らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0705

新説 真田十勇士  

◆後輩たちが思い描く真田十勇士とは◆

先日、砥石米山城跡の登り口にある駐車場の多目的観光小屋(っていったいどんな小屋なのか?)に、上田染谷ヶ丘高校の美術班の部員たちが真田十勇士の絵を寄贈したという。

らんまるの後輩たち(もち、当の本人たちは知る由も無いが・・・)の努力に敬意を表す為に訪れてみました。

十勇士

お気づきでしょうか???

一人だけ女性がいますネ。

十勇士vol2

「十勇士は男だけなので、女性もひとりぐらい入れてもいいのかナーと思って」

いえいえ、どうして謙遜なさるのでしょう?

三好青海入道と三好伊入道の兄弟のモデルは、wikipediaによれば

「大坂の陣において豊臣方で討死した三好政康(入道名・清海)と考えられている。政康の弟の三好政勝(法名・為三)が伊三入道のモデルとされるが、史実の政勝は徳川方について大坂の陣に出陣した。いずれも80代という高齢での出陣であった。

なお、信繁の側室・隆清院が豊臣秀次の娘であり、三好吉房の孫にあたることから、隆清院も清海のモデルであるという説もある。」

しっかり背景を勉強されているので、そういう発想もありだと思います。

十勇士 (2)
あずま小屋から眺める上田盆地方面。

願わくば、この美術班より歴女なる方の出現を願っておりますが、勝手な思い込みは止めるとしましょう(笑)

十勇士 (7)
砥石・米山城の入り口には、中世の山城の門を復元しています。

彼女たちが、製作まで8ヵ月を要した大作です。

上田市にお越しの際は、是非ご覧頂きたいと切に願っておりまするw 


≪真田十勇士の絵画≫

場所:上田市上野伊勢山
作成年月:2011年1月~2011年6月
作成者:上田染谷ヶ丘高校美術班
評価:★★★★★(5ッ星、満点)



レポートはこちらを参照願います。UCVレポート
スポンサーサイト

Posted on 2011/07/05 Tue. 22:11 [edit]

CM: 4
TB: 0

« 霜台城(長野市)  |  小諸城大手門(小諸市) »

コメント

初めまして!

初めまして!まーちゃんと申します^^
情報の時間にここを見つけて驚いてしまいました、実は私美術班の部員なんです!!
こんな風に記事にしていただけてすごく嬉しいです・・・!
私が美術班に入ったときからもう絵の作業は始まっていて、入ってから私も色塗り等させていただきました!
本当にみんなで一生懸命描いた作品です、なのでやっぱり私自身にとっても思い入れのある作品になりました。
入り口にある幸村の背景や服の色やポーズは私が任されたのですが、イメージ通り以上の幸村になって安心しました!
またご都合がいいときに来て下さいね^^
それとらんまるさんは先輩だとか・・・!///これも何かの縁でしょうか?(笑)


いきなりコメントすみません!乱文失礼しました^^

まーちゃん #- | URL | 2012/02/10 20:53 * edit *

Re: まーちゃんへ

まーちゃん、コメントありがとうございましたぁ!

そうですかー、小生の可愛い後輩なんですねぇ~、驚き桃の木山椒の木ですわー(古っ!)

十代の感性で描いた真田十勇士は見事でしたね。美術班の皆さんには感謝感謝でございますw。

ブログ拝見しました。絵がすきなんですネ。
小生も中学時代には夢中になって描いていましたが、心無い美術の先生の一言で止めた記憶があります。

また遊びに来て下さいね!
良かったらブログリンクさせて下さいませ(笑)

こういう殺風景な趣味のブログは花が無いと冴えませんので…(爆)

らんまる #- | URL | 2012/02/10 23:04 * edit *

うおおおお!///

うおおおおおおおコメ返すっっごく嬉しいです!!///
そうですよ~らんまるさんのかわいい(果たしてかわいいと言っていいものか・・!?(笑))後輩です^^
私もすごくビックリしました~~~~(笑)

私も中学のときと違った新鮮さに圧倒されました・・・・!!これも一つの時代の形なんだろうとかかっこいいこと言ってみる←


ブログまで拝見してくださったみたいでお恥ずかしい・・・!////将来絵の仕事つきたいなぁとか思ってます・・!!その先生ほんとひどいですね・・・・絵って上手い下手関係なく人を喜ばせられるものだと思うんです、感動したりとか、いろいろ・・・・それを壊しちゃう先生信じられません。
らんまるさんの絵見たかったです^^
私もよく先生にいろいろ言われますけどね!!(泣)

うおおおおおリンクいいのでしょうか??ではさせていただきます^////^
いえいえ!私らんまるさんのブログすごいいいなぁ~って思いました、すごく分かりやすいし、私も行ってみたい!!って思いました(^ω^)
らんまるさんが羨ましい・・・素敵な場所たくさん巡れて^^
いつか私も連れてってくだ((ry


またちょくちょく来ますね~ではでは^^

まーちゃん #- | URL | 2012/02/11 01:20 * edit *

Re: まーちゃんへ②

まーちゃん、連コメありがとうございますw

何故かだいこん坂をチャリで必死こいて登っていた高校生時代を思い出しましたヨ(笑)
あの頃は、将来何になりたいとか全然考えてなくて、ただただ学校へ行けば楽しい事が待っていて面白可笑しい三年間でしたね。
まーちゃんもきっとそうなんだろうナー、なんて勝手に思ってます・・・(爆)

山ガールが増殖中(?)ですが、故郷の里山の上から見る景色もオツなもんです。
オイラの場合は、道無き名も知れぬ山を藪を掻き分け、カモシカ殿と遭遇したりキツネ君やタヌキ君に化かされて、「何が楽しくてこんな趣味もったのだろう・・」と後悔しきりでありますが、それはそれで修行僧のような日々でございます(笑)

いつかご一緒できればいいですね。
でも、はたから見たらオイラは確実に誘拐犯と間違われるかもしれません・・・・(笑)
それか、歳の差婚を狙った哀れな中年オヤジでしょう(爆)

リンクさせていただきました。
若い人の感性も学ばないといけませんネ(汗)

是非是非これからも遊びに来てくださいませ!!

らんまる #- | URL | 2012/02/11 08:07 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/166-52ac1ec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top