らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0914

丸子城(上田市)  

◆山城の基本構造を学べる貴重な城跡◆

最近、ブログのサーバーがバクっているようで更新もままならない・・・(汗)

どうせロクな記事しか載せないんだから、まあイイかぁー(笑)

丸子城を知ったのは四年前の事。

当時はさほど興味はなかったのだが、小学生でもよく分りそうな説明看板に妙に感心したものだ。

maruko (13)
丸子城全景。砥石城と同じ連郭式の山城で堅固な防禦を誇る。

丸子城の築城時期は定かではないが、高白斎記等によれば、依田丸子氏の居城であったという。

天正十一年(1583)、小県に覇を唱えた真田昌幸が丸子城を攻撃し、当時の城主であった丸子三右衛門を説得し配下に加えたという。

maruko (18)
丸子公園から飯盛城(二の郭)へは痩せた尾根伝いの急峻な登山道が続く。

この山城の特筆すべきは実戦経験なのである。

近隣では信玄の負け戦と伝わる「砥石崩れ」で攻防の主役となった砥石城が有名だが、天正十三年(1586)の第一次神川合戦における「丸子表の戦い」の舞台は丸子城であり、徳川軍を退けた武勇を誇る山城なのである。

maruko (21)
復元された飯盛城の物見櫓を尾根伝いに見る。

七千余騎の軍勢を上田城に差し向けた徳川家康だが、二百の真田軍と千五百の雑兵と併せて二千の籠城軍に翻弄される。その時、後詰めとして丸子三右衛門がこの城に籠った。

徳川軍が八月二日に上田城の攻防で敗退すると、腹いせに目標を丸子城に変更し、八重原(現在の東御市)に布陣する。

maruko (23)
物見櫓の復元として定番の建物。除夜の鐘付き堂みたいなので、好きになれない。

攻撃の矛先が丸子城に移った事を知った真田昌幸は、手白塚(丸子塩川地籍)に後詰めの部隊率いて出陣し徳川軍を牽制する。

maruko (24)

八月九日、徳川家康への申し開きの為に丸子城を落とそうとした徳川軍の攻撃が開始されるが、丸子三右衛門は城兵を率いて良く戦い、これを退けた。

野戦は得意な徳川軍も、城攻めが不得手であることが露見したのだ。

それを庇うようにこの戦に対する感状を十七通も発行した家康。

「童子(わっぱ)が戦(いくさ)ごっこをしておる」と嘆いたというが、腸(はらわた)が煮え繰りかえるほどの怒りを禁じ得なかったという(笑)

maruko (2)
本郭脇の切岸。手前に三重の深い堀切で遮断している。

家康は本隊を率いて真田討伐の軍を起こそうとするが、重臣の石川数正が秀吉に出奔するという緊急事態が勃発し断念する。

maruko (3)
堀切に架かる板橋。

慶長五年(1600)、関ヶ原の戦いの折りの第二次上田合戦で徳川軍は再び丸子城と対峙するが、迂回して中仙道を急ぐ。真田軍の挟撃を恐れた道中の進軍は疑心暗鬼に満ち、和田峠越えではかなりの時間を要したと云う。

maruko (10)
段差を付けた本郭跡。丸子三右衛門の指揮する声が聞こえそうだ。

「恐いものは 恐い」 

徳川軍の意識に植え付けられた恐怖心。

完膚に叩き潰すという事は、二度と刃向う事すら許さない効果がある。

maruko (6)
本郭から和田峠方面。

城跡には、堀切や郭、段郭などの説明板があります。

丸子修学館(旧丸子実業高校)の野球部の部員がふもとの丸子公園から飯盛城までの登坂路を毎日登って鍛えているようです。

maruko (4)
丸子城縄張り図。

実戦を経験した山城で、これだけの遺構が残る城跡は貴重です。

信州100廃城に、あお師匠が推薦するのは最もな事だと思います。

maruko (17)
宮坂センセの鳥瞰図には、溜息ばかりですね。

≪丸子城≫

標高:830m(桝形城)684.6m 比高138m
築城年代:不明
築城・居住者:依田丸子氏
場所:上田市腰越
攻城日:2007年10月21日 
お勧め度:★★★★☆
所要時間:丸子公園から20分。
見どころ:堀切、土塁、景色。
その他:クマさんはいません。ゆっくり見学願います。

maruko (16)
腰越の雇用促進団地付近から見る本郭。




もう一度、キチンと調べてみたい信州を代表する城跡です。





スポンサーサイト

Posted on 2011/09/14 Wed. 22:47 [edit]

CM: 4
TB: 0

« 祢津城(東御市)  |  虚空蔵山連珠砦群(上田市) »

コメント

No title

らんまるさま、こんばんは
丸子城、お疲れ様です

本郭の脇に、竹やぶがありましたね、この城。

「もしかしたら真田昌幸が植え付けたものなのか」などと想って興奮?したのを思い出しました。

あの辺りは真田氏側の山城がたくさんあるので、徳川軍もさぞかし難儀したのでしょうね。

まさ #- | URL | 2011/09/14 23:19 * edit *

Re: まさはれさんへ

いつもコメントありがとうございます。

山麓の丸子公園は営業途中の休息場所の一つです(笑)

もうひとつの第一次上田合戦の場所として、もう少しPRしてもいいのかナーなんて思ってます。
地元の方ですら、この場所が山城跡であることを知らない人が大勢います。

子供たちが歴史に触れるには景色もいいし、とても良い場所だと思っております。

らんまる #- | URL | 2011/09/15 07:36 * edit *

No title

懐かしいね。丸子城。
本郭についたらさあ、カップルが抱き合っていたんだよ。
おれ、邪魔しちゃったんだよ。
まあ、それが強烈な記憶ですが、なかなか手ごわそうな立地です。徳川軍、甘く見たんでしょう。

あおれんじゃあ #- | URL | 2011/09/20 23:01 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

あおれんじゃあ様、毎度コメントありがとうございます。

それは刺激的でしたね(笑)
小生だったら草葉の影からその後をそっと見守ります・・・(爆)

徳川軍が攻めきれなかった城がカップルの憩いの場になろうとは、丸子三左衛門も想像出来なかったでしょうねぇ~。

らんまる #- | URL | 2011/09/21 21:02 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/190-077e0ead
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top