らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

1210

田口城(佐久市)  

◆依田信蕃が最後の城主だったという郭多き山城◆

残念ながら我々が訪ね歩く山中深く眠る山城の数々は、その城の最終形であり、進化の過程を検証する事は発掘調査でもしない限り不可能である。

今回ご紹介する田口城(または田ノ口城)は、芦田五十騎として信玄に見いだされ、その才能を家康に認められ佐久に覇を為した戦国大名「依田信蕃」が最後の城主となった広大な領域を持つ山城である。

煽てられているうちはイイが、木に登り過ぎると転落するのが人生の常である。

「奢り」「傲慢」の絶頂期だった彼は岩尾城の攻略に失敗し敗死してしまう。

蕃松院
依田信蕃の菩提寺である蕃松院。右奥の山が田口城。

後世の史家は嘲り笑うが、波乱万丈の人生に一瞬の輝きを放った異才であり小生の大好きな武将の一人である。
※依田信蕃の詳細は岩尾城を参照願います。

bansyouin (2)
依田信蕃の墓。


城跡のある場所は、函館の五稜郭と並び日本に二つしか現存しない西洋式の橋頭堡を持つ竜岡城に隣接している。

北側には林道があり、城址へ直通しているのだが道路の轍(わだち)が酷く乗用車では無理。ショートカットを諦めて蕃松院の墓所脇から大手道を登る。

途中で道が消滅したので、斜面を強引に直登して何とか稜線にへばり着く(笑)

taguti.jpg
南側の斜面に展開する四の曲輪。

苦労して登った先に林道があると云われ無き疲労感が増幅する。怒りにも近い感情である・・・(爆)

やはりサンバートラック4WDとオフロードバイクは山城探検隊には必需品なのかもしれない(汗)

taguti (4)
物見郭から見下ろす竜岡城。

武田時代に駿府田中城の城将として平城の防衛に精通していたはずの信蕃が、この山城を拡張したのだろうか?

三沢小屋でのゲリラ戦、前山城の攻城戦を通して山城の守備力の高さを再認識していたのは事実だが、、彼には城を改造している時間などなかったはずだ。

taguti (7)
二の郭と土塁。大小の曲輪が連続する蜘蛛の巣のような城域だ。

田口城はこの地を支配していた土豪田口氏の城であったが、天文年間に武田氏の佐久侵攻において落城。

武田氏が滅びると相木氏系の依田(阿江木)能登守が北条方に与して入城するが、敵対する徳川家康の先鋒として依田信蕃の攻撃を察知した依田能登は城を放棄し上州へ逃れる。

taguti (13)
本郭の周囲は石積みで防禦されている。

天正十年の暮れ、田口城主となった信蕃は山麓に居館を造営する。(蕃松院の隣り付近)

天正十年の六月に本能寺の変があり、信州は「天正壬午の乱」と呼ばれる北条・上杉・徳川の草刈り場となるが、佐久は依田信蕃の功績で徳川氏の支配が確立され、北条氏は撤退を余儀なくされる。

taguti (15)
二段に及ぶ広大な本郭跡。

図解 山城探訪 第九集 佐久南部資料編 090
迷路のように曲輪を配置している事がわかる縄張り図。(宮坂武男氏作図)

僅か半年の間に連戦に次ぐ連戦を戦い続け、佐久を制覇した依田信蕃が入城して戦死するまでの僅か二ヶ月で、この城に土木作業を行い拡張出来たのであろうか??
とても無理な事である。

無意味に広い郭群、連続する腰廓や段郭は望月城、平賀城の縄張りに良く似ている。

taguti (16)
小屋のある場所が唯一の堀切跡だと思われる。

大塔合戦に田口氏も参戦した旨の古文書があるらしいので、その頃に現在の城域が完成していたのかもしれない。

taguti (19)
戦国期の緊張感とは縁の無い段郭(笑)

されど、ここからは佐久の諸城が手に取るように見える。

taguti (8)
桜井山城(勝間反砦)を臨む(×7倍 望遠)

志半ばで斃れた信蕃が、ここ臼田に真田昌幸に対抗するような平城を造っていたらどうだっただろう。

やはりあの性格では、上田城攻めで功を焦り、討死したかもしれない・・・・(?)

図解 山城探訪 第九集 佐久南部資料編 092
宮坂武男先生による北側からの鳥瞰図。室町時代の勇壮な在りし日の姿が再現されている。

taguti (2)
田口城全景(南側より)

≪田口城≫ (たぐちじょう または田ノ口城) 

標高:897.0m 比高174.0m
築城年代:不明
築城・居住者:田口氏、阿江木氏、依田氏
場所:佐久市臼田田口
攻城日:2011年3月6日 
見どころ:郭群、石積みなど
お勧め度:★★★☆☆
城跡までの所要時間:40分
その他:北側の郭群も必見の価値あり。
参考文献:「図解山城探訪 第九集 佐久南部料編 宮坂武男著」「もう一人の真田」









スポンサーサイト

Posted on 2011/12/10 Sat. 22:49 [edit]

CM: 2
TB: 0

« 虚空蔵山城(麻績古城 麻績村)  |  森城 (大町市) »

コメント

この城、凄いですよね

佐久には良い城がゴマンとありますが、ここも凄いですね。でも五稜郭の陰に隠れてしまってますね。
南から直攀ですか。かなりきついでしょう。
林道を行くのがベストでしょうが、やっぱこの道はオフロードかジムニーまたは軽トラですね。
小生は西の尾根を登りました。
最後に岩盤に阻まれ、死ぬ思いでロッククライミングしました。
その崖下に不思議が石塁があるんです。
宮坂先生、気が付いたのかなあ?

あおれんじゃあ #- | URL | 2011/12/11 22:20 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

西の尾根からですかあー?それはそれで前人未踏の快挙ですねぇ~。やはりご病気かと・・・(笑)

小生も尾根にへばり着く手前の崖下に無数の小郭群を発見しました。
ク―さんの出城なんかなナーと思いつつ・・・・(爆)

宮坂先生も「弘法も筆の誤り」があるかもしれませんネ。

今日も今日とて筑北村にある竹場城という絶対誰も登らない山を遭難しそうになりながら何とか制覇しました。
近々アップしますが、やはり記録にない西側からの登頂で表彰状ものですが…(爆)
記憶よりも記録に残りたい??


らんまる #- | URL | 2011/12/11 22:56 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/227-53b75bb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top