FC2ブログ

らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0412

飯田は今日は土砂降りでも雨天強行の信濃先方衆 その②  

◆晴れ男の記録更新を止めても見たかった南信濃の山城群とは◆

さて、ここで皆様に朗報(?)があります。

「大人の山遊び」が合言葉になった上田市行政チャンネルの山城動画「あなたも行ってみたくなる?! 上田地域の山城」第二弾の撮影が決まりました!

この手の番組でYouTubeでの動画再生回数700回はとっても立派な視聴数なんだそうですよ。ひたすら皆様のおかげでございますw

前回は地元ケーブルテレビUCVのプロ仕様撮影でしたが、第二弾は予算が取れず、とっても手作り感満載になりそうです・・・(汗)
公開予定日が決まりましたら、またご案内差し上げたいと存じます(^.^)

では、前回飽きて中断した雨の山城巡り第二弾の続きをば・・・・


【龍江城山城】(たつえじょうやまじょう)

前回ご案内した兔城(とじょう)から約1km南の龍江ちくの丘陵部の先端に位置する。
桃井氏が居城とした兔城は、上の城(原城)の出城とされているが、未だに所在が不明であり、この場所も候補地とはなるが人里離れているし、以降も曖昧なため断定には至っていないという。

龍江城山城 (1)
土砂降りの中、堀形らしきものが確認できる

龍江城山城 (6)
西側のはしっかりとした堀切が確認できる。おそらく貫通していたものを耕作地化により中央部は埋められた可能性がある。

龍江城山城 (10)
主郭は残念ながら薮である。

龍江城山城 (11)
雨の中の主郭を踏査する「ていぴす」さん。槍が降ってきても止めないんでしょうね・・・(笑)

もはや怪しい人たちである・・・(汗)

竜西地区への眺望は良いらしいが(雨で見えない)、近くに集落もなく、古道からもだいぶ外れたこの場所になんで?

我々は降りしきる雨の中、竜東地区を離れ、天竜川を渡り竜西地区へと向かった。


【飯沼城・原ノ城】

止みそうもない雨天強行軍、市街地の城館へ繰り出すことにした。

しかし、山間部の山城と違い、いくら雨降りとはいえ「怪しい人たち×2乗」である。まして学校の敷地内を通過するのは日曜日以外は確実に通報を覚悟するところだったが、この日は日曜日であったので助かった・・・(汗)

飯沼城&原ノ城 (16)
飯沼城の主郭跡にはは現在飯沼諏訪神社が祀られている。

飯沼城&原ノ城 (4)
神社主殿の背後は、巨大な土塁が半周するように残っている。

飯沼城は史料、伝承等なくはっきりしたことはわからないが、城名からして飯沼氏の本城であろうと考えられている。
飯沼氏は応永七年(1400年)に勃発した大塔合戦の時の守護小笠原長秀の援軍の中にその名がみえるという。

現在の城跡は、中学校の敷地、宅地化、飯田線による改変で、本郭以外は現状を留めていないが、河岸段丘を利用した城館であったと推定されている。

また、飯沼城と原ノ城は400mの至近距離で隣接しており、途中になんの障害物もないことから、密接な関係があったと思われる。

飯沼城&原ノ城 (22)
原ノ城の主郭の土塁。

残念な事に原ノ城も見晴山と呼ばれる段丘の先端部以外は宅地や事業所の敷地として改変されてしまい往時の遺構がほとんど残っていない。

飯沼城&原ノ城 (21)
低い土塁が周回しているが、往時はもっと高かったと推定される。

飯沼城&原ノ城 (26)
見晴山と呼ばれるだけのことはある眺望。

飯沼城&原ノ城 (30)
この城の見どころである主郭先端の東から北にかけての横堀。戦国末期の改修であろうか?

このあたりは、当初坂西氏の所領であったが、知久氏の台頭によりその配下の黒田氏の所領となり、その後知久氏が武田氏に滅ぼされると、座光寺氏の所領へ。さらに武田滅亡後は、松岡氏の領地と、目まぐるしく変遷している。

さてはて、今夜も飽きてしまったので、続きは③へ・・・。 (まだ続けるんかい・・・・笑)
スポンサーサイト



Posted on 2021/04/12 Mon. 21:46 [edit]

CM: 2
TB: 0

« 飯田は今日は土砂降りでも雨天強行の信濃先方衆 その③  |  飯田は今日は土砂降りでも雨天強行の信濃先方衆 その① »

コメント

動画の第2弾も楽しみにしています!
絶対シリーズ化されると信じていましたから。

雨の飯田シリーズも是非続けてくださ〜い!
飽きた、なんておっしゃらないでぇ〜🙇‍♀️

じろう #EBUSheBA | URL | 2021/04/12 22:46 * edit *

Re: じろう様へ

いつもご声援ありがとうございますw

基本的に飽き性なのです。そんな奴がブログを10年も続けているなんて奇跡に近い・・・(笑)

「神は乗り越えらる試練しか与えない」(←いや、ブログの継続が試練とはとうてい思えんが・・・汗)

記憶喪失になる前にダイジェスト記事だけでも・・・と掲載しておりますが気合を維持するには春は眠すぎますネ・・(笑)

らんまる #- | URL | 2021/04/13 08:49 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/1048-7c644400
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top