らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0526

小山城(上田市)  

◆鳥屋城と武石城の見張り砦◆

こんばんは。

月末が近くなると連日21時過ぎの帰宅が続き、気力も体力も無くなり更新が滞ります(汗)

それでも休日になると、元気100倍で遠征に出掛ける気力があるのは、摩訶不思議ですが・・・(笑)

今回は小山城のご紹介。

koyama (2)

国道152号線を丸子町(現上田市)から長和町に向かう途中の武石沖の信号機付近で、右側に小高い独立した丘が見える。

予備知識が無くても、街道の要所を抑えるその場所に何かがあったかもしれないと直感するのは、小生だけでは無いだろう。

koyama (12)
山麓の神社から丘の上を目指す。

ほどなく三角点のある頂上付近に到達するが、御嶽社の石碑以外にこれといった遺構が見当たらない。

立て籠もるには低すぎるし、囲まれたら1時間ももたないだろう。

それでもと思い、東側の斜面を探索する。

koyama (6)
僅かに残る段曲輪

だいぶ改変されたが、街道に面する東側には数段の曲輪が認められる。

koyama (7)

周囲には山の鼻砦鳥屋山砦などがあった事を考えると、見張り小屋程度の作りで充分だったのであろう。

しかし、この場所からの見晴らしは素晴らしい。

街道筋の城が一望で見渡せる。

koyama (8)

大門峠を越えて進軍してきた武田軍に蹂躙されていく依田窪地域の諸城の悲劇をつぶさに見ていたに違いない。

koyama (11)
山麓から武石城、中山城方面

≪小山城≫ 

標高676.5m 比高92m 
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:上田市武石沖
攻城日:2010年5月29日 
お勧め度:★★☆☆☆
所要時間:15分
見どころ:段曲輪、展望





スポンサーサイト

Posted on 2011/05/26 Thu. 23:24 [edit]

CM: 4
TB: 0

« 竹把城(上田市)  |  鬼ヶ城(上田市 角間渓谷) »

コメント

NoTitle

らんまる様、お疲れ様です。

小山城、懐かしいです。見どころも少なく、10分もかからず退散した記憶があります。

あのあたりは、峰という峰に砦が築かれたと言ってもいいような、一大城郭地域ですが、問題は鳥羽山(標高844m)に築かれたという鳥羽城ですね。

http://utsu02.fc2web.com/shiro768.html

宮坂武男先生の覚書でも相当に過酷な登山と想定される上、管見の限り、この山に関する登山サイトの記事は見当たりませんでした。(何年か前)

小生も一応踏査に挑戦したのですが、登山道などどこにもありません!

ここは、信州山城の権威であらせられる、らんまる殿のデジタル化をお待ち申し上げる次第でおりますv-8

まさはれ #- | URL | 2011/05/27 20:35 * edit *

Re: まさはれさんへ

やはりそう来ると思うておりました(笑)

実は鳥羽城は1年前に攻城を計画し途中で挫折してしまい、リベンジの機会を狙っていました。
腰越の深山地区側の尾根伝いに登るという宮坂先生のコメントがあるものの登山道などあるはずもなく、地元のお年寄りに聞いても???というありさまでした(爆)

鳥羽氏の城館跡から尾根伝いの正攻法で挑むつもりでいますが、梅雨の晴れ間を掻い潜って岩場を迂回する果てしない道のりは気が遠くなりそうです。

らんまる #- | URL | 2011/05/27 21:08 * edit *

NoTitle

わたしも、いくつか山城を訪問すると、事前にある予感が起きるものです。

「この城はやばい…」


白馬のこちらの城

平倉城
http://utsu02.fc2web.com/shiro732.html

結構エキサイティングでした。


しかし、鳥羽城は人を寄せ付けない、圧倒的は排他感がありました…。

たいてい、「ちょっと試しに登ってみるか」という勢いで頂上まで行ってしまうのですが、この城に関しては皆無でしたね…・


私には無理なお城です…v-12

まさはれ #- | URL | 2011/05/27 22:13 * edit *

Re: まさはれさんへ

まさはれさん、連コメありがとうございます。

平倉城拝見しました。結構ヤバそうな所にありますネ。
そのうち土砂崩落で遺跡ごと消滅しそうです。消える前に拙者も攻城しないといけません(笑)

鳥羽城の攻城記録は以前サイトで2名ぐらいの方が書いていましたが、肝心の城跡の写真はありませんでした。
冬場に攻城すべきだったと思いますが、クマとの遭遇に怯えながら攻めるのもアリかもしれませんv-14

らんまる #- | URL | 2011/05/28 08:38 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/146-cc980767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top