は飯田市にある。知久氏のルーツは上伊那である事を知る人は少ない(そもそも知久氏を知る人も少ない・・・汗)
だからこそ、スポットをあててみたいと思う。

≪日輪寺畑(洞田)居館≫ (にちりんじばたきょかん)

標高:760m 比高:5m
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:上伊那郡箕輪町小河内
攻城日:2016年4月24日
お勧め度:★☆☆☆☆
難易度:D(SS・S・A・B・C・Dの6段階のランク分けl)
城跡までの所要時間:- 駐車場:無し (路駐)
見どころ:特になし
注意事項:プライバシーには注意
参考文献:「信濃の山城と館⑤ 上伊那編 宮坂武男著」 「定本 伊那谷の城」
付近の城址:上の平城、城ヶ峰城、小式部城など

日輪寺畑砦 (24)
知久沢川沿いから見た郭2付近。



スポンサーサイト



Posted on 2020/03/19 Thu. 22:46 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 上の平城 (上伊那郡箕輪町東箕輪 県指定史跡)  |  宮田城 (上伊那郡宮田村北割) »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/1006-fc99c6c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top