FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0504

髻山城 小城 (長野市若槻西条・飯綱町))  

◆髻山城の東南を守る出城◆

毎年恒例の山城トップシーズンの店閉まいとなるはずはずだったGWは、「Stay Home」で終了のゴングが鳴る。

「臥薪嘗胆」そして「捲土重来」を誓って後詰めを待ち続ける高天神城の籠城戦である・・・勝頼さん、見殺しにするなよ!(笑)

今回紹介するのは、存在自体知る人が少なく訪れる人無き髻山城の小城である。

小城位置
髻山城の南東に位置するのだが、案外訪れる人はほとんどいない・・(汗)

髻山城の記事自体も10年前の昔の記事なので、リテイクせにゃあかんと思っているのだが、その為にはもう一度現状を取材しないといけない・・・。不要不急の外出制限発令中につきいましばらくお待ち願いたい・・・(汗)

motodori01 (31)
髻山城の主郭から見た小城。信玄は長沼城との連携も視野に入れて対上杉の要害としてこの山城を重要視していたという。

【立地】

髻山城(もとどりやまじょう)の本城は、長野市と飯綱町の境にある三登山(みとやま 標高923m)の東端の髻山(標高744m)に位置し、小城は髻山城の山頂から南東300mのj標高674mの小山にある。今回は別途に掲載しているが、本城と小城で髻山城と総称されている。この山は元々火山なので、小城のある山も派生して出来た山だと推定されている。

髻山城小城見取図①
本城の技巧的な改修工事に比較すると手はあまり入れられていないようである。

髻山城小城 (32)
鞍部から比高50m程度なので迷う事はないが、久々に感じた不気味な感じはなんだったのか?(汗)

【j城主・城歴】

詳細はリテイク記事の際に記載したいと思うが、元々は北信濃の在地土豪の城で甲越紛争が勃発すると上杉方に与して戦い、紛争が長引くと上杉に譲渡され善光寺平の背後を守る城として葛山城、大峰城などと連携しながら甲軍に備えたとされる。
しかし、永禄四年以降は善光寺平は武田の支配下となり、髻山城も武田方に帰属したものと思われる。

髻山城小城 (34)
北斜面の竪堀。掻き上げ土塁のようだが、現状では確認出来なかった・・。

IMG_5440.jpg
頂部からは数段犬走のような細い腰郭が周回する。

【城跡】

頂部の22×19の主郭には土塁の囲みは確認出来なかった。宮坂図では北斜面に塹壕のような竪堀が示されていたが、髻山城の本城ほどはっきりしたものでは無い。改修中に放棄されたのであろうか。
一段下に犬走のような郭が周回するが、植林作業時の作業道のようでもあり判断が難しい。

髻山城小城 (16)
主郭。

髻山城小城 (17)
主郭の周囲は土留めの石積で囲っていたようだが、遺構との判別が難しい。

髻山城小城 (11)
南斜面の段郭。削平が曖昧。

髻山城小城 (24)
宮坂図にある西斜面の竪土塁を懸命に探したが見当たらなかった・・・俺の目は節穴らしい・・・(笑)

髻山城の本体に比べると加工度も低く、甲越紛争の初期に上杉方が出城として簡単に手を入れた程度であろう。それに、比高差は約80mあるので、連携も結構大変だと思われる。直接の連絡通路は採石場により破壊されてしまい、現在は東の大手道にまわるか、西の山裾を回り観音清水のある場所からしか本体に登れない。

髻山城小城 (33)
頂部からの展望は無理なので、登り口からの風景。


≪髻山城 小城≫ (もとどりやまじょう こじょう)

標高:674m 比高:175m(北国街道より)
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:長野市若槻西条・飯綱町
攻城日:2016年5月5日
お勧め度:★★☆☆☆
難易度:D(SS・S・A・B・C・Dの6段階のランク分け)
城跡までの所要時間:鞍部から10分 駐車場:無し (狭い農道なので路駐厳禁)
見どころ:主郭の土塁、堀切など
注意事項:特に無し
参考文献:「信濃の山城と館②更埴・長野編 宮坂武男著」
付近の城址:髻山城、若槻山城、三日城、矢筒城など



motodori01.jpg
髻山城遠景。(小城の遠景を探しましたが見当たらかったので悪しからず・・・汗)
スポンサーサイト



Posted on 2020/05/04 Mon. 09:49 [edit]

CM: 2
TB: 0

« 関屋城 (長野市松代町豊栄)  |  下の城 (上伊那郡宮田村中越) »

コメント

こんなもんかい

ご無沙汰です。
本来なら貴殿とGW中に山中徘徊しているはずでしたが・・・
こんな状況じゃねえ・・・
依存症は出てませんか?禁断症状だったっけ?

髻山城に行ったのは15年くらい前だったと思いますが、小城も行かなきゃと思いながらすっかり忘れていました。
ほとんどネットにも登場していない城ですが、こんなもんだったのですか?
メリハリはないですねえ。
連絡中継場所のようなもんですかねえ。

あおれんじゃあ #- | URL | 2020/05/05 22:13 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

しっかり「Stay Home」でお尻に根っこが生えそうですよ(笑)
こんな山城ツアーの終了は納得いかんのですが、こればっかりは仕方ないですよね。

そうそう、髻山城は何回か行ったのに小城は行ってないなあーと思い4年前に行きましたが、ほぼ地山でした(汗)
近くの上杉軍が築城した三日城よりも遺構が無くて拍子抜けしました。

甲越紛争の飯山口付近は緊張感ある山城が目白押しで、巡っていても楽しかったなあー。

越境禁止令が解除されたらまた晩秋にでもお出かけください、ご案内しますよ!

らんまる #- | URL | 2020/05/06 09:39 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/1013-972e62fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top