らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0214

赤沢城(長野市)  

◆大文字一揆衆が拠点とした城◆

前回掲載した塩崎城は、メジャーな部類なのですが近くにある赤沢城(塩崎新城)はマニアックだと思われます。

大塔合戦で大文字一揆の軍勢を利用した村上満清は、一揆軍の本拠を赤沢城に構えて塩崎城に向かう小笠原長秀を牽制したと伝えられます。

akazawa.jpg
↑稲荷山公園の北側にある篠山遊歩道が赤沢城の入口です

塩崎城とは目と鼻の先で直線距離にすると2㎞ぐらいでしょうか。

規模は小ぶりながらも、要害としての機能はまずまずで、一定規模の軍の撃退は容易だったと思われます。

akazawa (4)
↑途中にある飯綱稲荷神社。

で、どこをどう間違えたのか、神社の西側が城域と思い込んでしまい謎の石切場へ(笑)

akazawa (8)

この場所が要塞に思えるほど、石積みを多用している。恐らく御岳神社があることから土留めとして周辺の崖の崩落を防ぐための加工と思われるが、ここが城跡と云われたら信じてしまうほどの加工度の高さです。

akazawa (13)
↑御嶽社の祠

「なんかちょっと違うよなぁー。もっと上にあるんじゃないの??」

ダメもとで越将軍塚を目指して神社をから西側から登る。

akazawa (25)
↑JR篠ノ井線が脇を走る

akazawa (26)
↑こんな時期に登る方は物好きしかいないんだろうなぁー。

しばらく登ると「赤沢城→」の看板。ってか、神社にも欲しい道標だよネ。

akazawa (27)
↑看板から上を見上げると堀切発見!後で分かるが、本郭を遮断する二重堀切。

ところがこの標識が曲者(くせもの)だった。

喜び勇んで斜面を這いあがるのだが、真冬でも笹と棘のオンパレード。
この季節だから強行突破出来たが、暖かい季節じゃ断念ずるような状況(爆)

akazawa (31)
↑望月の天神城を想い出させる藪を抜けるとそこが二の曲郭だった事がわかるゾ。

「こんな調子じゃ本郭も期待出来ないナー・・・・」

捨てる神あれば、山の所有者はここが城跡だった事をご存知だったらしい。

akazawa (33)
二重堀切の本郭側。北側に向けて竪掘りになっている。

akazawa (34)
本郭の東側は土留めの石積みが確認出来る。

所有者は本郭の周辺の雑木林や藪を伐採してくれたようです。

「おお、ありがたや・・・謝々」(爆)

akazawa (35)

斜面を登ると、かなりの兵を収容出来る本郭がそこにはありました。

akazawa (41)

目と鼻の先に塩崎城があります。

赤沢氏は支城としての新城を普請したと思われますが、まさか袋の鼠にするための匕首になるとは思いもしなかったのでしょう。

akazawa (59)

越将軍塚に向かう尾根からは屋代城や川中島方面が一望出来ます。

塩崎城が、その後武田氏によって改修されたのとは違い、赤沢城は戦略的価値が低いと判断されて放置されたようです。

地元の方にとっては、祖先が籠り守護を追放した記念すべき城跡は誇りでもあるようです。

大塔合戦の史跡が失われていく篠ノ井地方ですが、貴重な遺構である赤沢城は後世に残しておいて欲しいものです。

akazawaIMG.jpg
↑笑わば笑え!自作鳥瞰図。これでも中学時代は美術5の腕前(笑)

≪赤沢城≫

標高570m 比高差210m
築城年代:室町時代
築城・居城者:赤沢氏
場所:長野市篠ノ井塩崎 県営住宅稲荷山団地から遊歩道を越将軍塚方面へ(団地内へ路駐)
攻城日:2011年2月13日
お勧め度:★★★☆☆
見どころ:石積み、大堀切、土塁、曲郭

※参考文献:続・山城紀行(清水長久著) 

akazawa (66)
↑赤沢城全景(篠ノ井長谷方面より)


スポンサーサイト

Posted on 2011/02/14 Mon. 23:05 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 燕城(上田市)  |  塩崎城(長野市) »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/104-d00c59d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top