らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0817

馬越城(佐久穂町)  

◆八ヶ岳山麓の主要街道を抑える城館◆

南佐久に展開する城跡は、一部を除き大半が比高差の無い場所に築かれている。
各地に点在する高地性集落における要の城館としての存在価値であり、近隣の村落どうしの争いが少なかったのかもしれない。

magoe.jpg

恐ろしく比高差のある場所に「これでもか!」というくらい堀切と土塁を築いた山城をご希望の諸氏には、物足りないかもしれないが、戦がなければこの程度で充分なのである(笑)

馬越城(まごえじょう)は千曲川流域の西方、大石川烽火台から本間城、宮の上を結ぶ丘陵の西方に展開する八ヶ岳山麓末端の広大な台地の上にある。

magoe (3)
城跡は馬越集落から南西約400mの薄暗い林道にある。場所不明で思わず通り過ぎてしまったが・・・(笑)

西は大石川に浸食された高さ20mほどの断崖をなし東は遠見と呼ばれる高さ30mほどの南北に連なる丘陵の尾根で限られている。大石川の断崖と遠見の丘陵の間の細長い平地に五段の郭と四条の堀切を設けている。

magoe (2)
城の脇には用水路があるが、江戸時代の開削らしい。

magoe (6)
城館跡の平地。四条の堀切を探索するがハッキリした遺構は認める事が出来なかった。

おそらく揚水ポンプ場で盛土された場所が一の郭跡であり、その脇にようやく堀切を確認出来た。

magoe (7)

第二郭には花岡城と同じように縦穴式の緊急避難用の地下壕があったという。(深さ3m×長さ3m)
発掘調査では石臼と骨が散乱していたというが、いつの時代のものか解明が待たれる。

武田軍侵攻後は、南佐久の八ヶ岳山麓の街道を抑える要所として監視小屋がおかれたのかもしれないが、とても実戦には耐えられないと思われた。

≪馬越城≫

標高900m 比高-
築城年代:不明
築城・居住者:不明
場所:南佐久郡佐久穂町馬越
攻城日:20011年7月31日 
お勧め度:★★☆☆☆
所要時間:10分、道路脇へ路駐
見どころ:堀切、郭跡
その他:標柱があるのだが、場所は結構分かりづらい。馬越集落を目指すと良い。

magoe (12)
北側の大石川対岸より見る馬越城。



スポンサーサイト

Posted on 2011/08/17 Wed. 21:31 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 根古屋城主に拝謁  |  空母加賀③ »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/182-715e5244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top