らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0513

与良城(小諸市)  

◆市民の憩いの場となった与良氏の居城◆

現在は「南城公園」と呼ばれ市民プールや球場のある公園。

先日ご紹介した七五三掛城の南に位置する。

蛇堀川の渓谷と田切地形を融合させた城跡なのだが、現在は一部を除いて跡形も無い。

yora (6)
以前、本郭付近は畑だったのだが、最近になって公園化された。

家族連れで賑わう公園に古城の面影を見る事は難しいが、駐車場となり果てた田切地形の北側の外周には僅かながら遺構が残っている。

yora (3)
郭周囲を横堀が走る。

yora (4)
市営球場に向かう小路も横堀だったのであろう。

蛇堀川は現在東電の下河原ダムとなり城跡の北側にダム湖を作るが、当時は深い渓谷を流れる暴れ川だった事は想像に難くない。

与良氏の祖は、武田信虎が安田義知に命じて南城を築かせて村上氏への戦略上、与良氏を名乗らせたという。

その後、上杉に仕えて鍋蓋城の自落後は武田に従い、現在の与良町に移住したらしい。

佐久方面の街道の要所として機能していたものと推測される。

yora.jpg
郭の一段高い場所だったは整地され滑り台がある。ここには土塁があったはずだが・・・。

公園にするのも仕方無いが、事前に発掘調査が行われただろうか?

yoraIMG.jpg
小諸市教育委員会作成の地形図

≪与良城≫ (下川原城)

標高650m 比高50m
築城年代:不明
築城・居住者:小林氏・与良氏
場所:小諸市甲 南城付近
攻城日:2011年4月10日 
お勧め度:★☆☆☆☆
所要時間:-
見どころ:北側の横堀など
参考出展元:定本佐久の城(郷土出版)

スポンサーサイト

Posted on 2011/05/13 Fri. 23:38 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 戦国武将依田家の史料を初公開  |  相木城(北相木村) »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/139-6adaa566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top