らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0111

連合艦隊司令長官 山本五十六  

◆まことに小さきアジアの国の奢りとは・・◆

「山本さんがいる限り、この戦に負けるなどあり得ない・・・」

太平洋戦争の開戦から日本国民の誰もがそう信じていたのだという。

幕末の動乱から僅か数十年で欧米列強における五大強国にのし上がった日本国民にとって、 日清・日露で勝利し第一次大戦で連合国として勝ち、米国に喧嘩を売っても勝算ありとマスコミに煽られた国民の誰もが信じていたのであろう。

真珠湾攻撃から70年を迎えた2011年の記念すべき映画として「連合艦隊司令長官 山本五十六」なる映画を観た。

yir_sub1_large.jpg
(C)2011「山本五十六」製作委員会

残念ながら、小生にとっては少々物足りない映画だった。

真珠湾攻撃にしてもミッドウェー海戦にしても、現場で作戦指揮をとった南雲忠一中将に全ての責任があるような描き方をしている。(劇中では山本司令官は南雲を庇っているのだが・・・)

それでも、彼がブーゲンビル上空で撃墜され戦死するまでの2年間は、間違い無く米国と軍部中枢に対しては確実に抑止力として作用していた事実が判る。

彼の死後、歯止めの効かなくなった軍の上層部は泥沼の戦いに対して、玉砕や特攻などという屍の山を築く事すら何とも思わなくなり、いたずらに多くの命を費やして無条件降伏まで突き進む。

yir_sub2_large.jpg
(C)2011「山本五十六」製作委員会

残念ながら、太平洋戦争の敗因は検証されていない。

極東軍事裁判という勝者が敗者を裁く裁判で責任の所在が明らかになったかというと、甚だ疑問である。

誰も責任を取ろうとしない国民性故なのであろうか?

平和ボケした小生が批判など出来る立場ではないが、愛する家族を守る為、故郷、そして祖国の未来のために散った数百万の英霊の為にも誇れる日本国民であり続けたい。

右翼でも左翼でも無いが、役所広司演じる山本五十六の深い苦悩の表情にそんな事を考えさせられた映画でした。

で、戦艦三笠の製作状況ですかぁ?

mikasa2 (3)
前艦橋と後部艦橋、煙突の取付。

mikasa3 (7)
主砲とマスト、カッタ―ボートを載せる。

mikasa3 (6)
モノホンを横須賀で見学しているので、ここからの仕上げ作業が難航しそうです(笑)



この映画のエンディングには、やはり「防人の詩」こそふさわしい。
数多く映し出される軍艦は、この国を守るための城だったのだ。
スポンサーサイト

Posted on 2012/01/11 Wed. 21:25 [edit]

CM: 4
TB: 0

« 仁古田の愛宕山(上田市)  |  高村番所(麻績村) »

コメント

三笠しぶい

らんまる殿

 三笠ができてきましたね。
 日本海軍の戦艦としては、初期にあたるのでしょうか?
 シンプルなデザインに、しぶさが漂いますね。

武蔵の五遁 #- | URL | 2012/01/13 12:29 * edit *

Re: 武蔵の五遁さんへ

武蔵の五遁さん、いつもコメントありがとうございます。

戦艦三笠は、明治35年(1902)三月一日に竣工したmade in Englandの軍艦です。武装は30.5センチ主砲4門、15.2センチ副砲14門、7.6センチ補助砲16門、4.7センチ速射砲12門、水中に45.7センチ魚雷発射管を4基持ち、最大速度18ノット、艦体にクルップ鋼による装甲を施し竣工当時世界最強の戦艦でした。

バルチック艦隊が日本海海戦時に「真っ先に旗艦三笠を沈めよ」と云った話は、この船の優秀さを物語るものでしょう。第二次世界大戦後にソ連が三笠の解体を要求した話も有名ですね。
ロシアにとっては魔神、そして日本にとっては偉大なる守護神だった訳です。

今ではコンクリート漬けの展示館になっているものの、東郷提督の立った艦橋から見渡す海には身震いを覚えました。

らんまる #- | URL | 2012/01/13 19:38 * edit *

三笠、いいねえ。

やっぱ、1/350が良いわあ。迫力もあるし。
日本海海戦、あれだけ打たれながら大事には至らず。
もちろん、砲撃の腕と下瀬火薬という点も無視はできませんが。
ロシアのボロジノ級は装甲不足で重臣が高い・・のちの巡洋戦艦級、ならばビスマルクVSフッドの戦いに近かったのかも。
そういえば、山本五十六さんは装甲巡洋艦「春日」に乗っており、指を失ったそうですね。

あおれんじゃあ #- | URL | 2012/01/15 20:11 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

1/350はさすがにパーツが多くてテキトーに作れず難義しておりまする(笑)

五十六殿が乗船していたのは同型艦の日進で、春日と同じmade in イタリア。
左手の人差し指と中指を欠損したらしいです。
仰せの通り下瀬火薬は第二次大戦終了時までは日本の企業秘密で連合国の最大関心事でした。

せっかくドイツと三国同盟を結んだのに、戦車の開発は発展途上国並みとは情けない…(笑)

らんまる #- | URL | 2012/01/15 20:45 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/236-2743e41d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top