らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0916

祢津城(東御市)  

◆信州の山城では貴重な円郭式の遺構を持つ城◆

祢津城(ねつじょう)は、諏訪神氏の出身である古豪祢津一族の築城とされ、上の城/下の城で構成されている。

城と古戦場の管理人マサハレ氏が、優れた遺構の残る城として紹介していた記事に触発され、3年前の2008年11月に訪れた。

祢津城
祢津下の城遠景。こうして見ると山頂は髻山城の雰囲気によく似ている。

残念な事に、当時の小生は城跡に辿り着く事が目的になってしまい、遺構などロクに調べようとせず城跡からの風景に感動していたに過ぎない・・・(笑)

祢津城 (6)

堀切も主郭背後の1本を見ただけである。
今思えば、苦労して登ったのに実にもったいない・・・(爆)

祢津城 (12)
主郭北側の堀切はトラロープをかけるほどの急斜面だったのだ。

天文十年(1541)の武田・村上・諏訪連合VS海野・祢津・矢沢連合軍の海野平合戦で、海野氏は敗れ上州に逃れる。矢沢氏・祢津氏は諏訪氏の斡旋で旧領を安堵される。

翌年、当主だった祢津元信は娘を武田晴信の側室として差し出し以後武田軍の信濃先方衆として転戦する。
※新田次郎の小説「武田信玄」では、側室となった娘は禰々(ねね)という名で登場している

祢津城 (14)
32×23の楕円形の本郭跡。ここから見える展望は素晴らしいの一言だ。

昨年7月、上の城攻略と下の城リベンジ戦で再び攻城戦を行う。

しかし、大手道から宮の入居館(現在は神社跡)経由で「上の城」へ攻め上がるつもりが、道を間違えて上野屋敷という郭に辿り着く・・・(汗)

祢津2 (6)
宮の入居館への分岐点。

祢津2 (7)
宮嶽神社(宮の入居館跡)。背丈ほどの雑草に覆われ、参拝者も途絶えたようだ。

ここから尾根伝いに稜線を目指して「上の城」へ着くはずが、途中で道を失い石積みに囲まれた奇妙な郭を発見する。

当の本人は「上の城」に着いたと信じていたのだから、おバカ!としか言いようがない・・・(笑)

祢津2 (15)
周囲を石積みで囲まれた長方形の郭。

祢津2 (19)
北側は堀の跡がある。

ふと雑木林の間に見えた山。

「あれ?、あそこが上の城じゃねえか!!」

祢津2 (17)

まあ、今にして思えばあまり遺構の残っていない上の城よりは、中間地点にあったとされる上野屋敷を見つけただけラッキーだったと自分を慰めております・・・・・(爆)

祢津2 (21)
30×20程度の広さの上野居館跡。戦時にはここで指揮をとったのだろうか?

祢津氏はその後武田氏滅亡後に、真田昌幸と同じように従属先を転々と変えて家名の存続を図りました。

徳川⇒北条⇒上杉⇒徳川⇒上杉

真田昌幸は依田信蕃に説得されて徳川方になった天正十年十月には、家康の命で北条方だった祢津城を攻めています。

祢津2 (25)
二の郭北側の大堀切

もっともこの攻撃は昌幸のパフォーマンスであり、密かに祢津氏に対する臣従工作が行われ、慶長年間には真田氏の家臣となったらしい。

祢津2 (28)
堀切から見上げる二の郭。この高さは感動ものだ。

祢津氏は、真田信之が松代に移封されるまで、真田家の家臣としてこの地を領有したという。

netuIMG.jpg
宮坂武男氏によ縄張り図。腰郭と堀切を効果的に配置した珍しい円郭方式の山城。

西には、祢津城の支城と伝えられる矢立城を見る事が出来る。

祢津2 (36)

矢立城の構造は祢津下の城と類似点が多くあるので、祢津氏が対の城として築城したものかもしれない。

この城から見る風景は いつまでも飽きない美しい信州である。

祢津2 (34)

そして、またこの城も信州を代表する城跡だと心から思います。

netuIMG_0001.jpg
宮坂先生の「神」と呼ばれる鳥瞰図。

≪祢津下の城≫

築城年代:不明
標高:820m
比高:100m
築城・居城者:祢津氏
場所:東御市祢津城山
攻城日:2008年11月3日/2011年7月17日
お勧め度:★★★★★(満点)
見どころ:土塁、大堀切、郭群、城址からの展望




スポンサーサイト

Posted on 2011/09/16 Fri. 23:55 [edit]

CM: 2
TB: 0

« 空母 瑞鶴②  |  丸子城(上田市) »

コメント

No title

らんまる様、こんばんは。

良い城ですね。

相変わらず宮坂先生は神ですね。


ところで上野屋敷というのは初耳でした。
「屋敷」なのに遺構が十分ありそうですね。

あのような山の上に「屋敷」があるというのは珍しいですね。

「上の城」との関係も含めて、なかなか奥の深い城なんですねv-22

まさ #- | URL | 2011/09/18 20:28 * edit *

Re: まさはれさんへ

まさはれさん、いつもコメントありがとうございます。

二度も攻めれば思いがけないプレゼントが貰えるものです・・(笑)
円郭式の山城とは知りませんでしたが・・・・(汗)

県外の方の意見は貴重ですね。地元にいると当たり前の遺構も、云われて見るとなるほどと感心する山城が多いので反省しきりです。

リセットして二度目の攻城戦で思いがけない収穫があると、それはそれで嬉しいものです。

らんまる #- | URL | 2011/09/19 00:39 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/191-75dda335
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top