FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0304

山城探訪に手ごろな新兵器登場か?  

◆重たい巻尺とサヨナラ出来そうな予感◆

先日、スマホをiPhone12に機種変更したのですが、計測機能が付いている事に気が付いた。(おーい、今頃かい・・・笑)
※iOS12以上のスペックがあればiPhone12以前の機種でもOKらしい

計測アプリ①

「はて、機械音痴の根っからの昭和時代の原始人にこのような最先端の道具が使えるのだろうか?」

まあね、「習うより慣れろ!」とは良く言ったもので、なんとか使えるようになった。
(ポケモンGOでお馴染みになったARという技術らしいが、小生には仕組みすら理解できない・・・汗)


計測アプリ (1)
なんか、面積も計算出来るらしい。シャッターボタンで画像も撮影出来るのがイイね。


そういえば、以前にテレビでこの計測機能を使って身長を図ったりビルの窓枠の測定もやっていたのを思い出した。

「山城の現地の計測に使えたら面白いだろうなあ、あの重たい巻尺要らなくなるよね。現地でチョッと試してみようか」

少しでも楽したいし、山城へは出来るだけ軽装備で身体に負担を掛けたくない・・・この事であった・・・(笑)

それに、小生のお知り合いの城友さんの何人かは土木用の最先端の光学計測器を持っていて、堀の深さや土塁の高さなんかを簡単に表示させていた。でも、結構お値段も良くて、買えそうもない。「よし、これで少しは対抗できるのか?」

【実験その1.鷲尾城】 千曲市倉科

なんでこの山城かって?15分くらいで登れるし、石積みの垂直も計測してみたいし一通りパーツ揃ってますもの。

計測アプリ (21)
まずは正面主郭虎口の左側の石積みから。(垂直の計測試験)

計測アプリ (11)
おお、なかなかいいねえ。小生の身長よりも高い石積みなので、数値としては正確だよね。

土木用の光学計測器と違って、難点は測定物に近づかないとダメって事かなあ。

なので、平面を測定するには起点から終点まで歩かないといけない・・巻尺を引っ張ったり、巻いたりする作業が省略されたと考えればいいのかなあ・・・(汗)

お次は主郭の計測。

計測アプリ (8)

計測アプリ (3)
背後の土塁から虎口までの距離は36.35mの表示。

あくまでも起点から終点までの長さの計測なので、堀切を計測しても垂直の深さではなく堀底までの斜面の長さである。

計測アプリ (5)
主郭背後の堀切の堀底までの計測値。ほぼ垂直に近いので数値としては悪くない。

計測アプリ ②
郭2の背後の三重堀切。数値が写真に入ると具体的に想像できるメリットはあるよネ。


【実験その2.塩崎城】 長野市篠ノ井塩崎

ではチョーシこいたついでに、久しぶりの塩崎城へ行って遊んでみた(笑)

この山城もすべてのパーツが揃っていてお手軽に訪問出来る北信濃お薦めの山城である。

計測アプリ (28)
麓にある長国寺の駐車場をお借りして寺の裏山へ初心者でも約30分で登れますよ。

まずは主郭と郭2の間にある石積みから。(この山城独自の特殊な防御施設。これ見るだけでも価値があります)

計測アプリ (29)
おそらく石積みの上には狭間付きの板塀があり、攻城兵を狙撃したんでしょうね。迫力あります!

計測アプリ (13)
計測値は1.89m。小生の身長よりちょっと高い程度なので、あってるみたいです。

計測アプリ (46)
全体はこんな感じ(上の削平地が主郭)。作りかけで放置されたような感じもするし・・・。その目で確かめてね。

実は郭4にも似たような石積みの突き出しがあります。

続いて主郭を計ってみました。

計測アプリ (15)
縦21.83m。それより背後の土塁が気になるかしら?

計測アプリ (14)
横は26mだって。

この山城、見どころが沢山あるので真面目にリテイク記事を書かねば、と思っていますが、いつになるやら・・・(汗)

せっかくなので、西の尾根を叩き切って集合掘りとなる絶望的な落差を誇る三重の連続堀切の写真をあげておきます。

計測アプリ (34)

計測アプリ (36)

計測アプリ (37)

【結論】

重たい巻尺持って歩くよりもはるかに便利な機能でした。なので、今後は山城ライフで活躍してくれると思います。

そうはいってもスマホなので、落としたりすると大変!なので、小生は三脚付きの自撮り棒(これが便利なんです)にしっかり固定して「万が一」に備えましたよ(笑)

なんで他の人は使わないのかなあー。えっ、7万円はする光学測定器みんな持ってるの??凄いなあー(汗)

せっかくなので、今回訪問した山城の場所を掲載しておきます。
※お手軽といっても、トレッキングの支度で。特に靴はしっかりした靴でお願いします。

鷲尾城地図1①
鷲尾城は急坂を登るのでゆっくりで20分くらいかなあ。倉科将軍塚古墳の背後の二条の堀切も見てね。中級者は北西尾根の段郭と土塁に囲まれた郭をちゃんと調べてネ。


塩崎城地図①
塩崎城は長谷寺から案内板があるので迷う事はないが、鉄塔からの道が部分的に岩場になっているので足元注意。ゆっくりで30分くらい。主郭と郭2の北側の登り石塁は必見。その先の北斜面に横堀と竪堀も必見。城域背後の三重の堀切は集合掘。見どころ満載です!!
スポンサーサイト



Posted on 2021/03/04 Thu. 21:11 [edit]

CM: 2
TB: 0

« 桑田砦  |  神明城 (伊那市長谷黒河内) »

コメント

あなろぐ人間

へえ、そんな機能が・・・凄い進歩ですね。
典型的アナログ人間の小生にはとてもついていけません。

計測はゴルフ用の測長機を使ってますが、水平距離、垂直距離が出るのは便利です。
でも、意外と正確なのは歩測、レーザー測長と比べても誤差数%、伊能忠敬さんも使ったというしなかなかのもの。でも高さは測れないですねえ。

塩崎城、こんなに綺麗になっているのですか!見違えるようです。
確かに遺構には見覚えありますが、どこの城?って感じです。
ところで、大手虎口で15年前にやらかした小生のウ〇コ、ちゃんと自然に戻ってました?

あおれんじゃあ #- | URL | 2021/03/11 10:54 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

師匠、こんばんは。

困るなあ、出物・腫物ところかまわずってやつですか?あっしもお腹が緩いので人様の事は言えませんが・・・(笑)

使える奴は親でも使え!って言うんで、せっかくのスマホの機能なら使ってみた次第。レーザー式と違って、測定場所の端から端まで歩くのは巻尺と一緒なので、面倒だけど案外正確なので小生のような貧乏人には良いと思われました。

塩崎城、かなり手入れされていて、誘導看板も新しかったので地元の方が定期的に保全活動しているんでしょうね。
一番初めに訪問した時はなんか出そうな背後の堀切や北斜面の横堀・竪堀もきれいにみれますもの。

近所にある塩崎新城が藪だらけなので、余計に際立ちますネ(^.^)

らんまる #- | URL | 2021/03/11 20:43 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/1045-0c0d9987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top