らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0826

洗馬城(上田市)  

★松代道を抑える要所の出城★

こんばんは。

先日は長野市松代にある尼巌山城(あまかざりやまじょう)を攻めて筋肉痛でございます。
その戦記は後日という事で・・。

これからの季節の山城攻めの最大の敵は「クマ」でございます。

なので必須アイテムを購入しました。

t009.jpg

「子熊に金棒」

親クマには効能があるのか?独身のクマには効き目があるのかは定かではありません(笑)

続きを読んでネ。
◆室町時代にも誤字脱字はあったのか?◆

真田町にある洗馬城(せんばじょうじょう)は、「諏訪御符礼之古書(すわおふれのこしょ)」にその名前が登場しますが、「村上氏が千葉城を攻める」と記載されています。(応仁2年)

この地方の国人は曲尾氏(まがりおし)、横尾氏、洗馬氏、定田氏(真田氏)なので、千葉(せんば)という字は洗馬氏の誤字だろうと云われています。

洗馬城
いつも感心するのは真田町の方々の城跡整備にかける情熱です

真田町の町誌によると、坂城の村上氏はこの地域を征服すべく洗馬城を攻めて落城させます。
※坂城町から真田町へはその昔、芝峠を超えると僅かな距離でした。

その後、砥石城が真田氏によって落城すると洗馬城も真田の属城になったようです。

洗馬城 (12)
↑目と鼻の先に二つの支城があります

大手道から本郭までは距離がありますが、構造が単純なので多勢で攻めれば落城は時間の問題だと思いました。

洗馬城 (21)
本郭の後ろの堀切。見事な深さではあります。

ふもとの小学校では、根小屋城と洗馬城をつなぐスタンプラリーを毎年開催してるみたいです。

小学生でも征服出来る城なのか??(笑)

尾引城 (4)
尾引城(おびきじょう)から見た洗馬城


お勧め度:★★★
場所:上田市真田町横尾
遺構:堀切、土塁
時間:登り口から約15分程度(軽めのハイキング程度)
みどころ:真田氏の山城ネットワークが一望出来ます






スポンサーサイト

Posted on 2009/08/26 Wed. 23:17 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 天白城(上田市)  |  松尾新城(真田本城) »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/12-aafa4f8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top