らんまる攻城戦記~兵どもが夢の跡~

「戦国の城」それは近世の城郭のような石垣も天守も無く、土塁と空堀というただの土で作られた戦場の砦。 戦国の世を駆け抜けた貴重な資料の宝庫です。

0317

桑原城(諏訪市)  

◆郷愁を誘う諏訪惣領家最後の城跡◆

諏訪惣領家の本城である上原城とともに、その支城であった桑原城は諏訪地方を代表する山城である。

天文十一年(1542)諏訪に侵入した武田軍の攻撃により、諏訪惣領家の頼重は上原城とその屋敷に火をかけて桑原城に移る。

桑原城 (30)
搦め手から雪中攻城戦になるとは実のところ想定外であった…(汗)

寄せ手の武田軍20,000に対して守り手の諏訪軍は1,000弱。高遠頼継も杖突峠を越えて諏訪に進軍しているので勝ち目などあるはずも無いが、諏訪頼重は桑原城で籠城戦に及び隙を突いて逃げ落ちようと画策していたという。

桑原城 (36)
先陣として誰かが攻めているらしく、足跡があるのには驚いた…こんな状態で登るなよナー(笑)

上原城から撤退し移動する際に武田軍との小競り合いがあり、戦線は一時膠着状態となるが、20倍の寄せ手を防げるはずも無く降伏を覚悟した諏訪頼重に武田軍より和議の申し入れが来る。

桑原城 (9)
ようやくヘバリ着いた搦め手の尾根筋。雪が無ければ車で直下まで行けるのだが・・・。

諏訪本家の御曹司(ボンボン)の甘さであった。

「自分の奥さんは武田晴信の妹だし、今回の侵攻も分家である高遠頼継の要請で仕方なく晴信も動いたのだから、ここは和議に応じて開城し、今度は高遠頼継征伐に力を貸してもらおう」

桑原城 (25)
搦め手に一条の堀切。諏訪氏時代のままで終わったのであろうか、改修の跡は見当たらない。

七月四日に開城し翌日には甲府へ送られて、二十日には切腹させられた。

「何が何だか…」

戦国時代の非情さの意味を知る事もなく諏訪頼重は散った。

桑原城鳥瞰図

桑原城は、恐らくその時に廃城になったのであろう。

この城はありきたりな中世城郭の遺構ばかりで、戦国時代の山城に見られる緊迫した防禦の為の改修が無いのである。

桑原城 (4)
本郭手前の東曲輪。

桑原城 (20)
首塚(?)とあるが、古墳跡と思われる。

桑原城は、信州においては珍しい独立丘陵に築かれた雄山城(オスシロ)である。

背後の防禦の脆弱さも、それゆえであろうか。

桑原城 (11)
30×20の本郭。往時は全て土塁に囲まれていたと推定される。

桑原城 (16)
東に上原城が見える。


縄張りや防禦能力にそう違いの無い諏訪惣領家の本城である上原城を捨ててまで、桑原城に移った理由が判らないと記述する記事や記述を多く見受けるが、答えは明白である。

西へ逃れる為の仮住まいだったのである。

いくらボンボンの御曹司でも、大将は生きて捲土重来を期す…この事なのかもしれない。

桑原城 (17)
主郭背後の堀切から見た主郭。

桑原城 (6)
主郭から二の郭。堀切③で分割されているのが分かる。

桑原城 (18)
二の郭側から見た分割堀切と本郭。

さして、凝った技巧などとは無縁の城跡である。

この城の素晴らしさは、その郷愁を誘う古城の風景である。

桑原城 (34)
諏訪湖を一望出来る。

桑原城 (5)
古城に立つ松の古木はそれだけで風情がある。

本郭のベンチに座り、昼食のフランスパン(何で??)を齧りながら、絶景の景色を堪能する。

さしたる特徴も無い桑原城だが、この城に何故か郷愁を覚えるのは、弱者を憂う日本人ならではの感傷であり、埋もれた古城の管理人ウモ殿と全く同じ感想なのである。

桑原城 (13)
残念ながら荒れ放題の西曲輪。

「良き城を見せて頂きました」

これが、らんまるの正直な感想に他ならない。

≪桑原城≫ (くわはらじょう 高鳥屋城・水晶城・矢竹城)

標高:981m 比高150m  
築城年代:不明
築城・居住者:諏訪氏・武田氏
場所:諏訪市四賀桑原
攻城日:2012年2月26日 
お勧め度:★★★★☆
城跡までの所要時間:20分
見どころ:土塁、切岸、堀切など
参考文献:「図解山城探訪 第一集 諏訪資料編 宮坂武男著」

uehara.jpg
桑原城全景。











スポンサーサイト

Posted on 2012/03/17 Sat. 23:39 [edit]

CM: 2
TB: 0

« 長尾城(上田市)  |  内小屋館(上田市) »

コメント

よき解説で感慨新た

初めまして。
桑原城跡近くに住む者です。
たまに歩いている城跡の歴史的背景、元の城の様子など
はぁ~、そうだったのか~と初めて知って感慨深いです。
私の夫は、私より頻繁にトレーニングを兼ねて桑原城に行き
佛法紹隆寺側から登り足長神社へと降りてますので、
あの雪の足跡はもしかしたら?と思ってしまいました。降りてきた足跡でしたかね?
夫にもこちらのサイトを教えてあげようと思います。
ありがとうございました。

ミッチー #kbc8uluM | URL | 2014/04/18 15:21 * edit *

Re: ミッチー様へ

コメントありがとうございました。

諏訪地方は武田さんがいち早く侵略し諏訪氏を滅ぼし、信濃の侵略の足がかりの拠点として上原城を改築して郡代を置いたので、あまり脚光を浴びる機会が少なくて個人的には残念に思っております。

桑原城を訪問した時に城跡の頂上手前で上から下りてきた方とすれ違い、挨拶した方がご主人でしたか。
そういえば、城跡探索というよりは「体鍛えるゾ!」モードでしたね・・・(笑)
地元の歴史に興味を持たれる事は、とても素晴らしい事だと思います。
お立ち寄り頂きありがとうございました。
是非またご感想をお寄せ下さい。ありがとうございます。

らんまる #- | URL | 2014/04/18 20:06 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://ranmaru99.blog83.fc2.com/tb.php/259-e1facd2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

城主からのご挨拶

地域別攻城戦記

諸国在住の皆さまのありがたき進言

もののふ入城者数

在城中の「もののふ」

攻城戦記年表

▲Page top