らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0304

怪しい書店  

◆バイブルは意外なところにある?◆

らんまるの攻城戦記のキッカケはサイトでみつけた城と古戦場~戦国大名の軌跡を追う~から始まりました。

管理人のマサハレ様の信州の山城に関する記事を拝見していくうちに

「信州在住の人間がこのままではイカン・・・」と思うようになりHPを頼りに攻城戦記を始めました。

宮坂先生の「山城探訪図」や「長野郷土史研究会機関誌 長野」の存在を知ったのも彼のHPでした。

「城と古戦場」はらんまるの兵法書とも言える「バイブル」ですネ。

NEC_0032.jpg

彼の「史料批判」で紹介された本に信州の城と古戦場がある。

近隣の書店やネットでも探したが見当たらず諦めていたが、先日仕事で訪れた長野市内のお客様の近くにある古びたショッピングセンター内にある「怪しい書店」(失礼)でこの本を見つけた!!しかも新品!迷わず購入する。

既に攻城した城跡の記事が多数掲載されており、新鮮な感覚になったのは云うまでもありません。

未訪問の城に関する記事もあり、今後の攻城戦の事前知識としては役に立ちそうな予感・・・。

この本屋には戦国に関する本で品切れのレアものがあるようだ。

で、ついでに寄った市立図書館。偶然に見つけた「依田信蕃」の本。借りたのは云うまでもない・・・(笑)

NEC_0035.jpg

彼の軌跡を訪ね回り、菩提寺のある田野口(竜岡城址近くの寺で蕃松院)まで行った隠れファンなので、読書感想文は近々掲載予定とします・・・(爆)


スポンサーサイト

Posted on 2011/03/04 Fri. 23:19 [edit]

CM: 2
TB: 0

« 尾野山城(上田市)  |  二ツ柳城(長野市) »

コメント

NoTitle

らんまるさん、こんばんは。弊サイトのご紹介恐縮です。


「信州の城と古戦場」、いいですねーー。

私は昔はこの本しか長野の城の書籍を持っていなかったものです。

巻末の一覧表がありますよね。
かなりざっくりした記事。

あれだけを頼りに信濃遠征もしました。(無謀ですね)

その時のページが
http://www.geocities.jp/zanyphenix/diary2.html#1日半で約50城を回ってしまった旅~長野・静岡~

これだったりします。伊那に行きましたね。

あれだけの情報しかないので城跡に辿り着けないのは当然。かなりテキトーなWEBページを作成したままになっています(^^;

以来、伊那には行っていませんが、いずれきっちりと再調査しなければならないと思っています(ただ、遺構があってごっつい山城があまり無いので、魅力も軽減されています。)

46 #- | URL | 2011/03/10 22:15 * edit *

Re: マサハレさんへ

ご紹介頂いたページは初めて見ました(汗)
分刻みのスケジュールでの攻城戦は小生には真似できません・・・(笑)
その昔、武田信虎が佐久の諸城を1日で36ヶ所落としたという文献を想い出しました。
そのぐらいの勢いでないと信州に1000以上あると云われる中世の城郭を制覇するのは気が遠くなる作業かもしれませんネ。
まだまだ幕下序の口でうろうろしているらんまるも、気合いれて行かないといけません・・・(爆)

それにしても巻末の「長野県の城と城跡」の大雑把な案内では、信州に住む人でも辿りつけない・・・(笑)

らんまる #- | URL | 2011/03/11 08:01 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/110-8537baf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top