らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0311

高島古城(諏訪市)  

◆武田の諏訪郡代が二十年間置かれた古城◆

正式名称としては高島城であるが、日根野高吉が諏訪湖畔に浮城として築城した天守を持つ現在の高島城と間違えないようにこの記事では、宮坂武男氏と同じく高島古城とした。

この城が史実に最初に登場するのは、文明十五年(1483)の上社の内乱事件である。

高島古城遠景
対岸の花岡城からズーム7倍で見る高島古城。

諏訪総領家の乗っ取りを企む上社大祝諏訪継満(かみしゃおおほうりすわつぐみつ)は、1月8日に諏訪総領家の諏訪政満父子を上社前宮神殿に招いて饗応し、酒宴の最中に殺害する。

その後、諏訪継満は干沢城に立て籠もり諏訪郡内の神社に放火するが、2月になると総領家の家臣に攻められ2月20日には義兄である高遠継宗を頼って高遠へ逃げ落ちた。

高島古城推定復元図
高島古城の推定復元図。開発により往時の遺構はほとんど消滅してしまった。


同年3月19日、この混乱に乗じて下社金刺興春が諏訪継満への援軍と称して挙兵する。
高島城に兵を入れ、近隣に放火するも諏訪総領家の家臣の逆襲に遭い敗走、興春は討死してしまい下社の金刺氏は滅ぶ。

高嶋古城 (9)
現在、本郭跡は県営桜ケ丘団地になっている。


二度目に登場するのは、武田統治時代である。

天文十二年(1542)に武田晴信は諏訪総領家であった頼重を滅ぼすと、上原城及び下宮の城(諏訪殿屋敷)を改修し、諏訪方面の領国経営には板垣信方を初代の郡代として置いた。

天文十七年(1547)上田原の合戦で武田が村上に敗れると、諏訪西方衆の反乱が起き塩尻峠の戦いで小笠原軍を敗走させ古府中攻略の準備が整うのである。

高嶋古城 (15)
茶臼山配水池となっている二の曲輪跡。残念ながら立入禁止だ。

高嶋古城 (24)
団地の北側に広大な二の曲輪があったと思われる。


筑摩方面、安曇野方面への攻略拠点としては、上原城より西側にある高島古城が立地的にも有利であり政庁も移す決定が下されたのは天文十八年(1548)の事である。

二代目諏訪郡代であった長坂虎房は、新たに高島古城の鍬立てを行い郡代屋敷も上原城下より高島古城の南下にある岡村に移した。(岡村の政庁跡は現在も場所が判明していない)
また城下町の建設にも力を入れて整備したという。

高嶋古城 (26)
政庁(郡代屋敷)のあった岡村集落方面。

高嶋古城 (14)
主郭の東側。城の立地が独立した丘陵であることが判る。

高嶋古城 (27)
西側は四段の腰廓を備えた急峻な崖となり湖岸の城下町に落ち込む。

武田氏が滅亡するまでの20年間、信濃征服の戦略拠点として重要視された高島古城。

その後、織田氏が斃れると諏訪頼重の叔父であった上社大祝の諏訪頼忠が40年ぶりに諏訪の地を回復し高島古城に拠るが、天正壬午の乱で徳川と北条の争いに巻き込まれる。

高嶋古城 (16)
北側の高台から見る高島古城。

最終的に徳川方につくことで諏訪の旧領を安堵され金子城に移るが、天正十八年(1590)家康の関東移封に伴い武蔵国、文禄元年(1592)上野国惣社に転封。(11年後に諏訪へ戻る)

替わって諏訪に入封した豊臣方の武将である日根野正吉は、島崎に浮城として天守を持つ高島城を新たに築城し、高島古城は廃城となった。


実は、この古城の北100mに段郭を備えた鉄砲屋と呼ばれる出城がある。

高嶋古城 (3)

藩政時代には鉄砲の射撃訓練場だったというが、城の北口を守る詰所だったと思われる。

高嶋古城 (25)
北の尾根筋に四段の平削地が連なる。(現在は墓地)

お墓を徘徊するとロクな事がないので、早めに撤収したが…(笑)

高嶋古城 (12)
鉄砲屋の曲輪から、天守をもつ高島城方面を臨む。


≪高島古城≫ (たかしまこじょう 高島城・茶臼山城・古城)

標高:850m 比高80m  
築城年代:不明
築城・居住者:諏訪氏・武田氏
場所:諏訪市上諏訪桜ヶ丘
攻城日:2012年2月26日 
お勧め度:★★☆☆☆
城跡までの所要時間:5分
見どころ:土塁、切岸
参考文献:「図解山城探訪 第一集 諏訪資料編 宮坂武男著」




スポンサーサイト

Posted on 2012/03/11 Sun. 00:07 [edit]

CM: 4
TB: 0

« 打越城(上田市)  |  長窪城②(長和町) »

コメント

あそこが城でしたか

以前、立石公園近くで仕事があり、場所が分からず、あの付近を放浪した記憶があります。あの団地にも迷い込んだような・・・
城でしたか。それもけっこう由緒あるんですね。
出城が雰囲気抜群です。天守まであるじゃないすか!

あおれんじゃあ #- | URL | 2012/03/12 22:48 * edit *

Re: あおれんじゃあ様へ

まいどありがとうございます。

道は狭いわ坂は急だし、おまけに通り過ぎてしまうし「ホントにここなの?」って場所ですね(笑)
おかげで一時間近くウロウロと観察しておりましたが・・・・(汗)
既に廃墟と化した天守ですが、諏訪を一望出来る最高の場所ですね。(お墓が無ければもっとイイのに・・・爆)

らんまる #- | URL | 2012/03/13 08:29 * edit *

皆様お疲れ様です。
廃墟と化した天守ってなんですか?
模擬店主じゃないですよねえ

丸馬出し #- | URL | 2012/03/13 19:52 * edit *

Re: 丸馬出し殿

あははは…(笑)、こりゃ失礼しました。

出城に佇む廃屋が写真の角度によっては天守のように見えるので「妄想の世界」ですね。
武田の統治時代はこの曲輪にも櫓はあったのだと思われます。

いつもコメントありがとうございますw

らんまる #- | URL | 2012/03/13 20:45 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/256-8e828b17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top